自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

若い二人と3時間半

3人でお逢いするのは7,8年ぶり
若い二人(43歳と39歳)とリーズナブルなイタリアン・レストランで3時間半、話す

内容は、近況と未来
それぞれの話が面白かった

ひとりは、命を掛け、ビジネスで頑張り、立派な実績
人柄も素晴らしく、人脈も多彩、信用も絶大
彼の頑張りと気配りには頭が下がる

もう一人は、ご家族でアメリカで過ごし、帰国
元々、身体も人としての器も大きかったが
一回りも、二回りも成長してた
未来が楽しみ

彼等の共通点は、人としてのマナーが素晴らしい事
逢う約束の時間を守る、言葉遣いが出来てる、お互いが尊敬しあえる
気持ち良い、心地よい時間を過ごせた

3人とも、炭酸水1本だけ、ノンアルコール、笑いの中にも
真剣で、真摯な話が十分できた

「生きてて良かった」
なぜか、そんな気持ちで帰路につけた。

実は、手帳、真っ白。

僕の手帳、実は、お先、真っ白
でも、ひと月が終わると、真っ黒

事前に、ほとんど予定は入れてません
先方がおみえになる、逢いたい(あまりありません)が、最優先

無理に予定は、入れていません

1年が早いのではなく、
手帳を見ると、こんな大勢の方々にお逢いしたんや、
こんな、いろんな所に行ったんや

今年もまだまだある

何があるんか、何ができるんか、どんな方々とお逢いするのか

楽しく、有意義な時間を過ごそう。

Tシャツ

たかが「Tシャツ」と思ってた

だけど、着ると違ってた。




映画「古都」

以前から観たかった映画「古都」
近くのレンタルビデオ屋さんで借りてきました

川端康成さん原作
大好きな京都や北山杉が舞台です

時間軸や人々が交差し
エンディングの曲は「糸」

心が落ち着く映画です








「身の丈人生」

年末、最後の仕事が終わった瞬間
しんどくなりました、自分でわかりました
気が抜けたんです

「こりゃあ、アカン」と思い
冬休み12月28日〜1月4日までの8日間
毎日、予定が入りました

「これやったら、普段とおんなじやん」
と思いながらも
「普段も、これぐらいしか、出来てへんのや」

2017年まで、ずーッと良い年でした
2018年以降も、こんな感じで頑張ります

こんぐらいしか出来へんけど、
結局「身の丈人生」が、一番、気楽です。


「糸」

「糸」

矢沢栄吉さん

矢沢永吉さん
「暴徒化する観客にアドリブで説教」

「寒気がする」

夕方、会社のある黒滝村で
「寒気(さむけ)がする」

風邪ひきたくない、
でも、こんな寒気は、絶対、風邪のひきはじめ。

若い社員と立ち話してると
「今、12度ぐらいです」

そこでわかったんです
「寒気」じゃなくて「寒い」

こんな急な気温の上がり下がり、
ついていかれへん。

今年も、恥ずかしいぐらいの
「重ね着」のシーズン、始まります。

「最近、わかった事」

最近、わかった事
「食べ過ぎたら、太る」
「食べなかったら、痩せる」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食べ過ぎて、太って、ジムやダイエット、
何かが、変。

「元気になる玄米パン」

愛媛県西条市から届いた「玄米パン」
正直、元気をいただいた。

がっちりした、小柄ながら、中身が濃い
歯ごたえもある
何よりも、お人柄がいい、というより、良すぎる

でも、絶対、金儲けは下手やと思う

12月からの値上げは「お金儲け」というより、
「皆さんに、より健康になってもらうため
このままでは、継続して商売出来ない恐れがあるから
仕方なく値上げ」

「こんな人、世の中におったんや」

決して、甘いとか美味しいとかではありません
逆に不細工かもしれませんが、
食された方々の健康を一番に考えた「玄米パン」だと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あくまで個人的な感想です。僕の言葉は信じない方がいいかもしれません。
玄米おむすびと玄米パン「玄むす屋」
月別に読む
Feedと購読