自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

休憩時間

4275720e.JPGお昼の休憩時間、

指示をしないのに

自ら作業をしてくれる、

それも明るく・元気な表情で。

本当にありがたい事です。

製造もラスト・スパート、

あまり、無理はしないでね。

吉野山「桜情報」

今年,吉野山の桜は少し早そうです。
http://www.wajin.net/contents/index.html

例年は、4月中旬がピークになるのですが、
今年は、チョッと早いかも。
また、報告させていただきます。

【吉野山のお勧め】
宿坊「竹林院群芳園」 http://www.chikurin.co.jp/
柿の葉すし「やっこ」 07463-2-3117

梅の花が咲きました。

d59bf0f2.JPG

今年も広橋梅林の梅の花が咲きました。

この季節、梅から始まり、桜へと。

「嬉しく、楽しい、そして明るい」未来を予感させてくれます。

古代の樹種を調べる

「川底の工事現場から古材が出て、
その樹種を教えてほしい」との
メールを頂戴しました。

和歌山県の現場に行き、現物を見ましたが、
木の香りもなく、木目も出ていません。

端材を持ち帰り、公的研究機関にお願いし、
科学的に分析していただく事になりました。

もちろん、商売にはなりませんが、
相談をお受けしたら可能な限り努力しようと考えています。

これも「社会への還元」と思います。


社会への還元

林業を生業としています。
会社は、山村にあります。

木材の平均価格は、以前に比べ下がりました

どのように山の再生産を考えるか?
また、山村の維持に協力できるか?

自分(会社)だけの事を考えても良くはならない。

まだまだ未熟な会社ですが、
バランスを見ながら少しでも「社会への還元」を考えていきます。





流れの仕組み

c1349364.JPGいつも関心する事がある。

商品の流れが凄く合理的に出来ている。

規格品が少ない為、「流れの仕組み」を作るのが大変だと思う。

その上、納期が短い。

よく、対応・順応してくれている。

事故・ケガには、気をつけてください。

お天気が良すぎる

964005aa.JPGお天気が良いとうれしいのですが、

磨き丸太の製造は、冷たい風に木材をさらしたい。

表面の色・艶を出すのは、どうしても凍て風。


例年、3月末をめどに製造が終わる予定ですが、

今年は、チョッと、山から出てくる量が多かった。


社員のみんな、あんまり、無理をしないでね。

さあ、群馬・山田屋温泉旅館様へ

4aba093d.JPG12Mもの磨き丸太が吉野を旅立ちます。

嫁ぎ先は、「源泉にごり湯」で名高い、群馬・嬬恋にある、

山田屋温泉旅館 http://www2.wind.ne.jp/yamadaya/index2.html

早く完成した姿が見たいです。

価格の設定

75a4d0af.JPG杉の皮に関して、お問合せがあり、メール返信を。

折り返し、お返事があり、「他のお店は、価格が3倍。」

「徳田銘木さんは、低グレードを製造しているのですか?」

そんな事はない。返答に苦慮。

流通段階でこんな価格に・・・

あんまり高価なものになっちゃうと使ってもらえなくなるのでは?

私達の「永遠のテーマ」のヒトツかも。



人と機械の協力

20c35314.JPG皮ムキ作業。

本来、伝統的な特殊技術。

現在、「素晴らしい機械メーカー」と「社員の努力」により、

画期的な品質の商品が出来上がるようになった。

安定生産・安定供給を可能にしたのは、

「人と機械の協力」
月別に読む
Feedと購読