自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2007年06月

新年度の目標

社員のみんなが頑張ってくれている。二人は岐阜、そして、別の二人は一昨日から姫路へ出張。そして会社でもみんなが頑張ってくれている。決算が6月30日で7月1日からまた新しい事業年度が始まります。僕の身体はなかなか引き締まりませんが、新年度に向かって気持ちを引き締めて頑張っていきます。でも今期も終わりにあたり一番良かったことは「大きな事故・怪我・病気」が無かったことです。新年度も間違いなく一番の目標は「数字ではなく、そこんとこ」におきます。

業界新聞社の取材

日刊木材新聞社が取材に来てくれました。今まで多くの記者の方々とお逢いしてきましたが彼は光っていました。理路整然とお話されるし、情報量も多いし、自社の取材の事より、彼とのいろんな話が楽しかったです。情報ブレーンが増えちゃいました。(彼は、迷惑かも)

やっぱり素晴らしかった

e8b0f34f.JPG僕の想像に間違いは無かった。それは、衞邯気凌校骸卍后扮Δ里ひげさん)、そして福永副社長(左)の素晴らしさです。
お逢いするまで僕なりのイメージは持っていたのですが、人間として引き出しは多く、物事を深く考えておられるし、何よりも会社を私的なものと考えていない。社員のみんなも明るく元気だ。まだまだ伸びると思うし、成長を続けていくと感じた。こんな素晴らしい出会いのご縁をを創っていただいた山本部長さん、本当にありがとうございました。なんか得な気持ちになって飛行機に乗り込みました。

経営セミナー

金融機関が設営していただいた「経営セミナー」に参加してきました。お昼過ぎから約2時間あったのですが昨晩、チョッと遅くまで飲みすぎたのでセミナーの最中「お昼寝」をシテはいけないと思い、一番前の席に座らせていただき最後まで一生懸命聞かせていただきました。内容は、講師が上手く説明してくれたので本当に良かったです。今後、我々がどのように実践できるかが問題です。

恩返し

会社は、山の中にあり、海抜は約400Mです。でも今日も蒸し暑くしんどい1日でした。それなのに社員のみんなは本当に良くやってくれる。僕も以前、サラリーマンでしたがここまではやってません。製造と出荷の準備でバタバタの日々が続いています。品質・納期を守りながらきっちり仕事をしていく姿に頭が下がる思いです。彼らの為にも総合的にバランスのとれた「もっと、もっと良い会社」にしていこうと思っています。それが彼らへの恩返しです。

座標軸

近頃、大勢の人達が僕達を応援してくれてるのを実感します。今まで点と点であった人間関係が線や面あるいは立体に繋がっていくように思います。人生でこんな時期ってあるんですね。でもこんな時ほど気をつけないといけない。おごることなく自分自身をしっかり評価し、「座標軸」を見極め、慎重さを忘れることなく、未来の展望をしっかり考え、実践していきたいと思っています。

お逢いしてませんが素晴らしい社長

1通のメールを頂戴しました。それは長崎でお逢いした方の会社の社長様からでした。今朝の会議で徳田銘木の報告があったそうです。詳しい内容な聞いていませんが悪い報告だったらこのようなメールはいただけないと思います。実は、その社長のことは、岐阜・金子社長から何回もお話を聞いていました。その社長とは鹿児島にある、「株式会社野元」の森山輝男社長です。
http://www.kk-nomoto.com/ 
普段お世話になり尊敬する金子社長が推薦される森山社長はきっと素晴らしい方だとは思っていましたが、社員の方の報告を受け、その御礼メールを送っていただけるなんて、お逢いしていませんが間違いなくそうだと思います。出張先のことを社長に伝える社員の方も素晴らしいし、それを聞き、対応される社長も本当に素晴らしいと思います。僕も良い勉強をさせていただきました。

追伸・長崎に感謝

長崎に感謝です。25年継続して長崎には出張していますが今回も感謝する事がありました。)佑蕕長崎に行く予定にあわせて仕入を調整し、弊社商品を買ってくれる。◆岼柄姐愼していただいた商品が上手くいったよ」と、わざわざ御礼に来てくれた。「会場とホテルの往復が不便でしょう」と、得意先が車を1台貸してくれた。て擦鯤垢とコンビにのお兄ーさんが凄く丁寧に教えてくれた。ヌ觜團丱垢両茲蠑譴わからず案内センターへ電話で聞くと折り返し、何回も確認のお電話をくれた。都会ではまず無理でしょう。
もしかしたら当たり前の事かも知れませんが、僕達は、なにか大切なことを忘れているのかもしれません。そんな事を教えていただいた長崎出張でした。

長崎から帰りました

長崎から戻ってきました。1日しかない展示会の為に「2人は4トン車・フェリーで、一人は飛行機で、そして僕は往復高速夜行バス」で行ってきました。木曜日に会社を出て、金曜日の朝、長崎に着き、それから設営。その準備の日にお客様に商品を買っていただきました。当日は、流し台メーカーはじめ住宅資材関連メーカーが約50社出ているのに、うちの商品だけを見に来てくれたお客様もおられました。また友人が熊本から駆けつけてくれました。おかげさまで無事、目標はクリアーできましたがそれ以上にお客様方に喜んでいただけたように思います。この展示商品を見ていただき、「東京・名古屋」へも出品要請をいただきました。多くの人たちに支えられ、今後とも少しずつ前進して行こうと感じた長崎出張でした。

林業・木材業者がお世話になっている人達

e1b43473.JPG今日は本当に嬉しかった。写真にありますようにこんな大勢の林業行政に携わっている方々がご来社され、「視察と勉強会」をしていただきました。現在、弊社はひとつのプランが進行中で「出来れば行政の方々とともに木材業界の成功例を奈良県から世界に発信」出来ればと思っています。今までも、この人達の協力なくして自社の成長はありませんでした。だから今回、「良いカタチ」が構築できれば今までの恩返しも出来るかなって考えています。これだけの顔ぶれが一同に集まるってそうないと思います。今回の調整をしていただいた、「奈良県南部農林振興事務所の西川さん」、本当にお世話になりました。ありがとうございました。そして、今後とも宜しくお願いします。

 

芸能人みたい?

今週末、長崎での展示即売会に出品します。25年前から続いていますが、今回は特に市況が厳しそうです。商品構成を検討し、過去に無い品揃えを用意しました。その為、4名もの参加になったのですが、視察来社や商品の出荷が重なり、2名はトラックでフェリーを利用、1名は飛行機、1名は夜行高速バスとなりました。まるで芸能人のスケジュールみたいでしょう。でも、厳しい時代、簡単でない経営環境だからこそ、いろいろ考え・提案し・実践する事が大切だと思っています。(ところで夜行高速バスで「大阪・長崎」を往復するのは、年甲斐も無く、社長の僕です。)

長野〜奈良〜埼玉そして岐阜

「長野〜奈良〜埼玉そして岐阜」これ何かわかります?実は、今朝、長野の会社から「商品の発注があり、大至急、埼玉の現場に直送して欲しい」との事。半製品でストックがあり、午前中に仕上げ、昼一番の佐川急便に乗せて、明日には、埼玉の現場に着きます。そして、請求伝票は岐阜の会社経由って事になります。こんなバタバタを毎日よく出来てると改めて感心しました。また、インターネット経由でのお問い合わせも複数入り、対応させていただきました。来社していただいた方々はわかっていますがこんな山奥でようやってると思いません。という事はまだまだ可能性を一杯秘めているって事かもしれません。

ハードとソフト

会社のプランを考えるとき、「ハードとソフト」に分類されます。僕はどちらかを優先させるとすれば「ソフト」です。でも結局は、全体のバランスを見ながら、どこかを少し「オーバースペック」にし、意図的にバランスを崩し、また、調整する。そんな繰り返しかな。でも現在は、「ハードとソフト」の両方の投資を考えています。景気の良さ?も踏まえ、スタッフ・社外の応援団等、これだけ条件がそろうのは、あまりないかも。そんな時、未来への投資をしたい。多分、両方やっちゃうと思います。

リア・ディゾンさん

9e810235.jpgTVを見てたら、若い日本女性が「リア・ディゾンさん」に質問をしていました。「彼氏と別れて落ち込んでいますがどうすれば良いですか?」すると彼女は、「平気よ。だって池にはサカナが一杯いるから」。彼女にとったら男は、サカナか?!
近頃、木材のマーケットが見えないご時世です。僕達もユーザーをそのように考える事が出来たら気が楽かも。

ビジネスプロデューサー 五十棲 剛史(いそずみ たけし)さん

a5aab394.jpg最近、良く見ているHPは、「ビジネスプロデューサー 五十棲 剛史(いそずみ たけし)さん」です。http://www.isozumi.com/
毎日更新される無料の「isozumi note」は、僕にとって、難しい話題が多いですが、良い勉強になります。

吉野山・蔵王堂

6e9b6f81.JPG岡山からご来社いただき、吉野山にある国宝・蔵王堂で記念撮影です。3時間で着かれました。はやいもんですね。

壺阪寺

04cea6e4.JPG西国観音霊場・第六番札所■壷阪寺を岡山の皆様とお参りしてきました。僕自身が久しぶりでしたが広く・綺麗になっていました。

息子からの教え

22歳の息子が就職活動中です。希望する会社の「2次選考日」を就職担当者から間違って連絡があり、数日後、「お詫びと訂正」が入ったそうです。父親としては息子の将来があるので「担当者はしっかりしないとね」って、言ったところ、息子は「人間誰でも間違いはあるよ」って言われました。就活で大変な時期なのに、なかなかいえない言葉です。親バカかもしれませんが自慢の出来る息子です。

2次乾燥施設

時期は未定ですが、「2次乾燥施設」の建設計画があり、今日は、「滋賀・奈良・大阪3社の工場」を見学してきました。正直、ビックリしました。それは、ここ数年で「高品質・低価格」になっている事でした。自社工場は過去、4期に分け工場を増設しましたが比べ物になりません。今後の検討課題です。

感動してくれた。

6cc44312.JPG村森林組合の責任者が来社してくれました。「原木土場に置いてあったのは知っていたがまさかこんな綺麗な商品になるとは。その上、高価格仕入で山元に還元出来る」本当に感動してくれました。地元の方々をはじめ、まだまだPR不足を認識しました。もっともっと一人でも多くの方々に「木材の有効利用と素晴らしさ」を伝える努力をしていきます。
月別に読む
Feedと購読