自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2007年07月

元気な空気を

今朝、始発電車に乗り、岡山県に行きます。一昨日から社員3名が準備の為、出張してくれています。今日・明日2日間が商品展示即売会です。僕が行かなくても社員だけで十分ですがチョッと「元気な空気」を持っていきます。でも彼らに嫌われないように注意しながら応援してきます。「良い報告」が出来る事を祈ってくださいね。

感謝です

ここんとこ毎日のように多くの皆さんにお世話になっています。仕事がらみのはずがそれを超えたサポートをしてくれます。昨日も京都からわざわざ機械メーカーの社長がご来社いただき、半日、親身になって相談にのってくれました。内容は、ご自分の仕事以外の事です。夜、ご自宅に帰られた後も電話で約1時間お話をさせていただきました。本当にありがたく、感謝しかありません。そんな気持ちで日々過ごせる僕は幸せものです。みなさん、本当にありがとう。

熊が出た

村の有線放送で「昼間、グランドに熊が出ましたのでご注意ください」。
普段、子供達が少年野球をやっているグランドです。この村に熊はいないはずだし、それも昼間に出るなんて。動物達が、なんか変。そして山の木も。車で走っていると木が間伐されず、どんどん道路に覆いかぶさり暗くなっていきます。適度な伐採を繰り返さないでいると将来どうなるんでしょう。自然環境の急激な変化に戸惑っている今日この頃です。

悪い癖?

NHKの方が取材準備の為、ご来社いただきました。そこで僕の「悪い癖」が出ちゃいました。それは、「弊社施設や商品の説明」だけにしておけば良いのに、村の施設の案内や急遽、村長さんにもあっていただき、少しでも村をPRできればと思うんです。また、木材業界の為に「何かプラスになる方法は?」なんておうかがいしちゃうんです。初めて来社され、急にそんな話をされても、迷惑ですよね。でもね、僕は自分達だけが良くなってもいけない。地域・業界、全てが連動し、みんなが少しでも良くなり、「継続性のある良い関係」がベストだと思っています。「以後、気を付けます」って、言ってもなかなか直らない、チョッと頑固な自分がいました。

山奥の会社

朝10時頃会社の近くに「鹿」が出没。じーっと僕を見ながら逃げる様子もありません。夜ならわかるのですが真昼間に。少し前には、会社の駐車場に生まれたての猪の赤ちゃんも。会社がある黒滝村の人口は、1,041名(7月1日現在)昨年生まれた赤ちゃんは、村全体で1人。間違いなく人間より、動物たちのほうが多いでしょうね。普段、僕を知っている人は都会に住んでる「シティーボーイ?」と勘違いされてると思いますが、実はこんな吉野の山奥で働いています。(だれもそんな事思ってないって)

「誰がおっさんやね」

久しぶりに運動をしました。ホンマに体力落ちたし、身体は硬いし、エエとこありません。言い訳は、「昨晩、出張から夜中帰り、4時間しか寝てないから調子が悪いんや」身体のメンテナンスを本気に考えないとね。若い時「僕だけは簡単に年寄りにはならへん」と、「ばかげた信念」を持っていましたが、―電戮了予集、∀郡磴覆鼻他にも、文章に書けない症状をいろいろ「体験?」しました。今年9月には50歳になります。子供の頃、50歳の人をみると間違いなく、メッチャ「おっさん」でした。という事は、今、子供さん達から僕はそう見られてるんですね。とほほ・・・(この話のオチは、ありませんというか、書けません)

学びと出会い、そして継続

a62df35a.JPG広島での展示会風景です。「商品の提案・販売」と「新しい出会い」をいっぱい経験する事が出来ました。新しく創った商品が好評で、数は多くありませんが完売させていただきました。新しい施工集「FABLES供廚盍遒鵑任い燭世ました。そして何よりもたくさんの新しい出会いが嬉しかったです。貴重な情報をご教授していただいた主催者の方々、アメリカ育ちの若く有望な社員の方、そして写真にアップで写っているのは、他社木材メーカーの新入社員の方ですが、弊社コーナーに興味を持っていただきました。こんなすごく目が輝いている前途ある若者にも出会う事が出来ました(振り返り際にシャッターでビックリの様子ですが)。「物を売るだけの展示即売会」は終わっています。「いろんな事を実践可能な場」と位置づける努力も大切だと思います。「勉強・実践・改善・トライ」の継続が必要だと感じています。設営や集客にご尽力いただいた大勢の皆様ありがとうございました。そして今後とも宜しくお願いします。

ハローワーク

徳田銘木では、社員を募集しています。商品開発が上手く行き、今後の体制造りの為です。ハローワークにお願いしたところ早速複数のお申し込みをいただきました。ひとりずつとお会いし、「気持ち良く」面接させて頂こうと思っています。

魅力ある元気なニュース

少し前に朝日新聞社が、そして先日、日刊木材新聞社が取材に来てくれました。来週、NHKの方が会社を見に来てくれます。僕たちにとっては本当にうれしいことです。木材業界や地方では、常に「いろんな発信」をしていかないと皆様に忘れられちゃいます。フェロモンではありませんがいつも「魅力ある元気なニュース」を発信していこうと考えています。そして少しでも業界や地域が良くなればこんな素晴らしいことはありません。

初めてのインターネット・カフェ

広島出張中です。展示会設営準備が終わり、時間が出来たので「パソコンを持ち歩かない僕」は生まれて初めてネット・カフェに入りました。1時間400円でその後10分ごとに60円とのこと。安いのか高いのかわかりませんが何事も経験。イメージとしては「暗く陰湿的」でしたがそうでもありません。PCも綺麗だし、スピード環境も良いみたいだし。でも1時間以内に出そう。普段もそうですが、PCは1時間が限界かな。営業サポートしていただいている鈴木センター長様、無理を言って埼玉・長野まで行ってくれた古川君に「僕のこの数行の日報」を書きに来ました。

地方巡業・第2弾

(おじちゃんになると朝が早いんです)朝7時過ぎに出社。書類に目を通した後、お客様とフモトの町にある施工現場を見学後、会社視察をしていただき、現状報告と今後の展望をお話する予定です。夕方から社員とトラックで広島に出張。中四国エリアでの展示会に参加の為です。太平洋側から日本海側まで広い範囲でお客様が来場されます。先日の九州エリアに続き、地方巡業第2弾です。

やっぱり変だよ

78891c8a.JPG「やっぱり変だよ 日本の営業」(宋 文洲著・日経BP企画・1,500円)
「顧客は神様」と言いながら、社員にノルマを強要。読まれない日報を熱心に書かせる上司。世界一の通信技術を持ちながら「足で稼ぐ」・・・やっぱり変です、日本の営業。精神論だけでは、営業は成功しません。これはこの本のプロローグです。ホンマにそのとおりだと思います。しっかり勉強して当社も「ちょっとぐらい儲けたい」ですね。

早朝会議

小さい会社ですが役員がなかなかゆっくり打ち合わす時間が取れません。今回は突然、知人から「ある材木屋さんが廃業するので相談にのってあげて欲しい」との依頼を受けました。電話で聞いても詳細が見えないので急遽、飛行機に飛び乗りました。現地にてお話を聞き、現場を見たのですが、当初の話とは全然違い、結局、廃業の名の元の販売戦略のようでした。その後の対応に関し、役員と早朝の打合せとなりました。僕達は多くの皆様のオチカラで今まで来ています。だから少しでも業界に貢献できればと思っていますが今回のケースはチョッと難しいかもしれません。全ての業界に言えることですが、大きな難しい問題よりも、自分達の意識改革から始まる事が何よりも大切だと思っています。

「棚卸し」と「ビジョン」

6月30日が会社の年度末です。その為、本来ならば6月30日会社終業時に棚卸しがベストですが、零細事業所の為、人数がそろわず7月2日朝一番から社員みんなでやりました。「成績表=決算書」で重要な棚卸しです。毎年の事ですが「ああ1年が終わったな、そして、新しい1年が始まるな」という気持ちになります。
(以前にも書きましたが、)今期のビジョンを一言で言うと、「クオリティーが高く、トータル・バランスのとれた、チョッとオシャレで一本筋の通った凛(りん)とした会社」どこが一言かようわかりませんが、こんな会社を目標とします。

笑顔

皆さん、近頃「笑顔」を忘れていません?僕は、自然に「笑顔」が出るようにしています。そういえば近頃の僕の写真は、なんか一人だけ笑っている。ハハハ

皆さんは知ってた?

またまた、一般教養の無さが出ちゃいました。それは、携帯電話に関してです。先日、携帯電話の請求書が届き確認したら、Iモードが通話料の2倍も。なんでやの?メールもそんなしないし、ニュースを見るぐらいなのに。もしかしたHなサイトに入ったのかも。でも問い合わせをしてすぐわかりました。ニュースは、TOP画面に入るだけで1回あたり約40円もかかるんですね。中までいくと当然もっとかかります。それを1日数回見ると月あたり高額になるんですね。(為になる話はこれからです。)ドコモの窓口に行きました。すると担当してくれた女性が素晴らしい。今までの半額程度になる契約変更をアドバイスしてくれたり、また、法人での複数契約の場合、まだ安くなるとか、他の契約番号もひとつずつ見ていただき、全てベストの契約変更をしてくれました。もっと自分達が研究をしないといけないのですがなかなかそこまでね。皆様も機会があれば是非、再検討されたら良いと思いますよ。特にたまには社長自らや総務・経理担当者は必要かもしれませんね。でも、僕みたいに運良く「素晴らしい担当者」に出会えるかが大切ですね。
月別に読む
Feedと購読