自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2007年08月

信用と信頼

7076f31a.JPG家族の写真です。子供達に唯一の願いは、「信用・信頼される人」になってほしいことです。そんな生き方が出来れば素晴らしい人生がおくれるように思います。

ブログをして良かったこと

c5612e94.JPG僕には子供が3人います。22歳・20歳の男性、14歳の女の子です。親バカかも知れませんがみんな良い成長の仕方をしてくれました。本人達の努力もあったと思いますが、何かと仕事にかこつけて子育てをほとんどしなかった父親の分、しっかり面倒を見てくれた家内のおかげだと思っています。今、目の前に笑いながら子供とTVを一緒に見ている家内がいますがなかなか直接感謝の言葉は言えません。でも、ブログには書けました。これが僕がブログして良かった事です。(写真は、うちのマリーちゃんです)

可愛いのですが(ペットの事ですよ)

42cb825f.JPG実は5年前のお正月、僕は呼吸困難で死にそうになり,病院のベッドにいました。原因は、以前から持ってる慢性アレルギー性気管支喘息にウイルス性の風邪菌とストレスが重なったからでした。入院中にいろんな検査をしていただき、特にアレルギー検査が重点的でした。その結果、主治医の先生から「まさかご自宅でネコや犬は飼ってられませんね?」と聞かれましたが、両方飼ってました。犬やネコの毛やフケから高いアレルギー反応がでました。「では、かわいそうですがそれを手放なしてください。そうしないと又、発作がでますよ」との事。家族に相談する前に結果はわかっていました。「お父さん、近くにエエワンルーム・マンションあるよ」旦那・パパより、犬・ネコの方が可愛いんかい」と言いたかったけど「あんまり言うと僕が手放される」って、自分自信、変な納得しちゃいました。それから自宅で住む為?主治医と相談し、薬を最初は5種類飲みながら様子をみて、今はアトひとつまで減らす事が出来ました。一応、「ペット・アレルギー」に関してはだいたい対応したのですが、またまた問題が。今度は電車に乗ってたら呼吸がしんどくなり、まわりを見渡すと隣のおば様のあの独特の化粧品の香りでした。「このまま呼吸困難で死んだら、密室殺人になるな」と死の恐怖と戦いながら席を移動しました。こんな話、主治医に言えませんし、これからの人生、アレルゲンとの戦いになるんでしょうね。皆様も僕が黙って移動したときは近くに天敵がおるんやなって思ってくださいね。【補足】間違わないでほしいのですがおば様が悪いのではなく、僕のアレルギーが問題なんです。(写真は、うちのリリーちゃんです)

MAWSON

89f029bc.JPG奈良県内の山間部を走っていると目の前に「ローソン」が、と、思いきや、なんと「MAWSON」看板のデザインがよく似てますが色は少し薄めかな。近づくと森口商店、それでMAWSONか。よく考えているなと感心しながら、買い物はしないで、デジカメ・パチリだけで失礼しました。(写真部分をクリックすると2回拡大されます。)

天才から天災へ

3487d224.JPG8月9日付けのブログで「天才ディレクター」と紹介させていただいたのですが、ご本人からの指摘があり、「天災ディレクター」に変更させていただきます。言われればそのほうがあってるかも。ホンマにそれぐらいスッゴイ人です。天災人の名は、下平響(しもだいら・とよむ)さんです。

フェロモン・村田から世界のムラタへ

69154c92.jpg村田さんに最初お逢いしたのは15年ぐらい前でした。彼の独特のセンス(人間的な香り)から、当時、彼のことを「フェロモン・村田」と呼んでいました。初めてお逢いした感想は「なんか凄いことが出来そうな人やなー」。やはりその勘は当たりました。マイクロソフトXBOX360のコンソールデザインを世界コンペで入選し、採用されました。それ以外にも世界で注目を浴びています。彼のプロフィールです。http://www.hers.co.jp/#/chiakimurata/ 昨年末には、多くの友人達と「望年会」の名のもと、宴会を催しましたが彼も参加してくれました。長年の友人が成長されるのは楽しみですし、僕自身の励みにもなります。(顔写真も絵になりますやろ)

非凡な才能・住太陽さん

26a97b9b.jpg大切なブレーンを紹介します。住太陽(すみ・ともはる)さんです。彼がEコマースの指導やHP製作をしていただいたおかげで弊社WEB環境は出来ています。その住君がこのたび「堺文学賞」を受賞されました。http://www.motoharusumi.com/delight/yomiuri_2007_07_31.html 彼の才能は非凡ではないと感じていましたがやっぱりそうでした。先日も東京で浮浪者と間違われ、警察に職務質問をされるような彼ですが中身はキラリとしています。彼が弊社を紹介してくれたブログです。僕の気持ちや弊社の状況そして彼と弊社との関係を上手く書いてくれています。http://www.motoharusumi.com/jobs/motivation/moiboku_market_and_web.html多くのブレーンのおかげでどうにかこうにか会社は維持できています。皆さん、ありがとうございます。そして住君、「堺文学賞」本当におめでとうございます。

不思議な数字

3c1848b1.JPG「和室・床の間」の無垢部材が過去18年間で金額ベース約90%減少したといわれています。単純計算で「1年間5%ダウンかな」って思っていたら全然違いました。スタート年を仮に100として0.95を掛けると95、それに0.95を掛けると90.25と続きます。これを18年で計算すると39.72でした。という事は、年間5%以上のスピードで需要は減速していったことになり、これをカバーする為にはそれ以上の頑張りが必要になります。ダメですね、数字に振り回される事なく、がむしゃらに頑張りたいのですがなかなか・・・。

為末 大選手

テレビで世界陸上を見ました。日本の為末 大選手が健闘していましたが残念な結果に終わりました。あくまで僕の見え方ですが、走る前から悲壮感が漂っていたのと顔にハリ・艶が無かったように見えました。(自宅テレビがそんな高感度でないので映りが悪かったのかもしれませんが)予想通りでした。不思議な事に自分自身が楽しくないと結果も良くない場合が多いんですよね。いろんなご苦労があったと推測しますが勝ったとき以上に負けた今後が大切だと思います。僕達も同じです。今の結果から未来どうするか、何が出来るかが本当は大切なんだと考えています。

鹿児島県林務行政の方々

正直、驚きました。鹿児島県林務関係の方々と同行する機会が合ったのですが、(失礼かもしれませんが)お話の内容や今までやってきた事などのレベルの高さにビックリしました。今まで大勢の行政担当者の方々とお合いする機会がありましたがこんな方々が一生懸命されている地元の住民の皆様は本当に幸せだなって感じました。今後、協力出来る事があれば是非、良い関係になりたいですね。

ウレシイ取材

インテリア関係・専門誌担当者が東京から取材に来てくれました。今回は木材の特集号だそうです。わざわざ山の中の会社まで来てくれたうえ、商品の写真も多数とっていただき雑誌掲載・PRをしていただける。こんなありがたい、ウレシイ事はありませんね。日ごろから少しでも木材の事、会社の事、地域の事を伝えたい僕達にとって、ホンマニ嬉しい。こんな出会いを作ってくれた皆さんに心から感謝です。10月発売、どんな本になるか今から楽しみです。

行政からの応援団

ありがたいことに、行政から3名の応援団がご来社いただきました。こんな有能な方を普段我々はなかなかお逢いできませんし、自分達だけで考えたり、行動出来る範囲には限界があります。僕は、以前からお願いしていた事があるのですが「自分達は民間で出来る限り頑張りますので、その時期がきたら行政サイドから手を差し伸べていただけませんか?」もしかしたら今がその時期かもしれません。他にも大勢の方々が応援いただき、こんなタイミングはなかなかありません。足元をしっかり見ながら、フォローの風に上手く乗れるように、今回のプランを実行に移していきたいです。

良い仕組み

f17f9430.JPG製材所のみなさんが見向きもしなかった杉の高樹齢の丸太(古材)を購入し、板に割りました。そして、村内で定年退職された方を採用し綺麗に仕上げをしてもらいました。どうですか?木も見違えるように良くなり、雇用も生まれ、弊社としても販売商品が出来る。一石四丁でしょう。こういう仕組みを今後も僕は大切に考え、実行していきたいです。

今度は、シロアリが

2f545733.JPG会社にムササビがでて大騒動なのに今度は自宅にシロアリが出ました。もう、いや。すぐ、専門業者にきてもらいましたが間違いなく「ヤマト・シロアリ」との事。すぐ、防虫作業を依頼しました。異常気候・異常気温が原因かもしれませんがムササビ・シロアリとどうも人間以外に好かれちゃったかも。

ムササビの被害

57fc6a84.JPG長い年月、木材業をしてきましたが「ムササビ」の被害にあったのは初めてです。動物に詳しい人に教えていただきましたが、リスやムササビのような動物は硬い物で歯を削るそうです。写真ではわかりにくいのですが表面がザラザラにかじられ、商品として全く使えません。至急、村役場とも相談し善後策を検討します。

真剣に見る

以前、東京・神田の古本市を見学に行きました。その中、「敦煌・莫高窟」から出た経典の本物と偽者とが1冊ずつ並んでいました。「貴方はどちらが本物かわかりますか?」って聞かれ、「僕は、わかりません」と即答すると、「一度、真剣に見てください」再度、促されました。すると、どうでしょう、片方の線が弱く見え、そちらが偽者でした。「自分はそんな事はわかるはずが無い」って思った先入観が真偽を見えなくしてたんでしょうね。それ以来、大切な時は、出来る限り真剣に物事を見るようにしています。

良い教え

今日は、良いことを教えていただきました。それは「感謝の気持ちを持ち続ける事」と「形の有無を問わないお礼」でした。1人では何もやれない、1社では限界がある。取り巻く皆さんと「過去・現在・未来」とがクロスするんだなって思えました。

8月15日・憤りと涙

終戦の日、朝7時にお宮にお参りをし、10時にはお寺さんがお経をあげに来てくれました。その後、たまたまテレビを見ていると「元神風特攻隊員と元アメリカ兵の62年ぶりの涙の再会」が放送されていて、僕はいつの間にか涙ぐみながら「なんで戦争をしたのか?」腹立たしい思いでいっぱいになりました。本当の戦争の原因はどこにあるのか?僕は、わかりませんがわかっているのは、家族や国民を守るために大勢の人達が死んでいったという事です。理由はどうであれ、二度と間違いは起こさないでほしいものです。

携帯電話のトラブル

ビックリしました。僕が携帯電話をかけた覚えが無い知人に半日で17件も送信履歴と先方に着信履歴がありました。ドコモに問い合わせをしたところ、「通話記録の詳細をすぐに調べる事が出来るのは梅田・神戸・京都の3箇所です」と言われ、すぐ、梅田まで。でも結局、すぐに原因はわからずメーカーで調べていただく事になりました。便利だし、携帯のない生活って考えられませんが「ひとつ間違うと大変だな」って考えさせられました。

お宮さんの当番

村(大字)のお宮さんの当番が回ってきました。3軒が1年間交代なんですが、昔は村に55軒あったので18年に1度、回ってきました。でも今は9軒。3年に1度、当番が回ってきます。さかな・お酒・野菜なんかをお供えし、秋には御餅を作って餅まきなんかもするんですよ。昔は派手でにぎやかだったらしいです。時代の流れとともに残ったみんなで仲良く・ボチボチするんがいいんでしょうね。
月別に読む
Feedと購読