自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2007年12月

望年会・信念会

79727d34.jpg早いもので今年最後のブログ(らしきもの)になりました。1年間ありがとうございました。来年もボチボチ頑張りますのでよろしくお願いします。
ところで以前、ある食堂に入ったとき面白い言葉が書いてありました。それは、「望年会・信念会」です。ようわからんけど「忘年会・新年会」と比べ、「ホンマはこれちゃうの」って思うぐらい、自分的には好きな言葉になりました。「ようし、新しい年は、何事も真正面から思いっきりぶつかっていくでー」「一度決めた事は、気持ちが揺らぐ事なく信念をつらぬくぞー」。大晦日に生々しい言葉はどうかなって思いながらも来るべき新年への自分なりの誓いです。皆さんも来る新しい年、一緒に頑張りましょう。(写真は、レコード大賞受賞のコブクロで、感動ものでしたね。)

ひとりずつのペース

98c5519f.JPG僕は、いろんな事、たとえば原稿を書いたり、書類を確認したり、あるいは、お風呂に入る事もですが本当に遅いんです。友人達と旅行し、お風呂に入るとみんながびっくりするぐらいです。入浴が長いとかではなく、まず服を脱ぐのからゆっくりで、身体を洗うのが遅く、浴槽に入っているのもそんな長くないのですが、また服を着るのが遅く、結局、時間がかかるんですよね。一見、てきぱきしてるように見られますが(皆さんはそう思ってないかもしれませんが)、実際には、周りの人に笑われるぐらいの遅さです。ただ一点違うところは、目標が具体的に見えて、「今だっ!」って、感じるときは、そりゃもう早いですよ。それと「逃げ足」もね。こんなスイッチの「ON・OFF」が、「僕独特なマイ・ペース」なのかもしれませんね。家族も社員もそうですが「1人ずつのペース」があり、それを理解しようと思っています。(写真は、約160年生・長さ11メートル、重さ約2トンの桧丸太を谷口君が背挽き場所を決定してるとこです。大切な作業で彼のペースに任せています。)



嬉しい門松

e0c3db2a.JPG会社の玄関にある門松は、専務の3男(高校生)がわざわざ作ってくれました。もちろん一対で、高さは、約2メートルです。彼は、おじいちゃんと山や畑に材料を探しに行き、それでもまだ不足するものはホームセンターで探してくれました。全体の製作イメージは、ご近所のを見たり、インターネットの写真で勉強したそうです。親に言われて作るのではなく、自分の意思で作ってくれたのが本当に嬉しいのです。今年も無事終える事ができましたが、この門松のおかげで今年の締めくくりと来年のスタートを気持ちよく迎える事が出来ます。卓也君、本当にありがとう。また、こんな素晴らしい息子さんを育てた専務ご夫婦にあらためて敬意の気持ちを伝えたいです。

細木数子さんとめざましテレビ

04053136.jpg携帯Iモードに「細木数子六星占」をマイメニュー登録してて、特に最高潮の運気日は、自動送信で朝6時30分頃、「今日は、最高潮の運気です。」とメールが届きます。12月27日は、まさにその日。それで気分良く、(フジテレビ)めざましテレビの「今日の占い」を観るとなんと12星座中最下位。なんで「最高と最低」なのよ。占いを信じてる僕にとって非常に微妙。でもね、正直なところ、どんな「占い日」でもいいんです。なぜか、大切なのは、「今日は、・・・に注意してね」ってあれば、その日は、特にその事柄に気を付けようとしています。理論的には、よくわかりませんが、この積み重ねが、僕の人生にプラスになっているのは事実ですから。

温故創新

cdbf79b4.gifもう時効かと思いますので僕の秘密を1つバラシチャイマス。(と言いながらいつもバレバレですが。)それは、1995年、社団法人日本青年会議所木材部会の会長を拝命しました。そのときの「基本理念」は、以前から「座右の銘」にしていた「温故知新」だったのですが、尊敬するフリーライターの山下女史に相談したところ、「温故創新=故きを温ねて新しきを創る」のほうが徳ちゃんにあってるよって、アドバイスをいただき、こりゃ、いただきとばかり、公式文書をすべて書き換え、いかにも僕が考えたように皆様に公開していました。申し訳ありませんでした。あれは、僕の知恵ではありませんでした。」(写真は、映画「舞妓Haaaan!!!」です。いつも宴会に舞妓さんをよんでいたとか言う深い意味ではありません、念のため。)

 初年度〔1956年〕設立総会開催
第2年度〔1957年〕由井 直人/東京・深川木場貯木場見学
第3年度〔1958年〕由井 直人/東京・秋田日田察研究
第4年度〔1959年〕由井 直人/東京・製材機械類研究
第5年度〔1960年〕大塚 繁夫/能代・メートル法実地研究
第6年度〔1961年〕諌本 清人/日田・輸入外材研究発表
第7年度〔1962年〕加藤 酒蔵/広島・木工機械研究発表
第8年度〔1963年〕鈴木 正治/名古屋・日向・飛騨林業見学
第9年度〔1964年〕塚本貴一郎/横浜・秋田・鳥取林業見学
第10年度〔1965年〕和泉 昭二/広島・岡山林業見学
第11年度〔1966年〕久我 一郎/大阪・日田林業見学
第12年度〔1967年〕前田  剛/姫路・アラスカ・カナダ視察
第13年度〔1968年〕津田 竜雄/東京・三部会セミナー開催
第14年度〔1969年〕筑柴善次郎/京都・未来像探究研究
第15年度〔1970年〕菅沼 歌郎/横浜・15周年記念事業
第16年度〔1971年〕杉山 弘晃/名古屋・アメリカ・ヨーロッパ視察
第17年度〔1972年〕寺井 敬彦/甲府・アメリカ・カナダ視察
第18年度〔1973年〕朝倉 幹雄/東京・オセアニア視察
第19年度〔1974年〕菅生清左衛門/桜井・ブラジル視察
第20年度〔1975年〕米田 篇穂/桐生・20周年記念名簿発行
第21年度〔1976年〕古河 久純/東京・シベリア視察
第22年度〔1977年〕上地 宏保/名古屋・カナダ・アメリカ視察
第23年度〔1978年〕河村喜太郎/桜井・「住宅用木材の知識」
第24年度〔1979年〕野中 茂樹/尾鷲・青年木材人セミナー
第25年度〔1980年〕南本 泰男/吉野・「木の命と香りにふれよう」
第26年度〔1981年〕大之木伸一郎/呉・第1回正副部会長会
第27年度〔1982年〕鈴木 和雄/名古屋・第2回正副部会長会
第28年度〔1983年〕敷山 希望/東京・アメリカ・カナダ視察
第29年度〔1984年〕田丸 直文/広島・北山杉・福井市場視索
第30年度〔1985年〕榎本 長治/白浜田辺・科学博青森ヒパ視察
第31年度〔1986年〕伊藤 太助/名古屋・創立30周年記念事業
第32年度〔1987年〕平田恒一郎/横浜・アメリカ東海岸視察
第33年度〔1988年〕加藤 信博/広島・木材セミナー研修会
第34年度〔1989年〕古林 計行/鳴門・ヨーロッパ視察団派遣
第35年度〔1990年〕野崎 和良/岡山・東濃檜研修会
第36年度〔1991年〕守屋 長光/仙台・部会則の改正
第37年度〔1992年〕本多 一義/豊川・吉野山林視察
第38年度〔1993年〕下  嘉明/京都・インドネシア海外視察
第39年度〔1994年〕後藤総一郎/岐阜・ロシア海外視察周派遣
第40年度〔1995年〕徳田  浩/吉野・アメリカ・カナダ視察
第41年度〔1996年〕鈴木龍一郎/名古屋・ニュージーランド視察
第42年度〔l997年〕横山 俊英/日田・健康住宅セミナー
第43年度〔l998年〕牛頭 佳雄/横浜・海外視察
第44年度〔l999年〕佐野 賢輔/静岡・建設省との懇談会
第45年度〔2000年〕鈴木 茂久/天竜・北米海外視察
第46年度〔2001年〕松本 泰典/熊谷・神戸家族会
第47年度〔2002年〕高橋 健一/酒田・ロシア海外視察
第48年度〔2002年〕江守 淳一/新湊・業別フォーラムin KYOTO

西洋医学+東洋医学

54c9d687.gif>【個人的に思ってる事です。】体調が悪くなると病院にいきます。家の近所にホーム・ドクターが1軒(徳田家が勝手に慕ってるだけ)、また、軽い慢性疾患持ちの僕は、24時間365日対応の総合病院にカルテがあり、いつでも診ていただけるようになっています。あと、大阪大学歯学部OBの「痛くない歯医者さん」がいますし、その上、凄く「面倒見の良い目医者さん」も近くにいてくれます。そこに先月、11月11日付けのブログで紹介した「エロ仙人」、いや失礼しました「椿野大先生」が追加されました。どうですか、「東洋医学と西洋医学の合体」ですよ。ようは「両方のエエとこ取り」をしてるんです。東洋でも西洋でも宇宙でも?、いや宇宙はまだ未体験ですが、気持ちよかったらエエし、ようは、「体調が良くなったらええんちゃうかな」って思っています。くれぐれも間違わないでくださいね、僕がお医者さんや病院が好きとかではなくて、ええと思う事はどんどん試してみて、そこからどうお付き合いしていくかが大切だと思ってます。そのワリに薬は余り飲まないようにしています。むろん、先生方と相談してですが、結局のところ、出来る限り自分自身の治癒力に期待してるんです。(写真は、ドラゴンボールに出てくる、カリン様。カリン塔に住む猫の仙人。天界と下界のつなぎ役を務めると同時に、塔を自力で登ってきたものだけに修行をほどこしている。かつては武天老師も鍛えたという達人。仙豆をはじめ如意棒、超神水、金斗雲と不思議なモノを与えてくれた人物でもある。機会があれば僕もカリン様に師事したいものです。)

「アイ・アム・レジェンド」

86ebf5f4.jpg「ウィル・スミス」主演の「アイ・アム・レジェンド」を観ました。テレビのCMで「何で世の中で1人になるのかな」って、不思議に思い足を運ばせました。ストーリーや感想は書きませんが「なるほど」って思いましたね。個人的にはウィル・スミスのジョークを楽しみにしていましたがもちろんありませんでした。

ナンバHIPS「ヤバフォ」

1ce3804a.JPG御堂筋反対側から「ヤバフォ」を見ましたが僕はお金くれても怖くって乗れそうにありません。でも、お好きな人にとってはやめられないんでしょうね。
【ヤバフォとは? "ヤバいほど楽しいフリーフォール"それがヤバフォです。ヤバフォは、日本で初めてビルの壁面に設置されたフリーフォールです。大阪・なんばの街を見下ろしながら一気に急降下。他では味わう事の出来ないフリーフォールを体感して下さい。】http://www.yabafo.com/main.html
下で口を開けながら見学してる大勢の人を見るほうが楽しいです。もちろん、僕もその中の1人ですが。

情報袋・柳原さん

b3b52524.JPG山の木がよく手入れされ、無節材がとれるかどうかは、その「林業家の歴史」を振り返ると良くわかるといわれます。会社もそれに似たものがあります。直近の決算書などで現状の表向きな数字はわかりますが、その会社の歴史や経緯を知るとより明確にわかる場合があります。でも普通私たちにそんな知識がありません。ところが僕には、強い見方がおられるんです。それが柳原さんです。木材・建材業界を知り尽くされ、知らない会社はないぐらいです。現在は、退職されておられますが僕が壁にあたると「柳原さん頼みです。」今日も久しぶりに連絡をとり、教えていただいた事があったのですが、やっぱり凄い。こんな事をブログに書いちゃうと「いつも徳ちゃんは良く知ってるね。」って言われるのにあっさりネタがばれちゃいますね。久しぶりの柳原さんのお声がお元気で本当に良かったし、嬉しかったです。まだまだ僕の知恵袋、いえ「情報袋」でいてくださいね。今後ともよろしくお願いします。(写真は、山の中でヘリコプターで出材した木材を「磨き丸太用材」と「製材用材」に仕分けしています。僕自ら山でこんな作業もしているんですよ。たまにですけどね。)

ふところが寒い

d6d644bf.jpg今朝、黒滝村は気温1度でした。気温も寒いけどふところ具合も寒いです。ところで皆さんふところ(財布)をあったかくするする方法教えましょうか?ちょっと難しいけど順序だてて説明します。 .曄璽爛札鵐拭次¬局、スーパーなどに行く→超薄型カイロを購入する→その封を開け、財布にそっと入れる→い垢襪箸匹Δ任靴腓Α不思議とふところがあったかくなりますね。はい、こういうことを英語で「ossan gyagu」といいます。すいません、もっと寒くなっちゃいました。まあ、バカなジョークを言いながら今年もあとわずか、楽しく明るい1年間の締めくくりをしましょうよ。(写真は、今度読もうと心に決めている本「ブタのふところ」です。)

岡本君のこと

675c86df.JPG久しぶりに製材所を経営している岡本君にお会いました。20数年前、テニス仲間としての出会いが初まりで、僕よりも5歳ぐらい年下です。当時、彼はいかにも若者らしく、荒削りな男性でしたが、考え方がしっかりしていて、頭の回転も素晴らしく早い印象がありました。製材業界はもとより、地域でも未来の彼の存在は僕にとって楽しみでした。その後、数年ごとにお逢いする機会があり、そのときの彼の「言葉」が楽しいのです。「村の秘密兵器と若いとき呼ばれていましたが、このまま年をとったら秘密のままで一生終わりそうです。」とか、「この組合(木材業界では珍しく今の時代に好業績を上げ、頑張っている木材組合に彼は所属しています。)のおかげで事業を継続できています。よかったです。」20代当時の彼ではとっても想像できない、人間的に成長された会話です。経営環境が厳しくなったおかげで彼はより成長されたんだと思います。次回、岡本君と出会い、彼の話の内容が今から楽しみです。業態は違いますが、僕も彼に負けないようにまだまだ頑張っていきたいと思いました。(写真は、桧11M×38CMの背割り中です。160気圧の噴出水で木の表面にキズをつけないように皮を剥ぎ、乾燥中に割れを発生させない為にに木の裏側にチエンソーで背割りを入れます。磨き丸太製造時に欠かせない作業です。)

ソクラテス

b1180b7a.jpg「君が良い妻を持てば幸福になるだろうし、悪い妻を持てば哲学者になれる」(ソクラテス)                  本に書いてありましたがソクラテスの妻は悪妻で有名だったそうです。そのおかげで彼は偉大な哲学者になったんですね。ところで、これ読んでる貴方は哲学者?

リズムが大切

5139d1c0.JPGACミランとボカの試合をテレビで見ました。サッカーは、あまり詳しくありませんが、良いゲームだったと思います。専門知識が無い僕でも感じた事は、ゲームの「流れ・リズム」が素晴らしく、最後まで目を離す事が出来ませんでした。普段、「個人も会社」もリズムを大切にしたいと考えていて、大変参考になりました。

ホンマに大変

d059a767.JPG本格的な製造期になりました。写真を見ると左側の機械で12M前後の桁丸太の皮剥ぎ作業をしています。また、10トントラックに2人がのぼり、クレーンを1人が使い、下で木材を受けるのに2人います。山の立ち木調査・伐採・搬出なども入れるとここまで何人の手を必要としてるんでしょうね。製造の繁忙期は、11月から翌年3月末までです。毎年ですが社員みんなが一生懸命、仕事を頑張ってくれています。ホンマに大変ですがこの「積み重ね」が大切なんですよね。

僕の先生

0171ce08.JPG僕には多くの先生がいます。というよりは、お逢いするすべての皆さんが先生かもしれません。写真は、奈良県吉野郡川上村に住んでおられる春増(はるまし)さんと吉野杉の酒樽用板材です。彼は、林業を生業としながらも、雨の日は酒樽用のたる丸材料作りをされたり、また、村会議員や山岳警備隊としてもご活躍されています。お逢いして20年以上たちますが何かとご相談にのっていただいています。自分だけでは何も出来ない僕なので多くの先生方のおかげで今の自分があるんだと感謝しています。

手間がかかるが当たり前

93b8a678.JPG3トントラックに1本積んでるのは、桧丸太13M×末口38CMです。トラックもロングボディーでそんな小さくないし、社員も横にいるのですが桧の大きさに圧倒されます。3本あり、離れた木材置き場に移動するのに4名が3回繰り返し移動です。手間がかかりますが大切な別注品ですから当たり前のことです。

「見たる、聞いたる、言うたる」

e2f32d4c.jpg「見ざる、聞かざる、言わざる」って諺があります。でも僕は近頃「反対もありかな?」って、思うようになりました。「見たる、聞いたる、言うたる」ってね。もちろん、ケースバイケースですし、一番大切な信用・信頼を失うような事はいけませんしね。皆さんの周りを見られたらどうですか?今、頑張っている人、光り輝いている人なんかは、こんなタイプじゃないかな?(写真は、日光東照宮の三猿像)

日曜日の山は恐ろしい

28fa3b33.JPG日曜日、杉桁丸太の立木調査に行って来ました。林道の終点に車を止めて、そこから歩いて30分ぐらいの山ですからそんな遠い山ではありません。手分けして調査を開始したのですが山の尾根あたりを一人でいると「鹿の鳴き声」が近くでしています。それがなかなか鳴きやまナインですよね。すると今度は、狩猟用の鉄砲の音が一発。都会から日曜日だけに来る「ホリデイーハンター」です。地元の猟師だったらいいのですが、都会のハンターは、ちと怖い。尾根から鹿が、谷からはハンターが挟み撃ちです。立ち木の調査はしなといけないし、恐怖から逃げないし、と、考えているうちに、今度は空から白いものが。そう、初雪です。吉野地方でも最高峰の山のふもとですからしかたないのですが、怖いし、寒いし、ふんだりけったりです。寒さと恐怖のあまり、ばったばったで予定より早く調査が終了しましたが、やはり山は一人で行くのは危ないことに再認識しました。

高性能空気清浄器

d0b4009b.JPG僕の部屋には「空気清浄器」がおいてあります。花粉や家のホコリ、ネコのふけなどからカヨワイ僕を守る為の健康ツールです。この器械がなかなか優れものでして、「ホコリ」「ニオイ」に対して自動的に反応し、センサーが働き「光モニター」が度数を表示し、運転が開始されます。たとえば花粉が飛ぶ頃、窓を開けておくと自動運転を開始しますし、掛け布団をパタンパタンとすると運転開始です。「こりゃ、よく出来てるな」って、関心していました。それが先日、横になり本を読んでると「チョッとだけプット」出ちゃたんですよね。するとですね、凄いですよ、突然、「ニオイセンサー」の光シグナルが最大限を表示すると同時に「ブーン」と運転開始です。なんか恥ずかしいやら、感動するやら、一人、変な笑いを浮かべながら「空気清浄器」の性能の高さを改めて感心しました。

建築確認申請の遅れ

e537d339.jpg改正建築基準法による建築確認申請の遅れが予想を超えるレベルで、木材業界に打撃を与えている。僕の周りでも悪影響が出始めている。友人から聞いた話ですが、ある大手家電メーカーが新工場建築に着手出来ず、本気で国に怒っちゃたみたいです。戸建住宅への悪影響はもちろん大変な事ですが、大手家電メーカーの建物・内部機器や設備の遅れはまさに社会問題ですよね。僕たちは、つい自分達だけが悲劇の主人公みたいに思いがちですが、まだまだ世間には大変な問題がありますね。
月別に読む
Feedと購読