自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2008年01月

言霊(ことだま)

ec21f12d.JPG友人から言霊(ことだま)のことを聞いたので、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみました。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E9%9C%8A
『言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。』
以前にも書きましたが「言葉」って、魅力も魔力もあるんですね。不思議な事ですが「言葉」ひとつで気持ちが大きく変わるときがあります。本当に大切にしないといけませんね。

PC故障中でアタフタ

7c7dd21f.JPGPCの具合が悪いんです。特にメールの送受信がうまくできない。ハードの問題かそれともソフトか、いいやレンタル・サーバー先か、僕にわかるわけがありません。友人に教えてもらい、サーバー会社に連絡をとるも電話対応はしてくれず、FAXで。どこが不具合なのか専門用語がわからない為、うまく文章がかけない。ちょうど、HELPをみにいって、よけいにわからんようになるのと同じです。仕事中にそんな対応も出来ないし、アタフタしている今日この頃です。

ITの恩恵

28ec4fde.gifたまたま東京経済ニュース「経営は心」を見にいくと為になる言葉がありました。
http://www.tokyo-keizai.co.jp/kokoro/index.html#120

『自己に克つ 人間に』(更新 2008/1/18)
人間が 真に成功できるかどうかは 「自己に克つ」ことである ビジネスの世界で成功している人も すべて克己心のかたまりのような人が多い
どんなに頭がよくても 一流大学を出ていても 商才があっても 人間関係がうまくても それだけでは大成できない 克己心がないと 必ず途中で挫折してしまう
ヨーガ哲学の中に 「心の中にある檻を しっかり閉めておかないと 中にいる猛獣が飛び出してきて お前自身を食い殺してしまう」という逸話がある 猛獣とは人間の欲望のことである 人間は苦しいときは自戒して頑張るものである
しかし恐るべきは それなりに成功したり 生活が豊かになったときである このときに心の檻がゆるみ その隙間から 欲望という猛獣が飛び出してきて 自滅自壊してしまう例が多い
「最後は 自己に克つ」 克己心こそ絶対忘れてはならない人生の要諦であろう

ITがなければこんな文章の出会いがなかなか出来ませんでしたよね。ありがたい時代です。

良かった、大阪府知事選

ac5dffc3.jpg政治オンチの僕ですが大阪府知事選で橋下さんが勝ち、良かったと思っています。理由は、橋下さんのお話の中で「政府自民党や公明党とパイプを持ちながら大阪の再建を図りたい」という言葉でした。僕達国民は自民党であれ、民主党であれ、ようは日本が良くなり、国民の生活が良くなればいいと思ってるんです。それなのに政治家のお話を聞いていると自民がどう民主がどうとかそんな議論が目立つんです。エエ加減にしてほしい。橋下新知事の政治手腕は未知数ですが、彼に期待をかけてみたいです。可能であれば、大阪が良い変革モデルとなり、日本中にその大きな変化の波が起これば良いと願っています。でも一人では無理なので周囲の人たちも手伝ってあげてほしいです。みんなで素晴らしい国を作る一歩にしましょうよ。

気合の大切さ

9f0ab680.gif斉藤一人さんのサイトを見ました。
『人生は気合だ理屈が通らないこともたまにはあるよね』
仕事のコツは気合だ女に持てるコツは気合だ男に持てるコツも気合だ。たいがいのことがうまく行かないのは気合が足りないからだ。おへそのしたに力を入れてハキハキとしゃべると気合がみなぎってくる。
でもいつもやっていると意外と疲れるから時々にしよう。
でも、相当効果があるからやっぱし気合だ!
いつも思うのですが斉藤一人さんの「今日の言葉」って勉強になるんですよね。その日の運気などを考えて掲載されているそうです。

岡橋林業さん

bf765064.JPG今日は、約2,000haの山林を所有されている、岡橋林業の社長と副社長が来社されました。以前に会社見学をお誘いしていましたので来社いただき嬉しかったです。見学後、村内の山林を視察したのですが、「この山は、Aさんの所有林ではありませんか?」って、山を見るだけで所有者がわかるんですね。僕達は、木材を販売するのが主目的ですが全てを自社林でまかなうなんて不可能です。林業家が一生懸命育てた山の木を分けていただかないと継続できません。今までも多くの林業家の方々との関係を大切にしてきましたがこれからもその気持ちを大切にしていきたいです。

陳情

01feef62.jpg今朝、近鉄電車を待ってると知り合いの町村長さん達に遭遇しました。ご挨拶をして、少しお話を聞いてみると「みんなで東京の民主党に道路特定財源継続の陳情に行く」とのことです。今まで自民党に陳情は何回も行ったけど、民主党は初めてっておっしゃっていました。僕は、恥ずかしいくらい政治の事がわかりません。ただ、ガソリン代約25円安くなるのは嬉しいのですが、それに伴い、さまざまな商品価格や物価が上がるのが大変だと思います。テレビやメディアも裏表の問題を私達にわかるように偏らない情報をお願いしたいものです。でも、こんな事で日本中のたくさんの市町村長さんが税金を使い、出張されたらすんごい出費になりますね。(写真は、エンジュの床柱です。3M×330MMの太いものです。近頃はこんな立木がほとんどなくなっちゃいました。」

静岡の影山君

491c4eae.jpg日本木材青壮年団体連合会(略して、木青連)という団体があります。僕は、平成14年度に専務理事を経験させていただきました。当時、約1,500名の会員組織だったと思いますが、その翌年の会長が静岡の影山君でした。彼は、僕より8歳年下ですが、なかなかの好人物で、大相撲の横綱に別格の存在「大横綱」がいるように、彼は、人格や木材業界への思いは、まさしく「大会長」(おおかいちょう)の空気を漂わせていました。
 http://www.kobiki.com/e/kagemoku/kageyamamokuzai.html
現在でもそうですがこれからも日本の木材業界を牽引してくれる大切な人だと思います。木材に関する質問は、相手の立場にたって、実直に答えてくれますよ。

言葉のちから

d67066e1.JPG親しい人から「優しい言葉」をかけていただいた。正直、びっくりした。僕の心の中を見られたようだった。そのとき、「言葉のちから」を感じる事が出来た。普段、何気なく言葉を発し、会話をしていますがこれだけ「言葉にちから」があるのが不思議だった。これからは、僕自身も今まで以上に「言葉」を大切にしていきます。(写真は、21日の朝の雪景色です。朝、社員が雪を落として、仕事の準備をしてくれています。くれぐれも事故やケガがないようにね。)

宮崎の松田君

d971b461.jpg先日の夕方、突然、宮崎の松田君から携帯に電話があった。「橿原神宮にいます」。一瞬、「ウソやろう」と思いましたが、彼は、そんなジョークを言う人ではありません。「じゃー、これからすぐ会社を出るから1時間後に合流し、夕食を一緒に」となりました。彼は、今、42歳かな。頭も賢く、弁もたち、見栄えもエエ男です。「急で申し訳ありません。」と言われましたが「逆に僕が嬉しいんです。」そうでしょう、みなさん、日本中からわざわざ奈良県まで来ていただき、その上、僕に声をかけてくれるんですよ。世界中の何人の人とお逢いでき、また、その中の何人の人と再会でき、本心で、本気で話できますか。そんな出会いが僕は大好きなんです。まして僕なんかに連絡をくれて、「人間冥利」に尽きます。彼とは、2時間ぐらい食事をしながらいろんなお話をしました。彼は凄く相手の話を聞きだすのがうまい。でも、今回は違った。(僕の勘ですが)彼は、今、人生における一大決心をしていて、その「崇高なビジョン」に向かって着々と歩み始めているように思えました。「彼なら出来る」そしてそれをやらなければ、他の人にはない、彼の能力がもったいないし、地域での大きな損失になると思います。最後まで彼は自分の事は話しませんでした。僕の思い込みかもしれませんがれませんが、そんな「夢と期待」をいだかさせてくれる「才能あふれる松田君」です。

山がこわい、特に日曜日が。

83de9746.JPGこう見えても山林の立木調査によく出かけます。以前ブログに書いたかもしれませんが近頃本当に山に行くのが怖いのです。それも特に日曜日が。それはね、|聾気了海鬚茲ご存知でない都会の「ホリデーハンターさん」が鉄砲を持って、これまた、「都会で育った猟犬」と共に山に入られるんです。もちろん一部の方だけだと思いますが、なかなか不慣れな方がおられまして・・・それぁ、もう。そして、¬鄒犬亮さんや猪さんがうろつくんです。自分ひとりで山の中にいるとき、近くで群れになって鳴かれたら気持ち悪いですよ。次もホンマにこわい事です。それは、「枯葉などで隠してある、仕掛け」です。だいたい「ケモノ道」に隠して仕掛けてるんですが、僕達も山の中の調査は歩きやすい「ケモノ道」をよく通るんですでも。足元は見ないで立ち木を見ます。いちいち枯葉をよけながら歩きませんよね。どうですか?尾根筋からケモノの鳴き声、山下からはワンちゃんが走り回り、鉄砲の音が聞こえ、そして足元は仕掛けがある。環境問題は、もちろん大切ですが自分の命も自分で守らないとね。

起承転楽(きしょうてんらく)

3f6368e4.JPG17日に奈良県橿原市で開催されましたフォーラム「緑の時代をつくる」に恥ずかしながらパネリストとして参加させていただきました。基調講演は、山田勇京都大学名誉教授、その後、パネルディスカッションへ。コーディネーターは、林業・木材業界の裏表を知り尽くされた松山さん、そして、パネリストは、環境学のお立場から大阪産業大学花田准教授、行政サイドから奈良県農林部菊政理事、そして吉野だけではなく日本における有数の林業家岡橋社長、そこになんで僕なのよ。正直、最初から場チガイでお断りしてたのですが公私共にお世話になっている西本さんからのお上手なお誘いに乗ったのが運のつきでした。4名のパネラーが花田先生から順番にアカデミックに、かつハイレベルなお話をされました。俗にいう、「起承転結」の「起・承・転」と流れるように話は進みました。さあ、いよいよ僕の出番です。(ここでちょっと)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと『「結」→ 「オチ」とも呼ばれる部分で、物語が進んだ結果、最終的にどうなったのかを描いて物語を締めくくる部分』となっています。ところが、僕を知ってる皆さんはわかりますが、「なんでこの流れできて徳田が締めれるの?」です。そのとおり、「起承転結」ではなく、「起承転楽」でした。参加されたすべての皆様、本当に申し訳ありませんでした。「以後、気をつけます」と言っても二度と呼んでいただけないでしょう。
追伸:「起承転楽」より、「起承転落」のほうがもっと僕にあってるかもしれません。

1月17日

e578c4df.jpg今日、1月17日は、娘の15回目の誕生日です。親バカかもしれませんが女房のおかげで良い成長をしてくれてると喜んでいます。高校受験をまじかに控えて頑張っていますがボチボチで余り無理をしないで乗り越えてくれればと願っています。それと、今日17日は、あの阪神大震災がおこった日です。自分にとっても忘れる事が出来ない1日です。大勢の方々が突然被災されましたが、友人のご子息もお亡くなりになりました。小学生でした。地震直後、家族全員が家の下敷きになり、1人ずつが救出されたらしいのですが、ご子息だけが「僕は、大丈夫だからみんなから」といいながら息絶えたそうです。僕達はいつも自分だけがいろんな意味で大変な環境におかれてるといいながら、あのような大震災を受けた事を思えば比べようもありません。彼や被災された多くの方々に心からご冥福をささげるとともに、自分達のおかれている恵まれた環境に感謝をしています。

同業社のテレビ出演

ea5e6b3d.jpg同業社の社長がテレビ出演されました。素晴らしかったです。ヽ発商品に潜在的な可能性がある。開発商品と比較される事により既存の商品が見直される。6罰α澗里亮莪桂椰瑤増える。は誕蠶鷆,気譴襪海箸砲茲蝓■運佑任眤燭の方が業界や木材に興味を持ってくれる。などです。でも、それ以上に感心したことがありました。それは、社長ご自身の事です。僕も以前にテレビカメラを向けられたとき、恥ずかしい話「目が泳いでいました」。長い時間のカメラ目線ってなかなか難しいんですよ。「素人っぽくて良い」と言ってくれましたが、「ホンマに素人じゃ。」って、言い返しました。それとアナウンサーさんに質問され、それに対する回答がこれまた難しいんです。僕は何回も失敗して、「こんな好きな事言えたらええんやけどな。でも、これは流さんといてんね」前置きしながら独り言で言った言葉が放送されちゃいました。その上、若い録音担当者が「僕の放送しないでねって言った話」を聞いて「感動するええ話や」って、涙ぐんでいました。「あの業界の人は何がええのかようわからん」。それが僕の感想でしたがそれに比べたら今回の社長素晴らしかった。商品開発にしろ、テレビでの対応にしても、コメントの内容にしろ、なかなか皆さん真似できないですよ。その上、その社長、多分、僕より年上です。ほんま、参りました。いろんな意味で僕達もまだまだ負けないように精進します。

みんな頑張ろうよ。

b2c14c1b.JPG仕事でなはく、「出会いがしら」で住宅会社の40歳代役員とお話する機会がありました。彼曰く、「家が売れないんですよ」「木材や磨き丸太は、ほとんど使われませんね」「京都・北山ではいっぱい余ってますよ」とか、現状の否定ばかり。木材の事は、どうでもよいのですが、「否定ばかり」して「もうチョッと明るく生きてくれへんかな」って、思うぐらいです。この方に営業に行く木材屋さんもあると思いますがあんまり「暗い話」をオーバーにしないようにしてほしいですね。彼から「木材すべてがお先真っ暗」のように世間に言われちゃいますよ。「景気が悪い」「不景気や」とか言って改善されるんだったら、みんな大きな声で何回も言うもんね。腹の底にチカラを入れ、気合を入れて、自分達で頑張ろうよ。みんなのまわりには、いっぱい友人がいますよ。

今日は、休む!

fff2b568.JPG1月下旬までに3箇所での講演依頼を受けています。(講演といいましても僕は顔出し程度ですが真剣にやります。)僕みたいなものが皆様の前でお話するのは、失礼な話なのは、自分がいちばんわかっています。でもいろんなカタチで普段お世話になってる人達からのご依頼です。失礼の無いように出来る限り事前の準備はしておくつもりですが平日は出来ず、今日のお休みにと思っていましたが身体も頭も全然あきません(もとからですが)。一度は午前中に気合を入れようと思いましたが、結局、気合を入れたのは、昼間、「思いっきり寝る事」でした。「若い時はもっともっと元気やってんけどな」って、家族にも言えず、今出来る事は疲れを早く取り、明日からの仕事に頑張る事です。そうや、「元気があればなんでもできる」

TEAMWORKSの三澤さん

8c598ff7.jpg尊敬する柳原さんからご紹介された「設計士イベント」に行ってきました。実は、前日、始発電車で出張、終電で帰宅し、その上、今朝は、早朝から仕事が入り、午後からの告別式の合間を見て、このイベントを見学したのでした。普通でも頭の回転が良くないのにフラフラ状態です。10数名の設計デザイナーの方々がおられ、僕は、ずーと何も言わず、作品集の全てを見渡したのですが、一箇所、足が止まりました。それが、「TEAMWORKSの三澤さん」の作品でした。http://www.eonet.ne.jp/~teamworks/office.htmlいやみなく、自然な感じで和を提案し、忘れている何かを表現した作品に見えました。その上、温厚な雰囲気で彼が僕に話かけてくれました。先ほども書きましたように「頭ボーっと状態」なのでよく覚えていませんが三澤さんの好印象は間違いありません。日本中だけでなく、世界で「和」のテイストを表現する可能性を秘めた素晴らしいセンスをお持ちの方だと思います。HPも拝見しましたが今度お逢いしたときにいろんなお話をゆっくり聞こうと思っています。でも、あの「ボーっと状態」の僕の目を覚まさせたのですから「ホンマもの」間違いなしです。皆様も機会があればお話してみてはいかがですか。

大切なこと

866bc080.JPG先日、川上村役場・地域振興課の泉谷さんと吉田さんが視察にご来社されました。地域振興課なので黒滝村施設と徳田銘木の現状を見学していただきました。お二人の見学される姿勢と一生懸命な村への熱い思いは感動を覚えました。こんな方々がおられる行政体の未来は明るいと思います。後日、御礼のメールやお葉書を頂戴し、マナーの良さが地域を良くする原動力につながるんでしょうね。本当の意味での「大切なこと」を実践されているのが良くわかりました。お二人の姿勢を拝見し、改めて僕たちも彼らに負けないように頑張ろうという気持ちになりました。

可能性を考えるのが大好き

b96f87d1.jpg設計デザイナーからお問合せをいただいた。「商業店舗内部で木を柱にして、それに色を塗りたいんです。」詳細をお聞きすると、ヾ歟譴よい。▲撻鵐で色を塗る。4チ膾燹で愕笋蠅蓮▲瀬瓠(木の裏側にひび割れ防止用の為、事前に上から下まで1本の直線で鋸での挽き道を入れておくこと。)セ楾後、割れやヒビがこないもの。ν住擦安いもの。などです。うーん、難しいな〜。気持ちはわかるのですが、どうすればよいか?少しお話を聞き、2人に説明をした。もちろん、1人はお問合せいただいた「設計デザイナー」。あと1人は「社内の担当者」。はじめから「そんなの無理だ」ではなく、「何か可能性を考える事が大切。」自分の宿題が増えましたが、こんな事を考えるのが大好きで、完璧は事は難しいかもしれませんが限りなくご要望にそえる提案をしようと思っています。

充実した1日かな?

0b664291.bmp6:30に出社。雑用っぽい事務処理を済ます。 10:30製材所にて建築材料の打合せ。13:00お葬式に参列。16:00大阪に電車移動し、建材業界の社長様2名と懇談。18:30友人の全快祝い宴会。(メッチャ、美味しい大阪・肥後橋にあるイタリアン) 22:30帰宅。こんなスケジュールの1日でしたが、どうかな?内容が充実した1日だったのかな。毎日そのときの積み重ねが大切ですが、こんな調子の「バタバタ貧乏」で終わる可能性も高いかも。写真は、美味しくいただいた「ボナ・フォルケッタ」の料理です。予約しないといつも満席状態です。 http://gourmet.yahoo.co.jp/0006712626/M0027012004/ 
月別に読む
Feedと購読