自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2008年05月

教えられた事

125fa06e.JPG下の町で製材所をしてるおじさんが会社見学に来られました。「長年、木材を販売してるけどこれだけの量を見たのは初めて、凄いね。」って、褒めていただきました。「ところで何年ほど、木材のお仕事をされてるのですか?」ってお聞きしたところ、「だいたい60年少し。」なんと、お歳が81歳でした。「徳田銘木、一度、会社見学行かせてください。」って、言いながらおみえにならない若い人たちに比べ、なんと行動力ある素晴らしい経営者か。現場は自分の目で見ないとわからないからともおっしゃいました。僕が80歳を超えて、とても真似は出来ないと思う。今日は、「前向きな気持ちの大切さ」を教えていただいた1日でした。

ナマの落語

cf04c7e3.JPG友人に誘われナマの落語を聞きに行きました。多分、生まれて初めてだったと思います。当初、時間が遅くから始まるし、疲れがたまってるし、少人数なので途中逃げれそうにないし、お断りしようと思ったのですが、まあ、何事も経験と思い、参加しました。でも、行って良かった。いろいろとよい点はありましたが、はなし家さんの「間の取り方」は、絶妙ですね。言葉に詰まってるのか、じっくり考えてるのか、本当に微妙で上手い間のとりかた、やはり、プロですね。それに比べ僕なんか、「フロ?」ですね。「笑い」は、やっぱり大切ですね。この頃みんな、「腹の底から笑ってる」そんな景色減りましたよね。落語は日本独特の文化のひとつだと思いますがなかなかの初体験でしたね。

「新しい提案」が古くなってた

1b4df4c8.JPG弊社HPにある「新しい提案」の写真がよく見ると古くなってた。やっぱ、時間の流れが早い。「いずれこんな感じで木材が一般住宅に使われるといいな〜」と思って作ったページでしたが、いつのまにかそれを超えていました。HPリニューアルを検討するにあたり、今さらと言われそうですがそんなことが「新しい発見」かな?

やっぱり雨降り

fae275a7.jpg本格的な磨き丸太の製造時期が終わり、機械周りや排水路の大掃除を社員と一緒にしました。「社長自らそんなことすると雨降りまっせ。」って会社前の県道を通る村人にも言われちゃいました。そのとおり、きっちり夕方から雨が降ってきました。実は、天気予報で雨が降るのがわかっててて、それまでに排水路を掃除しておくと、その後の雨でもっと綺麗にしてくれるという計算がありました。どうですか?この緻密な頭脳。(まあ、幼稚園児でも考えれると思いますが。)久しぶりに本気で清掃作業したらしんどかった。ほんまに歳を感じます。「慣れんことしたらあきまへんで」っていう皆さんの声が聞こえてきそうです。「心地よい疲れ」ではなく、本当に疲れちゃいました。

パラグアイVS日本

2c2ef875.JPGキリンカップ『パラグアイVS日本』をテレビで見ました。正直に言いますと今、後半30分で両チーム無得点です。得点は入っていませんが見ごたえがある試合です。(ちなみに僕は、サッカーの事は詳しくはありませんのであんまり真剣に読まないでください。)中村俊輔選手を日本代表として見れるのが嬉しいし、彼はやっぱりうまいと思う。でもそれより凄いのは、『パラグアイチーム』かな。日本に60%以上ボールを支配させながらも失点はしない。やっぱ、南米予選で現時点1位の実力かな。『勝つ』のはもちろん大事ですが『負けない』っていうのが本当の強さでしょうね。会社・経営もそうだと思うんです。ぼろ儲けするよりも、真面目にボチボチ、継続させる事が大切でしょうね。【もちろん、本音は、笑いが止まらんほどぼろ儲けしたいですね。】写真は、本文と全く関係ありませんが、大阪・本町で木材を使っていただいた「まる松ちゃん」のマスターと店内です。この笑顔なかなかでしょう。女性の1人客が多くて、めちゃモテらしいです。

気持ちはわかるが難しい

6864bde1.JPG昨年後半から間伐材・除伐材や工場での端材(はざい)などを無料でわけてほしいとの相談が頻繁に入るようになりました。環境問題・二酸化炭素の削減・国産材の有効利用等、時代にあったキーワードだとは思いますが、でも、ちょっと待ってください。山の中で除伐材として倒してある木をあげるのはいいのですが、出材コストはどうするの?工場の端材でもそうです。中には「長さ12メーターで、末口寸法が12CMで多少節があってもいいんですが、直材で欲しいです。」これって、端材っていうの?気持はわかるんですがなかなか難しいご相談です。その上、「継続性を持たしてほしいんです。」「本当に山の事を考えてくれてるのかな」って、思っちゃいます。(写真は、米松の構造材ですが良く見ると割れてるとこに同じ米松で埋木(うめき)がしてあります。その上、米松自体の目が込んでいること。ここまで高級なものがいるかなって思うぐらい良い米松です。木も上等だし、埋木もほどこし、ここまでハイグレードな施工現場は少ないと思います。

技術の継承

7418e476.JPG木材をご購入いただいた建築現場を見学させていただきました。丁寧でキッチリとお仕事をされてるのに驚かされました。このような建築業者さんとご縁があったお施主さんは幸せですね。大変なことだと思いますが、是非、こんな高い施工技術の継承を今後ともお願いしたいです。【補足】加工場の道具の整理・整頓が行き届いてました。そして、多分、僕を迎えてくれるためにわざわざ少し早いうちに部屋のクーラーを入れてくれてて、その上、冷たいお抹茶とおシボリを準備されていました。工事風景のアーカイブもきちっとデジタルデータで整理されていました。社長のご指導もあるのだと思いますが担当していただいた女性の気配りも素晴らしかったです。総合的にバランスのとれた会社だと感心させられました。

商品は特注、価格はリーズナブル

cea118a6.jpg【reasonable】を調べました。すると、『納得できる/妥当である、の意味だが、現在の日本ではほぼ「価格が安い」の意で用いられる。(?)』わかるような、わからんような説明です。今日お客様から12Mの杉の磨き丸太の「背挽き無し・3本・即納」でご相談いただきました。通常、木の裏側には、割れ止め防止で背挽きを入れます。でも今回はそれがない物。在庫にはなかったので検討した結果、山から今すぐ出すしかない。苦労\擇詭擇鮹気喉道に面した自社林に有った為、すぐ取り掛かれました。伐採・搬出は?→山のプロがいます。クレーン付きトラックで早速、伐採・搬出・積み込み。I縮未糧蕕爐→工場に製造のプロがいます。すぐ加工。で杼→全国への配送システムが出来ています。こんな山奥の会社でもすぐ対応出来るんですよ。でも、最後に大きな問題がひとつ、それは、【reasonable】な点かな。

大阪企業家ミュージアム

4bc54058.jpg「大阪企業家ミュージアム」に行ってきました。http://www.kigyoka.jp/index.html
正直、昔は大阪があんなに隆盛だったとは知りませんでした。当時、経済界を中心に活躍された人達を紹介する資料館です。松下幸之助(松下電器産業)、井植 歳男(三洋電機)、大林 芳五郎(大林組)、竹中 藤右衛門(竹中工務店)、武田 長兵衞(武田薬品)、塩野 義三郎(塩野義製薬)、森下 博(森下仁丹)、水野 利八(ミズノ)、鳥井 信治郎(サントリー)、江崎 利一(江崎グリコ)、吉本 せい(吉本興業)など、105名の企業家の紹介コーナーがありました。そんな広い展示場ではありませんがなかなか見ごたえはありました。ここに来ると会社経営者は「勇気・元気・ヒント」をいただけるように思いました。まあ、皆さん、だまされたと思って一度見学に行かれたらいかがでしょうか。

時代の変化が早い

0dd447f9.jpg木材業界は、時間がゆっくり流れているように思っていました。でも、違った。すっごく、早い。弊社のHPも現状により整合性のあるリニューアルの準備に入りました。

新潟の堀川さん

21adc007.jpg20年ほど前に知り合った、新潟県の堀川さんに当時、教えていただいた3つの言葉が今でも僕の考え方の基本にあります。それは、『/佑里擦い砲垢襪福∧仕の精神を忘れるな。常に前向きであれ。』でした。あの時、堀川さんにお逢いしていなければ僕の生き方のスタンスは変わっていたかもしれません。もちろん、まだまだ実行出来てるとは決して思ってませんがいつも心がけているつもりです。人との出会い、ご縁って大切ですね。

息子からの贈り物

0a25ae68.jpg長男が社会人になり、初任給でプレゼントが贈ってくれました。両親への短い感謝の手紙、CD「大橋卓弥/ありがとう」、ハンカチ、そして現金1万円でした。ハンカチは、僕のリクエストで以前に機会があれば欲しいって彼にお願いしていました。なぜって、それは、「いつもズボンのぽっけに君がいるから」。僕の車には、二男が16年前、幼稚園のときに作ったごみ箱が置いてあります。いつも彼と車で走っているんです。今まで仕事のせいにして子供と遊んだ記憶はほんのわずかです。気がついた時は、もう子供が親とは遊んでくれなくなっていました。過去はどうもできませんがこれからは出来る限りそういう時間を大切にしようと思っています。

エコバッグの意味

5cff3170.jpgやっと今日わかったことがあります。「エコバッグ」って「エエことするバッグ」の意味だったんですね。(すいません、あくまで自分勝手な解釈です。)ところで、ビジネスだけが目的で「エコ=エゴ」が多方面で見え隠れします。根本から本気でエコを考え、実践するってどうすれば良いのでしょうね?

嬉しいような、申し訳ないような

fbf7b38d.jpg昨日・今日と黒滝村のこんな会社に「奈良市・三重県・富山県・大阪府」から御来社いただきました。わざわざ時間やお金をかけて山奥の会社に来ていただき、嬉しいような、申し訳ないような気持ちです。せっかく来ていただいたのですから何かを持って帰っていただこうと思っています。電話・FAX・インターネットもありますがやっぱり現地・現場の空気を味わってみないとわかりません。大したことは何もできませんが一生懸命対応させていただくことが何よりのお土産だと思っています。写真は、鹿児島県にある建物ですが、屋根部分に杉皮を使用されててそのリニューアルのご相談をいただきました。写真を拝見するとコケで古びてようになっていますがそれはそれで味があって僕はそのままでも良いように思いアドバイスさせていただきました。電話を切ってから、「あんなこと言ったら自分の商品売れへんやん。」って、ことに気付きました。

細木数子さん「六星占術」

a9a3283e.jpg『細木数子さんの6星占術』によると、今日は「立花・安定」で最高潮の運気日と書いてありました。朝、こんな文書をみると「今日も何か良いことがあるのかな?」ってわくわくです。そしたらどうでしょう。不思議と仕事ははかどるし、新しい出会いはあるし、当たるんですね。そのうえ、商品開発のキーワードも入手出来るし、他には文章に書けない良いこともありました。出会いとしてはは、京大大学院のI君、初めてお電話をいただきましたが、彼の研究テーマが弊社の事業プランと合致していました。早速、今週中にお逢いし、もっと深くいろんなお話をする予定です。また、東京の出版デザイナーS女史。仕事で初めて電話とメールでやりとをしましたが彼女の能力の高さの一端を知ることが出来ました。Iこんな出会いも今日を代表することなんでしょうね。まあ、運だけで生きている僕にとって、毎日が「最高潮の運気日」みたいなものですが。

山の現状(へり出材)

50478977.JPGヘリコプターで山から木材を搬出しています。少し写真の説明をします。ゞ覆っている木材ですが1回あたりに吊れる「可能な重量」まで長いまま土場に出し、それを既成寸法に短く切り、まっすぐな木材にして原木市場にトラックで出荷します。▲悒螢灰廛拭爾らつられているワイヤーが長いのは、間伐で立木の残っている隙間にワイヤーを降ろすため、短すぎたらヘリが立木=山にあたり墜落しちゃいます。だからあの長さと高樹齢の山ほどワイヤーを長くします。ヘリチャーター料金は、1分間5,000円程度ですがヘリの大きさ(吊れる重さが変わります)や、契約内容により変わります。そのため、ヘリ代金以下の木材は山から出せません。て鷸晴獣坐悩鏝困鯑Г泙─環境問題で「間伐材促進」の議論をされますが、その間伐をするために、立木の伐採はチェンソーを使い、搬出にはヘリでジェット燃料を使い、それをトラックでまた化石燃料を使い、結果、山の木で利益はほとんど出ないのに燃料消費の数値だけはどんどん上がる。そこんとこを理解された上で議論をしてほしいですね。1枚のヘリ出材の写真ですがいろんなことが隠されています。

商売の秘訣を見た

d6b30e01.JPGここんとこ、地元ではまってるお店があります。『食堂楽』というお店ですが、中華料理と焼肉が主です。45年ほとんど改築もしないで続けているそうですが、いつもお客様でいっぱい。量が多い、味が美味しい、値段が高くない、こぎれい、愛そうがよい、明るい、元気。鈴木センター長とも行ったし、古川君とも行った。ビールのジョッキがめっちゃ大きい。中華料理1人前頼むと家族で十分つまめるぐらい(怒るぐらい大盛り)の量の多さなんです。飲食関係も不景気の話を聞きますが、ここは別。特別なことはしていません。先ほど書いたことぐらいで、当たり前のことですがそれを一生懸命することが商売の秘訣なのかもしれません。希望者は連絡ください。僕の顔で、交通費は個人負担でメシ代はワリカンで行きましょう。

『最高の人生の見つけ方』

ac2ec247.jpg映画『最高の人生の見つけ方』を見て来ました。http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンがW主演で、タイトルもエエし、テレビはじめいろんなメディアでコマーシャルしてる。これは真っ先にとばかり封切り日の朝一番に行ってきました。ストーリーと感想は、これから見る人たちの為に内緒。ところで原題「The bucket list」(棺桶リスト)が、日本にきたら『最高の人生の見つけ方』になりまんねやろ。

ええ話、見っけた

2f0a034a.jpg8日付の東京経済ニュース「経営は心」を読むとええことが書いてありました。
http://www.tokyo-keizai.co.jp/kokoro/

『暗中模索』 
「今迷路の中 しかも真っ暗な光ひとつ見えない中で もがき苦しんでいる 幾ら手を伸ばしても何も掴めない ただ闇が広がっているだけ 不安で不安でどうしようもない状況に追い込まれている人へ こんな経験は誰もがするものだ 名経営者もみな経験している ここで焦ってはいけない もがいても何も解決しない がむしゃらに前へ進むことは誰にでもできる しかしそれは非常に危険だ 何も見えなければ そこに座り込めばよい 闇の中に一人ぽつんと座り込んでいると 頬にあたるかすかな風 そして小さな音が聞こえてくる 目が慣れてくると微かな明かりも見えてくる 暗中模索のときは座り込む 心静かに瞑想する時間も必要なのである 振り返ったとき 多くの困難に立ち向い闘った苦しい日々がいかに充実していたかが解るだろう。」 京都の高林さん、なんか仏様の世界みたいですね。

政治わからん人が読むブログ

316d81d6.jpg政治はようわかりません。特に政治家の話、本当にわかんない。テレビでの国会議員の討論会は、特にひどい。小学生でももう少しましな議論が出来るように思う。立場が悪くなると他の人の話を聞こうとせず大きな声で高圧的に話しまくる。国民の事を考え、国民のほうを見てとおっしゃっていますが、本音は全く見えない。なぜ僕が政治に弱いのか?たぶん、理由のひとつに会話における変化球やくせ球がダメなんです。直球は得意としているのですがね。そんな僕に、助け舟が現れました。後輩ですが政治の世界の裏話にくわしい。「こんな見方・考え方があるんや」。その彼が少し前からブログを始めました。「貴方のブログが面白いのでみんなに伝えていいかな?」って、言ったのですが、少し待ってほしいとの返事でした。やっと、今日、彼の許しをいただき、URLを公開させていただきます。彼は、僕より10歳年下の40歳です。政治家ではありませんし、そんな活動をやってるわけでもありません。純粋にブログを書いているだけです。もしかしたら政治オンチの僕の為にね。http://blog.livedoor.jp/axis07/  たとえば、4月29日のブログ「聖火リレー秘話・青山祐子の大冒険」「NHKの夜の顔となった青山祐子とは、何者か。・・・・」ここを見ただけでも驚きです。
月別に読む
Feedと購読