自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2008年07月

こころが落ち着く

8540b232.JPG出張中です。昨日は、T支店長の甘い言葉につい安請け合いをし、セミナーの講師?をしちゃいました。その上、2次会では、若いT君と盛り上がり、酔っちゃいました。でも気持ちよい時間を過ごさせていただき、感謝、感謝です。今朝、始発特急で橿原神宮前を発ち、東京にいます。大都会は正直しんどいのですが、ここは違う。いつも東京に行くと『門前中町』に宿をとります。不思議とこころが落ち着く風情が残っているんですね。明朝、5時から東京ビッグサイトで展示会の設営準備ですが、以前枝が付いたままの吉野杉・100本持ち込み、自社ブースの周囲にたてました。すると殺伐とした広い空間のなかでそのブースだけがこころ落ち着くんです。「門仲」も「杉の木」もどこか人のこころを癒してくれるンでしょうね。DSC03182DSC03180DSC03188

バタンっと、なりそう

c51261ca.jpg土曜日、金沢から24:00前に帰宅。日曜日、早朝から亡父の3回忌の準備・本番そしてお参りいただいた皆さんと食事会。帰宅するともう夜。アカン、気持ちだけは若いけど身体がついてイカン。【ちょうど子供の運動会でおとうちゃんが子供にエエとこ見せようと思い、リレーに出て、コーナーを回るときに頭脳はカーブなのに身体はまだ直線でそのままコケチャウようなもの。すいません、長い説明でした】今日、月曜日は朝6時30分に黒滝村に出社、(会社、久しぶりなので書類の小山)朝礼をし、簡単な打合せ後、四国からの友人を迎えに橿原市へ。彼と製材所を2箇所回る。暑い。15時半に駅で見送り、明後日の講演会場での機材の打合せ。パソコン苦手の僕がモニターを使い、講師を。皆さんに失礼にならないように、一応、真剣に聞く。その上、今月末までに大型展示会への出展申請(審査があるんです)。その締め切りに追われながら、ブログ投稿。なんと、その申請書は、日本語と英語。不真面目な英語は得意ですが真面目なのは、ダメ。すぐ、帰国子女にお願い。ホンマにいつ真剣に仕事してるのかなって、思いながら頑張ってる今日この頃です。先日も出張が続き、僕がブログを数日休んだら、電話で「パソコン、壊れたの?」って、お問い合わせをいただきました。嬉しいような、ケツを叩かれているような、変な気持ち。でもね、息抜きといつも見守ってくれている皆さんへ近況を伝えることが出来るブログは、いいもんですね。

金沢らしさ

7a9ccfd3.JPG石川県金沢市に来ました。せっかく金沢に来たのでブログ写真にアップしようと思ったのですがなかなか「金沢らしさ」が見つかりません。そのとき、ホテルの窓から外を見た瞬間、ありました。

大切な人

dfa3c586.jpg僕には大切な人がたくさんいます。もちろん、皆様もそうだと思います。家族、社員、友人などなど。その中で、「お客様のご都合で・・・」とアナウンスが流れ、携帯電話が通じなくなる大切な人がいる。彼の才能は、尋常ではない。博学でありながら自然体でいて、物事の根本を考えてプラン、実行する。僕もそんな事が大好きなので彼の素晴らしさが理解できるのです。いつ日本から脱出するのやら、いや、世界のどこにいても連絡が取れたらいいんです。まだまだお互い頑張ってもっともっと「おもろい事」を一緒にしたいです。

檜皮(ひわだ)の屋根屋さん

4f46397c.JPG桧の皮を使い屋根を施工する伝統的な施工「桧皮葺(ひわだぶき)」以前からお問い合わせや興味があり、やっと本物の職人さんに合う事が出来ました。家業として、約700年続いてるそうです。作業場、施工現場で詳しく一生懸命説明をしていただきました。ここなら僕も自信をもってご紹介できます。イメージはしていましたが本当に大変根気と技術が必要な作業です。DSC03140DSC03143DSC03148

長崎は、今回も「バタバタ」だった

長崎に行って来ました。歌にあるのは、「長崎は雨だった」ですが、僕は「バタバタ」でした。でも、独特の長崎らしい空気は十分感じました。行きは、トラックでフェリー、ホテル1泊し、夜行高速バスで京都に翌朝8時に着きました。後ろのお兄ちゃんが足が長い人で、座席を何回蹴られましたやろ。それに引き換え、僕の前方は余裕の空間でした。DSC03131DSC03133DSC03129

中村 俊輔選手

d39ca355.pngやっと手に入れた中村俊輔選手の本「察知力」。なかなか,『お-もろい』。5月に初版、7月で6刷、10万部突破というからすごい売れ行き。¥ 777 (税込) 僕が普段思ってることが本に書いてあって、笑っちゃいました。

間伐作業(動画)

山の現状を知っていただくため「間伐作業の様子」を展示会場などでテレビモニターでながしています。
http://jp.youtube.com/watch?v=lN4Oq_KWn2k&feature=related 31085086.JPGbf765064.JPGe031ac10.JPG

野草園

91fefd8b.JPG僕が生まれた黒滝村鳥住地区で「百貝ヶ岳野草園」がオープンしました。園主は、トリスミ集成材蠅粒本相談役で、80歳を超えておられるのですが本当にお元気です。現在でも公私ともにお世話になってて、今日は、母と共にオープニングにおうかがいしました。自然の中の山野草を手入れされるって大変な作業です。改めて貝本さんの山に対する熱い思いを感じました。DSC03105DSC03102DSC03113

少し贅沢かな

54eb5336.JPG吉野家に行った。少し贅沢な注文を。これで520円、なぜか嬉しい。(余談ですが、後で入ってきた青年が「ごはんとけんちん汁を頼んでいました。吉野家でごはんって単品があったんですね。ちなみにごはん単品130円だそうです。)

『温故創新』

206ba0a9.jpgサミットで福田首相がその言葉を使われたらしいのですが、僕は既に、1995年JC木材部会長の基本理念で「温故創新」を掲げていました。母校の校訓が「温故知新」で座右の銘のつもりで、当時(現在もですが僕の日本語アドバイザーの坪田女史=彼女は、素晴らしいコピーライターです)にアドバイスをいただきました。彼女も「よくよく考えると新しきを知るだけよりは、創っていかないとね。」って、言ってくれてたのを覚えています。それから13年後、福田首相が僕達を見習って?「温故創新」を説いてくれました。やっと時代が追いついてくれたんです。(いつまでたっても幸せ者のトクちゃんがここにはいます。)DSC03098DSC03096桧2

リカバリーする?

1020dcb2.jpgパソコンの調子が芳しくなく、SONYに問い合わせたところ、「復元機能」を教えてくれました。これって、すごいですね、パソコンの環境が指定された日に戻るんですね。教えていただきながら、いざ、実行。ところが何回やっても画面に「復元不能」が出ました。電話の向こうから「あとは、リカバリーしかないですね。」言葉は知っていましたがやったことはありません。データはもちろん、メールやお気に入りやすべてが白紙状態になるわけです。言い換えれば「買ったときの状態=新品」になるわけです。パソコンは高価なものですから捨てるわけにもいかず、結局、教えていただきながら「リカバリー」をしました。当たり前ですが「新品」になりました。うれしいような面倒くさいような複雑です。その時、ふっと気づいたのです。「人生もリカバリーできないのかな?」復元機能で指定された年月に戻るのもありーの、リカバリーで生まれたての赤ちゃんになるのもありかな?」だけどね、やっぱりよくよく考えると何回リカバリーしても自分は自分の生き方しか出来ないんでしょうね。【今日、7月7日は、洞爺湖サミットの初日でした。もしかしたら各国首脳も「復元やリカバリー」が出来たらいいのになーに思ってるかも?】200px-Angela_Merkel_24092007100px-Lula-Sarkozy-cropped200px-George-W-Bush

色気のない「スライドショウ」

060e4e6d.JPGスライドショウをアップしました。個人的には、もうちょっと色気がほしいのですが・・・・   
施工例  http://pics.livedoor.com/u/hiro19579/album/slideshow/27300 
商品在庫 http://pics.livedoor.com/u/hiro19579/album/slideshow/123102
製造   http://pics.livedoor.com/u/hiro19579/album/slideshow/123103
山林   http://pics.livedoor.com/u/hiro19579/album/slideshow/123104
69DSC02810DSC01623CIMG0579

ログハウス 清水屋さん

三重県でログハウスを建築されている清水屋さんをご紹介します。http://www.shimizuya-log.com/shimizuya.htm  創業は大正7年と古く、材木・建材・集成材・銘木など住宅資材を熟知されてて、それをベースに現在、お客様から信頼のおける「ログハウスメーカー」としてご活躍されています。いつも感じることですが、お父様の事業に対する真摯な姿勢とご子息の海外でのログをふまえた建築知識やまじめに広報誌を継続されている姿には感動さえ受けます。ログハウスはもちろんですがこれから住宅を建てようと考えておられる方、家は高価な買い物ですから、ご相談、アドバイスを受けられてから判断をされるのもよいと思います。なんせ、気さくな方々です。柱親柱飾り柱

大河内山荘と宝厳院

d9b55c29.JPG京都・嵐山にある「大河内山荘と宝厳院」に行ってきました。初めての見学でした。建物とお庭を見たかったのですが両方とも素晴らしかった。僕たち材木屋は、つい「木材だけを見る悪い癖」があるのですが木材だけで家は建ちません。土、石、紙、竹などの素材と施工技術が必要です。そして、お庭や周囲の環境とのバランスも大切です。その施工技術と建物・お庭の手入れも行き届いてました。美しいものを見た感動と継続した管理に感心させられた1日でした。寶厳院DSC03076
月別に読む
Feedと購読