自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2008年10月

東京・青山の夜

324f9839.JPG夜、東京・青山を1人で歩いていました。すると高級そうな外車が1台止まり、LADYがひとりおりてきました。目の前のラーメン屋さんに入ったのです。「なんかイメージちゃうな〜」と思いながらも、「そんな美味しいお店なのかな?」と僕もついご入店。カウンターだけで12席で、「お店の人にお勧めは何?」って聞くと、「赤味噌ラーメンとチャーシュー丼」。「じゃー、それ」って、頼んだのがこの写真です。ホント美味しかった。J社、鈴木くん。今度、ご一緒しません?もちろん、僕の紹介、あなたのおごりでね。(注.蕁璽瓮鷦命燭涼罅△里蠅稜鬚な源は、玉子の白身だそうです。注∪茲貌ったLADYは、僕の倍以上のスピードで一気に食べ、つまようじをくわえながら飛び出して行きました。)

外国の人、大好き

7f2a13b6.JPG「100%tokyo」は、外国の人がやったら多い。我が黒滝村では1年に一人見ないのがほとんど。今日は、当社ブースにも大勢お見えになるが僕の英会話では、ほとんど意志の疎通がとれない。以前に「ブース・デザイナー」から、「パネルやパンフレットに英文を入れときましょか?」って言われたのですが、「入れるのはいいけど誰が対応するの?」で終わっちゃいました。でも、個人的に外国の人、大好き。白黒はっきりしてるし、自分を持ってるように思う。デザインでもそう。信念がある。正直でわかりやすい。やっぱり、今回、出店してよかったと感じる瞬間です。

開催前日

075050fc.JPGいよいよ「100design東京」の開催が明日になりました。初めて会場に来ました「よくわからんけど、なんか凄い」。

デザインをテーマに世界中に情報発信してる、安多君がHPへ掲載してくれました。
http://veneer-design.blogspot.com/

僕はそんな深いこと考えていませんが彼の文才により、えらいタイソウな紹介になっとります。
 
準備準備1準備2

枝うち

bc810fa5.JPG枝打ち作業中です。これでハシゴの高さが5M+3Mぐらい登っててあと腕の長さですから、合計9M枝打ち作業かな。もちろん、僕は高いとこはダメですからとてもとても出来ません。そのうえに、上で重心を身体の少し後ろがわにかけないと前向いて立木ごとグンニャリ曲がるんです。そのうえ、僕だと枝打ちの手より、お腹が木にあたっちゃうしね。こんな苦労をしてもらっても木材として伐採されるのは10年以上さきです。でも、いいんです。木が綺麗になり、山の景色が良くなり、見ていただくみんなの気持ちが良くなるんです。お金はもちろん大切ですがそれ以上に得るものがあるんです。

本当の優しさ

パソコンは苦手というか難しい。そんな僕たちをサポートしてくれてるS君がいる。HP制作、ブログ・フォトログなどの環境設定すべて彼がしてくれた。だけど、その彼の「本当の素晴らしさ」は、僕たちのレベルを考え、環境を整えて、あとは自分たちでもやれるようにしてくれることです。本来なら「お金儲け」を優先するのですが彼は違う。「やりたいことがあればすべてこちらでやりますよ。」ではなく、「こうしておけば後は自分たちでできるでしょう。そうすることで今後、発展・展開が出来る。」これこそ、『本当の優しさ』だと思う。今回、別のサイトへのアップが必要だったのですが彼が過去に予測してくれたとおり、弊社のレベルでもクリアー出来た。彼に感謝すると共に、僕達もその気持ちで皆さんと接していきたいものです。本当にありがとう、S君。

100% Design Tokyo

e6ff9b5c.jpg『100% Design Tokyo 』に出展します。今からワクワク。どんなデザインや人たちに逢えるのか。弊社商品はどう評価されるのか。イメージしただけでうれしくなります。(こんなとこに出てもええんかなって思いもあります。)


【100% Design Tokyo】
http://www.design-channel.jp/pubTDWEventList.do

【出展カテゴリー】
http://www.design-channel.jp/pub100MaterialAndDetail.do

冬の時代が来る前に

d1e71ea5.JPG会社の臨時朝礼でふたつの話をしました。ひとつは、「冬が来る準備」、もうひとつは「冬の時代が来る準備」でした。「冬が来る準備」は、磨き丸太製造期に入るので機械のメンテ・原木置場の改修・山林の間伐や手入れ、伐採、搬出の準備などでした。問題は、「冬の時代が来る準備」です。現在とは比較できない厳しい経営環境を想定し、そのための具体的なプランを伝えました。3分ほどの短い話ですが、大切なことだと思っています。(写真は、山の調査に出かけたとき、80歳手前のおじちゃんがモノレールを使い、ひとりで木材を出してきてる現場に遭遇しました。お元気だし、前向きだし、まだまだ僕たちも負けられません。)

腹八分目

f960dbd8.JPG今日、久しぶりに鈴木センター長と電話でお話をさせていただいた。いつもながら彼はすごい。何が凄いかというと「すごさを感じさせないすごさ」があるんです。肩に力が入ってるようで入ってないし、本当は賢いのにそれを表面に出さない。そんな彼と久し振りにお話を。「先日のあのブログの内容、もっと教えてくださいよ。」って言われ、僕は瞬間考え、「腹、八分目って言いますやん。全て知っちゃうより、もうちょっとで知らないほうがええんちゃいます」って、お茶を濁しておきました。実のところ、彼の「すべてを見通すような才能」におびえている僕がいるのかもしれません。それほど彼は凄く、素晴らしいのです。ああ、早く彼とビールを飲みながら馬鹿な話をしたいもんです。(写真は、建物まんなかに杉の磨き丸太を大黒柱として使っていただきました。)

ほんま、そのとおり

本日付の東京経済「経営は心」にええ事が書いてありましたので紹介させていただきます。
『本質は逆境に見えてくる』
堀江謙一青年が小さなヨット『マーメイド号』で太平洋単独横断に成功したのは44年前 何度も転覆しながらゴールデンゲートブリッジを通過した その感動の名著が『太平洋ひとりぼっち』である その後 単独無寄港世界一周などで冒険家として世界的に知られ イタリアサンレモ市より「海の勇者賞」を受けている その快挙を支えるヨットは転覆してマストが海底を向いても達磨さんの如く起き上がるようになっている さらに風上に向かって45度の角度で前進できる それでもチャレンジ用の新艇が進水すると 堀江さんは西宮ハーバーを出航し和歌山県潮岬沖に出かけ あえて嵐の中でテストを繰り返すそうだ 嵐の中でこそ船の持つポテンシャルが見えてくる 弱い個所 問題を起しそうな個所は極限状態の中で発見できるという 会社の強さ弱さ 経営者の強みや弱点も順風満帆の平時には見えてこない 危機に直面した時にその会社や経営者の本質が見えてくるものである。

うちの場合いつも『逆境』だから・・・

楽しい板

72652d82.JPG高野槙の板ですが「こんなカタチ」は、製材でどんな取り方をすればいいかわかります?

けやき大木

3f176885.JPGけやきの大木を友人が山から出してきました。利用方法や販売先に関し、相談を受けました。長さ7M×太さは、・・・相当太いです。真ん中に大きな穴が空いてて、これをどのように利用できるかがカギになりそうです。横車対比車対比2

企業間格差

今、自分の周囲で驚きの勢いで企業間格差が出てきています。例えば、製材所。特殊材の大量在庫・製材技術を有し、ユーザーの納期や予算に対応し、毎日がバタバタ。そのうえ、木材を大量に使う「歴史的大型物件」の実質的な納入業者になり、またまた忙しい。工務店さんもそうです。めっちゃ坪単価が高く、ハイクオリティー・ハイプライスで「良いおうち」を建ててる会社ですが、建築依頼が殺到し、お客様に順番待ちをしていただいているそうです。あの超有名、超多忙なテレビ司会者もそのおひとりです。木材市場でも起こっています。昨年対比、200%売上だそうです。社長はじめ社員の努力のたまものです。僕たちはお元気な人たちとお付き合いすることで「少しでも元気とおこぼれ」をいただければありがたいのです。自分たちが元気でないとないとなかなかこんなご縁ができないんですよね。ほんま、ええとこいっぱいありますよ。

やりがいのある時代

ワクワクするやりがいのある時代になりました。正直な気持ちです。一生懸命、前向きに考え、勇気をもって行動する。個々のセンスが重要でしょうね。ゆっくり落ち着いて「自分自身が得意とすること」や「気持のよいこと」を行動にうつすと自然と良い方向にむかいます。本当ですよ。一人ずつ、エエとこ必ずありますから。

山林の手入れ指導

15120b57.JPG自社所有林の手入れ(枝打ち、間伐、除伐など)のアドバイスを奈良県指導林業家・上田さんからいただきました。第三者から別の角度での御指導は良い勉強になります。早速、出来るところから着手する予定です。木材商品の販売は大切ですが一番基本にある山づくりを忘れるわけにはいきません。

森林ボランティア

2c123496.JPG奈良県森林ボランティア20数名の方々が研修で御来社されました。皆さんの熱心さと木材を熟知されてて驚かされました。少しでも山の現状、木材のことに興味を持っていただけることは有難いことです。

秋の空

308d205c.JPG朝晩、涼しさをこえて寒くなりました。空を見ると「秋らしい雲」だったので写真におさめました。こんな気持ちになるのは、秋のせい、それとも歳のせい?

毎日がマイペース

飛騨高山から朝2時に起きて、ご夫婦で黒滝村まで会社見学に来ていただきました。ご主人が60歳でお二人仲がいいんですよね。(うらやましいもんです)世界中、不景気な話が多い中、この社長の会社は本当に大忙しだそうです。会社見学後、吉野山で柿の葉寿司をご一緒に。その後、「君んとこ面白いからまた来るよ」って、言いながら、1直線で高山にお帰りになられました。「そんなハード・スケジュールでお身体大丈夫ですか?」ってお聞きすると、「毎日がマイペースです」とのことでした。すごい人、凄い会社はまだまだ日本中におられるんですね。楽しいですよ、こんなお元気な人とお会いできることが。

靴みがき

5225f394.JPG久しぶりに靴磨きをしました。仕方がよくわかってないのですが、やるとなかなか気持ちのいいもんです。ついつい娘の靴もクチュクチュ。娘が高校1年生で皮靴はいてるんです。(気持ち悪いと言われそうで、娘には内緒で磨いたのでした。)ただ磨いた後も、靴に変化がないのはまだまだ靴磨き屋さんにはなれないですね。

なんでやねん

今朝のフジテレビ「めざまし占い」によると僕・おとめ座は、11位、携帯サイトから送られてくる「細木数子さん六星占い」では最高の1日です。「なんでやねん。」とふと思ったのですが、ようは、「まあ、今日も1日いろいろあるやろけど気をつけて頑張りや」ってことでしょう。

気が充実してたら風邪なんて

「気持ちが充実してたら風邪なんかひかないよ」と、思ってた僕自身がひいちゃいました。以前、みんなに言ってなくってよかった。身体がほっかほっかするので体温計で計ったところ38,8℃。すぐ近所のお世話になってる病院に行き、見ていただくと「風邪ですから2,3日養生してください」とのこと。「先生、平日は、なかなか会社休めません」って言うと、「君がいないと会社前向いていかないの?」と一番気にしてることを言われて「そうですね、いなくっても大丈夫ですね。」こんな事をお話できるお医者さんが近くにいてくれて安心です。気を張り詰めて仕事するのは良くないけど、僕のように気を抜きすぎるのもよくないかもね。
月別に読む
Feedと購読