自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2009年01月

駒野選手と息子

6638379f.jpg息子がサッカー日本代表の駒野選手とトレーニングを一緒にしたそうです。

「どんな感じやった?」て聞くと、

「身体がめっちゃ頑丈で筋肉のかたまり」。

当たり前ですが、トレーニングを真剣に一生懸命してたのが

強く印象に残ったそうです。

一流の選手にお逢いでき、息子にとって何事にも代えがたい経験が出来たと思います。

速報≪本当のアメリカ≫

友人の根本君が今、アメリカに行っています。
「内緒」で、彼のアメリカ・レポートを紹介しちゃいます。
(大丈夫、彼の弱みを僕は握っていますから)

タイトルは、『アメリカは、まだまだ元気だった!!』

22日より、NAHBショウ視察、及びアメリカの住宅市場の視察に来ております。
  http://www.knt.co.jp/wt/cose/d03_2.html
西海岸沿いのせいかも知れませんが、日本で報道されているより
何処に行っても、まだまだアメリカは、元気のように感じております。
ただ開発住宅地域には、For Sallの看板が見受けられるのは事実で
サブプライムローンがはじけているのも事実です。
2007年7月に視察に来たときは、実際サブプライムローンがはじけて
売り看板が見られましたが、日本では、安部首相の参議院選挙一色で
何の報道もされていませんでしたが、そのとき現地では、大変な事に
なると説明を受けておりました。

病んでいるはずのアメリカが、想像していたより元気なのには、
正直びっくりしまりした。

日本の、マスコミ報道に振り回されないようにしなければならないと、
思いました。また、やっぱり百聞は、一見にしかず、ですね。

ただ、NAHBショウを視察して、感じたのは、以前より、環境対策についての
出品が多くなったように思いました。
環境ビジネスが本格的に、動き出したように思えてなりませんでした。



わざわざアメリカに行かなくても手に取るようにわかります。
メディアの「アメリカ報道」、何が本当なんでしょうね。

それと、実は、彼からの「ナイト・レポート」、
もっともっと、文章に書けないぐらい凄いので、・・・書かんときます。

銘木組合総会

16ff398c.JPG黒滝村銘木組合の総会がありました。

冒頭、奈良県銘木協同組合・貝本理事長の御来賓スピーチが素晴らしかった。
約45分間、原稿も見ずにお話されました。

「業界の現状」と「未来へのキーワード」

今年、80歳になられますが、全くそれを感じさせない中身の濃いお話で、

人生・業界の大先輩の知恵をお借りし、もっと頑張ろうという気持ちになりました。

損をしても正直がいい

『正直もんが損をする』って言葉がありますが、

『損をしても正直がいい』



「自分らしさ」が最高ですね。



隠居生活

友人に「隠居生活をしたいな」って話したところ、

「ずーと隠居してるのとおんなじやん」って、言われちゃいました。

そんなことはないやろと思い、他の人たちに聞いてみると同じような答えが。

言われてみると自分自身もそんな気が。

鈴木センター長もそう思う?

氷河期

1f0b2732.JPG今朝、会社駐車場の写真です。

天気も景気も氷河期

ちょっと、待てよ

『自民への不満、民主への不安』

この言葉は、小泉元内閣総理大臣秘書官だった、飯島 勲さんの言葉です。

飯島さんらしく、上手い表現で、国民の思いを表わしています。

今、腹が立つぐらい、政治が情けない。

だけど、ちょっと待てよ。

その国会議員を選んでいるのは、われわれ国民ですよね。

もしかして、一番情けないのは、自分たちかも。

山口県の流田さん

メールをチェックしてるとnagaretaという発信者名がありました。

いたずらメールかな?とも思ったのですが一応開けてみると、
なんと10数年振りに山口県の流田材木店社長の流田さんからのものでした。
http://www.axis.or.jp/~woodnet/html/nagareda/index_nagareda.htm

メールでのご依頼は簡単なものでしたのでメール返信をとも思ったのですが、
声が聞きたくて電話をさしあげました。
10年以上たつのに全然変わらないお人柄。
やっぱ、直接電話でお話して良かった。

僕は、全然とりえがない人間ですが日本中(少しは世界にも)友人達がいます。
彼らの共通点は、腹を割って話せ、信用できることです。

例えば、飲み物が入ったグラスが二つある。
ひとつに毒が入ってるとします。
僕の友人が「こちらは大丈夫」と言えば、必ず、僕は全て飲み干せます。
それが僕の友人達の共通点です。

今回の流田さんもそうです。
山口県で材木を買う、家を建てるなら間違いなく信用できます。
僕が、保障します。

くじけるな、

今日、ラジオを聞いてると、「くじけるな、いじけるな、泣くな」という言葉が聞こえてきました。

「不景気で元気をつける話かな」と最初思ったのですが、違ったのです。
声の主は、通称「エレキの神様」と言われている寺内 タケシさん(1939年生まれの約70歳)

放送局はNHKで,寺内さんはじめ大病を経験された出演者の皆さんが視聴者の為に、「勇気・元気・前向きさ」を与えてくれる番組でした。

約1時間ラジオを興味深く聞きました。
ホント、いい番組でした。

病気も景気も同じかもしれません。
『くじけるな、いじけるな、泣くな』

寺内さんの座右の銘は「ギターは弾かなきゃ音が出ない」

「仕事も病気も前向きに何もしなければ、前には進まないんです」

五十棲さんに大感謝

カリスマ・コンサルタントで有名な船井総研・五十棲さんのisozuminoteは、本当に勉強になります。それも無料です。http://www.isozumi.com/

先日もその中で「紳竜の研究」というDVDの紹介がありました。

「五十棲さんがこれほど推薦するんだったら」と思い、早速amazonで購入

正直、びっくりした。

伝説の漫才コンビ「島田紳助・松本竜助」の底の深さ

「自分がまだまだ出来てない」ことを痛感させていただいた

こんなええ情報を毎日のように発信していただける五十棲さん、
本当にありがとうございます。

息子にも早速連絡をとり、父親として彼にプレゼントしました。

そんなDVDです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000OQDSRC/takeshiisoz02-22/249-4360690-5685126

お互いが認め合う

以前にご紹介した、『すっごい鍼灸の椿庵先生』に久しぶりに治療?していただき、驚きの元気回復をした。正直、怖いくらい。

ところがその先生、半年ほど前に「高度先端医療」で手術をしたそうです。

「西洋医学をあてにするんだったら、普段から自分で治療すればいいのに」
もちろん、声に出しませんが、僕は思いました。

ところが、その「椿庵先生」のもとに、先端治療をしている病院の先生方が治療?に通ってるそうです。

ちょっと話はややっこしいのですが、ようは、両者がお互いを認め合い、身体をゆだねてるんですね。

凄い話です。でも、その両方に見ていただいている僕は、やっぱり強運なのかも。

ほんで、、その『すっごい鍼灸の椿庵先生』に見ていただいた翌日、超元気が出たのは良かったのですが、また、その翌日には張り切りすぎて、しんどくなりました。

先生に電話をかけ、確認すると「そりゃ、あんた、調子に乗りすぎただけや」

「血の流れを良くしてくれてるのですか?」
「いいや、気の流れやな」

まあ、ほんま、皆さんもだまされたと思って一度、「エロ仙人」いや失礼、「椿庵先生」に診てもらったら、そのスッゴイ感じよくわかります。

S次長、次回、関西出張時に一度試してみる。

新しい年

3eb9e235.JPG「新年を迎えて思うこと」

肩にチカラを入れても良い結果は期待できない

今まで出来ないことが急に出来るとも思えない


だけど、可能性は限りなくある

それを自然体で無理することなく、


何事に対しても、前向きできっちり・しっかりと歩む年にしたい





(息子達と食べた『天津飯・大』です。大人4人でも限界。こんなのをパクパク食べる元気で今年も頑張りましょう。)
月別に読む
Feedと購読