自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2009年08月

ここからスタート

総選挙が終わった

結果がどうであれ、ここからがスタートです

国民の生活を良くするための選挙ですから。

男性専用車両

『女性専用車両』があるのに『男性専用車両』は、ないんやろか?


調べてみると面白いことがわかりました

男性専用車両に関して

男性に質問です


微妙な答えもあるんですね〜


ダイアログ・イン・ザ・ダーク

高松にいる、河崎さんから素晴らしい情報を教えてもらった

眼で見えない展示会
ダイアログ・イン・ザ・ダーク

体験をした

何も見えない真っ暗な世界
参加者だけでは歩けないので、アテンドが必要
アテンドは、視覚障害者の人達


本当に、本当に、真っ暗闇を歩いていく

草木がある、橋がある、余り書くとこれから参加する人に申し訳ない

白い杖を借りた
前を誰が歩いてるかわかない

だけどアテンドの人達は、僕達の存在、手の位置まで、わかってる
彼らにすれば普段の生活と同様かもしれない

途中から驚きと感動でいっぱいになった

僕達からするとある意味、『超能力』

僕自身いろいろと感じるとこがあったがそれは、人それぞれ

アテンドしていただいた「ハチさん、ぶーちゃん」ありがとう。
貴方達の気配りと優しさは忘れない

今回お世話になったデザイナーの鬼塚さん、会場でわざわざご挨拶をいただいた代表代行の小針さん、そして崇高な思いでダイアログ長期日本開催を実現されたSEOの金井さんに心から感謝の気持ちを送りたい。

結果とプロセス

次男は、理学部数学科に在籍しています。


彼は大学入試で、考え方はあってたのに、

計算の途中、「小学生レベルの足し算」を間違いました。

入試は失敗したと思ったそうですが、

結果、合格でした。


後に試験結果を教えてもらうと、

答えは間違っていたんだが、考え方(プロセス)は、あってたから、満点ではないが、得点をいただいたそうです。


彼自身、「大学に合格した」以上に、

周囲のみんなに「この経験を生かした気配りができる」ような気がします。


会社でもそうです。

業績を伸ばすのはもちろん大切ですが、

そこに行くまでのプロセスは、もっと大事なことだと思っています。


偶然の産物や出会いがしらでは、「継続性はない」と思います。


と偉そうな事を言いながらも、

僕のように「運だけの出会いがしらの連発」みたいなのも、

不思議にあるんですよね。





世界陸上の落とし穴

夜中0時過ぎに目が覚め、たまたまテレビのスイッチを入れると、

世界陸上をやってた


「しばらくすると、男子100M×4リレー決勝、日本のメダルを期待」

「そうなんや、北京オリンピックで銅メダルとったし、見ようかな」

が、大失敗の始まりでした


「しばらくすると」が、0時過ぎ、

「これから」が1時過ぎ、

「まもなく」が2時頃、

「いよいよ」が3時頃、

「次」が3時半で、

結局、レースは、早朝?4時でした

ウソは言ってないけど、日本語の微妙なとこにホンロウされました

こういう事を「HIPPARU」って、言うんでしょうね。

追伸:そのうえ、実はスタート直前に瞬間、寝ちゃいまして、結局、LIVEは見えず、直後のVIDEO放送を見たのでした。
最近、夜は規則正しく寝ようと思ってんのに自分で墓穴をほっちゃいました。

石崎義公さんの本

先日、ご来社された斎藤さんがご推薦していただいた、石崎さんの本まぁいっぺん聞いとくなはれ』を早速購入しました

斎藤さんお勧めだから間違いないと思っていましたが、まさしく『大当たり』

料理、綺麗、大きい

お盆休みで帰ってきた息子と吉野山で食事をしました

息子が「柿の葉ずし4つとおうどんセットで1400円は安いとは思えないけど、この景色との組み合わせを考えると決して高くない」

彼は24歳ですがそれを言える・感じれるのは、凄いことだと思った

僕が彼の歳の頃、そんな余裕はなかった

「食事をする」ことと「料理をいただく」の違いを彼は、わかったんでしょうね。


また、「吉野山の景色が綺麗」と言ったので、

「それは、君の心が綺麗やから」って答えました。


蔵王堂を見学すると

「久し振りに来たけど大きく見える」って言ったので、

「それは、君の心が大きくなったから」って、話しました。

親バカの見本のような話ですが、正直、自分が24歳のころ、これだけ親と同行し、こんな話が出来、景色の綺麗さや雄大さを感じたりは出来ませんでした。


「心の余裕」や「物事に対する感性」がなければ目の前のものが見えない

子供は3人いますが一人ずつ才能が違うし、将来が楽しみです。

安藤先生と羽柴君

東京大学農学部の安藤教授とテレビ会社の羽柴君が来社されました

お二人は、たまたま重なったんですが

事前にお詫びはお伝えし、ご案内を差し上げました

結果、お二人一緒で良かった

羽柴君の鋭い質問に安藤先生が的確に答えてくれる

「僕はなんの為にいるのかな?」と、思ったぐらいお二人の会話は、ハイレベルで横で聞いてるほうが楽しかった

それに、安藤先生の「業界の顔の広さ」と「現場を熟知」してるのと、「裏情報をよくご存じ」なのには、ビックリ仰天です

「東大で行列が出来る教室」と言われている所以を実感した1日でした

間違った本の買い方

6fc5f2dd.JPG本屋さんでなんとなく立ち読みをしてて

パラパラとページをめくると面白そうな記事が目にとまりました

「これ、おもろそうやん」

衝動買いでした


そのまま家に帰り、初めて本の表紙を見ると、

「お金の生かし方。」


そうなんです、表紙を見ないで買っちゃたんです

ペラペラっと、中身はめくって見たんですが、外見(そとみ)は、見なかった

「お金のある人」がお金の生かし方はわかるけど、「お金がない」のにどう生かすねん


サウナの「顔と頭」の間違いにしろ、今日の「本」にしろ、

まあ、こんなもんです。


(参考:講談社 セオリー2009 VOL.4)

サウナでの思い出

久しぶりにサウナに行った

サウナには、「苦い思い出」がある
厳密に言うと「サウナではなく、マッサージ」に苦い思い出が。

本来、マッサージは受けないのですが、友人が
「いっぺん、タイ古式マッサージ、一緒にうけへん?」って誘われ、
「ほんだら、受けよか」
初めてやのに友人と同様の「60分コース」を頼みました。

さあ、マッサージに入るやいなや、
「痛い、痛い」の連発です
そうなんです、僕は「コラナイ人」だから、ただ痛いだけなんです

マッサージのオネーさんから、
「痛い、痛いって、言うけど、まだ、チカラ入れてませんよ。何しに来ーはったんですか?」って、笑われながら1時間我慢しました。
オネーさんから「こんなお客様ばっかりだったら、チカラ入れんでいいから楽やわ〜」

そんな「苦い思い出」があったんで、「そんなことは絶対やめとこ」

今回は、顔が「お肌の曲がり角」を4分の3ぐらい過ぎちゃったので、
「男性用顔のエステ」を頼みました

すると「エステ専門」のオネーさんが笑顔で出てきてくれ、
「お客さん、何か頭使うお仕事されてるんですか?」って頭をマッサージしながら聞かれ、「いいや、脳ミソ少ないから、頭使う仕事無理」って、答えたのですが、そのまま頭のマッサージを続けてくれるんです。

「顔」って言ったのに「頭」までケアーしてくれるんや、と喜んでると、
なんとなんと最後まで「頭」で終わりました、それも30分。

そうです、僕は「顔」を頼んだつもりが「頭」って言ってたんです。
自分の間違いですから仕方ありません。

最後に一言彼女に言いました。

「ホンマ、めっちゃ気持ちよかったわ〜」


今後サウナには、行かないかもしれません。

今、思うと

00702fd2.jpg今更ですが友人の大切さを感じる日々です

今年、村のお宮さんの当番年です
昔は、人口も多く、20年に一度だったそうです
ところが、今や2年に1回
そのうえ、僕は、経験不足
そんな不慣れな僕をカバーしてくれ
村の人のあったかいぬくもり感じます


木材業界では、若い時、二つの団体に所属し、
かたや750名、一方は、1,500名の皆様とお知り合いになりました
仕事を優先に考えなかったことがより友人関係を深められたと思っています
「仕事ありき」では、長いおつきあいは難しいような気がします

「国土交通省の皆さんとの情報交換会」、「林野庁の皆さんとの情報交換会」、
「アメリカ・カナダの住宅現場や木材工場を視察する海外ミッション」、
「木材のいろんな業種・業態・地域の近況報告会」などでした


異業種の皆さんとは、20年ほど前から「異業種のお友達会」をつくり、

「吉野源流ツアー」、「黒滝川3000円バーべキュー食べ放題・飲み放題大会」、
「国連次席大使・北岡教授を囲む会」、「木材業界の川上・川下懇談会」、
「1部上場企業を関西応援チームによる出前素人コンサル・プロジェクト」、
「参加者全員による大真面目現状報告5分間スピーチ宴会」、
「まぼろしの鍋を食べる会」(12月開催で、宮滝離宮跡のお庭で、メッチャ大きい鉄鍋を使い、夏の吉野川の天然アユ、近くの野山で採れた山菜を使い、梅谷醸造元の味噌・醤油・ポン酢を使い、お昼前から夜8時頃まで、食べながら、酒を交わしながら、一人ずつが順番にスピーチをする、ある意味、凄い贅沢な宴会。まぼろしの鍋の由来は、鍋が大きすぎて味付けがやってみないとわからないため、そうなりました)など、20回以上開催しました

これは不定期ですが、僕のライフ・ワークみたいなものです。

全てにおいて、いくらお酒が入っても2次会以降の設営しませんでした。
皆さんに集中していただくためと、
僕の集中力と体力が持たなかったんです。
曲がりなりにも一生懸命やったから、多くの理解しあえる友人が出来たように思えます。


こんな素晴らしい友人達に恵まれたことが最高です。





吉野山の花見(豪華メンバー)

1a6c9ffe.JPG
家内、息子、彼の彼女と4人で吉野山に行きました

まず、やっこ寿司で柿の葉ずしを食べ、

その後、金峯山寺蔵王堂

境内に年表があり、その1行に

【1594年 豊臣秀吉が、豊臣秀次・徳川家康・前田利家・伊達政宗らを引き連れ、吉野で大花見をする

なんという『豪華花見会』なのよ!

歴史の凄さというか、吉野の不思議な魅力というか、ようわからんけど、あらためて地元を再発見しちゃいました。

桜の下でこの顔触れがどんな宴会をしたんでしょうかね?

やっぱり、コンパニオンさんじゃなくて、芸子さん・舞子さんをよんだのかな?

つい、こんなことしか想像できなくて申し訳ありません


(写真を一度クリックすると少し大きくなり、もう一度クリックするともっと大きく文字が読めます)



東京・大丸の仲西君

出張中、たまたま時間が空き、(いつも暇してるやんて言われそうですが)、東京駅上にある、大丸の7階紳士用品売り場に行きました

別に何が欲しいとかではなくて、暇で見学に行ったのですが、素晴らしい若者にお逢いしました。

それは、靴売り場の仲西君でした。

「こんな感じの靴あります?」って、聞くと、瞬時にイメージ通りのが出てくるんです。

「じゃあ、こんなのは?」って、また聞くと、それがまた瞬時に現れるのです。

また、根性が悪い僕が、靴に関して「変な質問」をすると、彼は、顔を赤らめながらきっちり回答をくれるんです。

靴に関して僕が普段思ってることが二つあります。
‖裏には、大切なツボが多数あり、靴の選択は慎重にしたい
服装やお化粧は、相手から見えるところなのでオシャレは大切ですが、それ以上に見えにくいはずの足元=「靴」は、もっと気を配らなければならない

そんなわけで暇が出来れば、いい靴を見たくてブラっと見学に行くのですが、今回の仲西君には、マイッタ、でした。

いったん、売り場を離れようと思ったのですが、彼が勧めてくれた靴を買わないと一生後悔するように思え、思いきって買いに戻りました。

10,000円チョッとの靴でしたが、履きごこちは、ホンマ良かった。

皆さんもお時間があれば一度、仲西君に靴を見てもらうと僕の言ってる意味がわかりますよ。

大切なこと

9c0ec847.JPG




お昼ごはんを食べたお店に張り紙がありました

『せいいっぱい働いて、酒をのむ、・・・それでいい』

短い言葉だけど、どこかホッとします

商売も大事、お金も大事ですが、もっと大切な事を忘れてる気がするんです



気持ち良い二人

気持ち良い若い二人が来社された

空間デザイナーと住宅設計士


二人とも20代ですが、あいさつやマナーが素晴らしい

そこからでも仕事が出来るのが見えた


彼らとは長いおつきあいになりそうです

昨日・今日、健康診断

04161eaa.JPG昨日と今日、健康診断がありました

今日、年に1回、徳田銘木に、バスが3台と担当していただく先生方11名が健康診断に来てくれました。

うちの社員と黒滝村森林組合の人たちが受診です

ありがたいことに、僕自身が2年続けてこの検診で病気を見つけてもらいました

それを社員に伝えたら、みんな休まず、受診するようになりました

お医者さんからは、「健康診断で見つかるなんて、徳田さんは、ラッキーですよ」

って、言われましたが、「先生、本当にラッキーだったら、病気がないのとチャイますの〜」


今年も、早速、僕に異常が発見!

はい、その通り、『メタボ』でした

ウエスト85CMまで正常で、それ以上は、アウトらしいです。(87CMでした)

「身長2Mの人も150CMの人も同じ基準ですか?」って、聞いたところ、

笑いながら、「そうなんですよ〜 まあ、健康だったらええんちゃいます〜」

って、軽く関西弁で返されました。(関西だから当たり前ですが)

会社負担のお金はかかりますが少しでも社員やご家族が安心できるなら安いものです。


そして、昨日の健康診断、それは、金融機関の偉い方がご来社され、会社を『健康診断』してくれました

昨年からオファーさせていただき、やっと来ていただきました。

社内をご案内し、経営プランを説明させていただきました


身体の健康診断の結果も心配ですが、会社の健康診断はどうだったんでしょう?

答えは、見えてます


「会社も厳しいけど、それ以下(?)に、社長の資質が・・・・」

自分のことは、見えない

他人のことは言いやすいけど、

自分のことって見えない


当たり前だけど、生きてるあいだ自分の姿は見れない

鏡に映ってるのは、あくまで、本物ではないしね


他人の誹謗中傷はよくないけど、それでその人の気持ちが落ち着くんだったら、

それも世のため、人のためかな

気が楽になる感じ

cb2d16b2.JPG以前から「読もうかな」って、思ってた本に、突然、出逢った

「著者名、題名」忘れてたのに、不思議に書棚で光る本があったんです

     『求めない』加島祥造さん

1ページ進むごとに、「すーっと」なっていく感じなんです

そう、「すーっと、すーっと、ね。」



早いもんで・・・

8月です

なんか、早くない?

ちょっと前、お正月だったのに、もう、お盆

ゴールデンウィークは、う〜ん・・・記憶にない


「歳とったら、時間がたつのは早い」

「早すぎて頭と身体がついていけない」


「ついていけない」なら、いつもの、マイペースでいきましょうよ

無理しなくていいから


サッカーの得点シーン

サッカーの変な得点シーン

ゴールキーパーがPKを決めて、戻る間に頭上をボールが越え、ゴールになっちゃた

赤いユニフォーム、チームメートの笑顔が可愛いくって、そこが一番。



月別に読む
Feedと購読