自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2011年02月

朝起きて、

朝起きて、2時間後ぐらいが1番頭(脳みそ)が動く
と言っても、もともと大した物じゃないから、
大した動きは、期待出来ない

という事は、いつまでたっても
こんな感じでっしゃろ。

1年の変化

現在、出張中です
1年でコンナに大きな変化をするのか
ー正直、驚いています

やはり現地で体験しないとわからない
Dog year以上のスピードかもしれない

この激変は、
間違いなく、
僕達が良い方向を向いてる証明になる

次にどう繋げるかがポイント
でも、本当に、激しく、早い。


次の時代へ

どう判断しても
現在、景気は、悪くない
不景気って言葉は、
お互い気休めの為のまくら言葉かもしれない
問題は、次に打つ手をどう考え、準備出来るかー
答えは、近未来に、ハッキリします。

1日1人

3日間の展示会に出展しました
今回の展示会における名刺交換の目標は、「1日1人」
おそらく、他の出展者の方々は、「二桁」は、多いと思う
商品とマーケットをクロスさせてみました

僕は、『数』を目標にするより、
『質』に注目した
お逢いした全ての人と永年に渡る、お付き合いは難しい

本気で、真剣に、そして、末永く
良いとか、悪いとかではなく、
ある意味、不器用なんです

おかげさまで
今回も「驚きの出逢い」があった
その瞬間って、不思議な景色になるんです
こんな積み重ねが僕の人生かもしれません。

まじめに生きる

毎日、大勢の方々にお逢いする
その時間、その瞬間を、最も大切にしたい
お互い、どこまで理解しあえるか?
ぼくなりに、真面目に生きてることだけは、
伝えたい。

気になる、バランス

野球は、ズブの素人
だけど、気になることがある

大リーグ・松坂大輔投手と
日本ハム・斎藤佑樹投手の
投球フォームのバランスが悪く見える

1年後、結果が出るが
二人とも頑張ってほしい

メッチャ、な、出逢い

パーティーでメッチャオモロイ2人に出逢った
ひとりは、家具作家見習中、30歳代
しっかりとした学歴と会社勤務してたのに
突然、転職
ことの大変さに気づいていないところが
大物
よくわからんけど、ええ人生おくってると思う

もう一人は、40歳代
信念をもって家業を継承しながらも
めちゃくちゃ大きな資金を投資した
まあ、こんな話はどこにでもあるんですが
彼は、そのお金の使い道が違った
ハードでは無く、ソフト、
それも商品開発のデザインに。
すると、その開発商品が上手くいき、
受注はくるものの、来すぎて、全体のバランスがとれない
彼は、ビジネスをどうすればいいかわからないと言いながら
凄く、勉強をし、
自分自身の座標軸も理解していた
ただ、多分、予想してた以上の好反響だったに違いない
これから、どうするか?

まあ、ふたりともワクワクした人生を送るに違いない
彼らの未来を観る、楽しみが増えました
ある意味、メチャクチャ面白い人生だと思います。
なかなか真似できません。

やらなければいけない、けど

やらなければ、いけない
だけど、やり過ぎは、よくない
ええ加減が、ちょうどいい加減

PDCAをまわす、
良い言葉だけど
立場を考えないとね。

僕の本棚

僕の本棚を皆さんに見せてあげたい
でも、見せない
笑われそうじゃなく、
笑われる自信、100パーセント

変な日本人

メディアに振り回され、
流行に、変に敏感で
小さなことに一喜一憂し
新しい話題があれば、
国民皆んなが集中し、
のぞ元過ぎれば
すぐ次のテーマにいっちゃう

自分のことを言ってるみたいだけど
本当に
「変な日本人」です

就職活動

息子が就職活動中です
彼に
「就活、大変やろ」って聞くと、
「始めての経験やから、比較出来へんわ」
その通りでしょう
始めての就活だもんね
彼の話で面白かったのは、
「会社は、僕達を見てくれるけど、
僕達は、その会社の姿勢を真剣に観て、判断する
自分の未来がかかってるから」

友人の会社が新卒者を28名採用予定のところ、
3,500名を超えるエントリーがあったそうです
でも会社サイドは、
「有能な人材は、探して、お願いをして、入社してもらう」そうです



今の日本に生まれて

この平和な国、
日本に生まれ、育ち、
家族や社員に恵まれ、
本当に良かった
これ以上望むのは、
単なる、欲張りだよね

好不調の波

好調は、必ず落ちる
不調は、上がるとは限らない
元気だったらどうにかなる

おはようございます

難しい勉強も大切だけど
朝、一番、
明るく、元気に、
身体中から
「おはようございます」が、
最高やんけ。

現場最優先

僕は、いつも、必ず、
「現場最優先」

ところで『現場』って、どこなんや?

それは、全てかな。
山に入ってる時は、山
工場にいるときは、工場
出張中は、出張先

昨日・今日と、東京の展示会に行ってました
社員のみんなが設営から販売までしてくれるので、
僕の仕事は、ありません
その上、彼らは帰社後、いつも正確な報告をしてくれるので
なんの心配もない

だけど、「節目」は、
自分自身が『現場』に立たないと、
空気を感じることが出来ない
今回はある意味、そうだった
本当に参加して良かった

最新の情報が入手出来、
それにより未来が見えた
そして、新たに多くの方々との出逢いもあった

「プロダクト・アウト」から「マーケット・イン」へ
そんな時代の真っただ中にいる事に、間違いない


死ぬまで勉強?

人生における考え方で

大きな「間違い」に、気付いた

「死ぬまで、勉強」って、よく言うけど

「それまでに、体力も、頭脳も、先に衰える」

と、言うことは、

「とても、死ぬまで勉強は、無理」

と、言いながら、

もともと、勉強好きくないから、

全然、問題じゃなかった

見えないものが、見える

材木商の才能のひとつに
「木材の一番の生かし方を見きれるか」

ここ10数年、弊社専務は、おそらく、国内でトップクラスの木材の「木取り」をしたと思う

彼は、原木(山から出した、皮が付いたままの木材)を見ると、
その木の最高のデザインがイメージ出来るんだと思う

普通の人には見えにくいし、
ほとんどの人は、木材より、『お金』を見たいんじゃないかな
彼は、本当に木が好きだから、
『見えないものが、見えるんです』

じゃあ、僕の場合はどうなのか
(自分で言うのもなんですが、)
『見えないものを創っていく』のが、大好きなんです

例えば、・・・・・・
まあ、大した事じゃないから、書くのが恥ずかしい
かけるのは、『恥』ぐらい

誰でも、好きな事をしてる時が
一番、生き生きしてるもんね。

ワクワクする日が続く

「どうなってんのかな?」って、
思うほど、
ワクワクする日々が続く

お金は、もちろん大切だけど
それ以上の『もの』っていっぱいある
それが、今日は、住君の言葉だった

彼は、いつもの事だけど
物事を考える角度が「素晴らしい」を超えて『凄い』
僕が言うんだから、本当に、凄いんです

20年ぐらい、ずーッと考えてた事があって、
久しぶりに住君に電話をした
5分、いや3分も経たないうちに、完璧に納得できるアドバイスをくれた
彼は、何かが、どこかが、違うんです
僕自身の底の浅さが嫌になるどころか、
そんな事が笑い飛ばされるぐらいの完璧な言葉だった

その内容をこのブログに書きたいのですが
日本の銘木業界がひっくり返るぐらいなのでやめときます。

電話が終わったあと、
自分の身体が熱くなってるのに気付いた
それぐらい、嬉しい言葉だった

ここんとこ、
ズーッとそんなワクワクする日々が続いています
いい時代が来ました
楽しみながら、頑張りましょう。

教え

今朝、黒滝村は、マイナス3度
メッチャ、寒い

先日、マイナス17度の国の人に「寒さ対策」を聞いた

「外に出ない事」
なるほど・・・・

商売も、人生も、同じかもしれない
「無理・無駄なことはしない」

そんなことかな
自然体で生きよう

「創造」と「破壊」と「守破離」

僕は、ずーッと、勉強が大嫌いです
特に、「覚えること」に関しては、最低・最悪
学生時代、(現在も)勉強は、・・・ダメです
「勉強が出来る人」って言うのは、
「暗記力が、良い人」って、思ったぐらい

(そんなひとりごとですから、エエ加減に読んでください)

【創造と破壊】
物事を「創造」するとき、
ソフトもハードも
まず、
今までのものを「破壊」することから始まる
それが出来ないぐらいならやらないほうがいい
過去を「破壊」し、
初めて「創造」に向かうことが出来る

過去の名声や成功は、
なんの足しにもならないどころか
それが足を引っ張る
業界や地域や周りの事を気にするのなら
何もしないほうがいい
また、何をやっても上手くいかない場合が多い

凄い「ビジョン」「勇気」「実行力」「お金」「時間」と
そして、何よりも本気でバカにならないと何も生まれない

どんな本を読もうが
どんなセミナーに行こうが
血が出るぐらいの努力をしても
才能が無ければ無理

でも、
誰にでも才能がある
自分自身の才能を見抜くことが大切

基本的な考え方は、
それだけ
あとは、細かい枝・葉をどうするか
難しくない、本当に簡単です。

【守破離】
僕は「守破離」の考え方が好きです。
(下線部をクリックすると飛びますが、守破離は、表現が少しずつ違う場合がありますのでWEBなどでいろいろ調べてください)


僕は、
「創造」と「破壊」と「守破離」と
「バカ」と「エエ加減」を
混ぜ合わせて
10で割ったような社長です。

「なんで、10で割るのかな~?」
「なな、なんとなく、です」






月別に読む
Feedと購読