自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2011年07月

モノを観る角度

c96d4886.jpg以前から宋さんの考え方には、興味があるし、共感出来ます。
モノを観る角度も楽しく、勉強になります。
今回、配信されたメルマガがスゴク良かったので紹介させていただきます。




荒海に浮かぶ小瓶
宋 文洲

北海道大学に留学していた頃知り合った親友がいます。アメリカ人牧師のジェ
センです。彼も貧乏なのでよく一緒にお金のかからない遊びをしたり、人生や
宗教について議論したりしていました。

数年前、私が大変な悩みを抱えていた時、ジェセンが偶然にも用事で東京に来
て久しぶりに会いました。事情と心情を打ち明けると彼はいつものようにずっ
と傾聴するだけでした。しかし、その後のアドバイスは一生忘れられません。

「宋さん、海は時々荒れる。沈まないために小瓶に入って蓋をしめる。サンシ
ャインを受け入れるが、風と水を入れない・・・宗教も心の小瓶です」

ジェセンの誘いで何回か教会にも通ってみましたが、宗教心は持てませんでし
た。正直にジェセンにそれを告げると彼は「宗教は友人を作るためにある訳で
はない」と言ってくれてほっとしたことを覚えています。

宗教が無理ならば、私が入れる小瓶は何だろう。考えれば考えるほど家族しか
ないと思いました。親友や親戚も考えてみましたが、やっぱり荒海に溺れたか
わいそうな心を無条件に受け入れてくれるのは家族のみです。

ホーキンス博士が最近、死後について発言し世界中で物議を醸しだしています。
「死後の世界はない。生きている人間が死の恐怖を忘れたいために考えただけ」と。

唯物論を徹底的に叩き込まれた私には当たり前の話ですが、これによって宗教
の重要性は少しも損なわれないと思います。宗教は物理的現象への解釈ではな
く、人類の心のニーズ(小瓶)だからです。

もし、家族がいなくなると私はどうなるだろうかと考えるとぞっとします。し
かし、家族を失うことはよくあります。3・11を経験して分かったように、そ
のようなアクシデントが前触れもなく突然にやってくるものです。

その時は私の心はどこの小瓶に逃げればいいだろうかと思います。悲しいので
すが、これがクラシックな共産主義教育を受けた私の悲劇です。

共産主義はある意味では人類社会を物理学のように科学的に分析しそしてその
行き先を「科学的」に予想した訳です。その予想が見事に外れることは言うま
でもありません。

人間はただ生きるだけでは満足しない動物です。豊かな心を持ったことで我々
は愛情、幸福、希望などの繊細な心を持つようになり、人生の意味について問
うようになりました。

本来、これらの心は本能で生きる動物には不要です。この心が我々の弱みにも
なり、それが失われると生きる気力がなくなり、「自殺」という本能に反する
行為さえ見られます。

家族と宗教はその人間の弱い心を助けるための小瓶であり、科学です。

ジェセンの奥さんがとても優しい日本女性で息子さんも自力で東大に合格しま
した。例のアドバイスを受けた数ヵ月後、久しぶりにジェセンの家を訪ねまし
た。緑に囲まれた札幌自宅の手製ベランダに座る彼の顔には幸せが溢れます。
話題が将来に及ぶと、彼が興奮しながら言いました。「イラクにいって布教・・・」。

最も危険な荒い海に彼は行こうとしていますが、私は黙って頷くだけでした。
彼なら大丈夫でしょう。なぜならば彼の心を守る丈夫な小瓶が二個もあるからです。

(終わり)

言葉のくすり

d3243d84.jpg若いころ青年会議所に入っていました

「優等生では、ありませんでした」
どころか、ダメな人でした、・・・今もですが

久しぶりに、そこで勉強した
『MIA』をみると
『言葉のくすり』がありました

もしかしたら、
僕の基本的な「考え方=生き方」に
MIAは、あるのかもしれません

元総理からのアドバイス

7de80cd2.jpg村山元総理のアドバイス

ハンバーガーを食べないわけ

2faf4108.jpgやしきたかじんさんがハンバーガーを食べないわけ

本気勉強会

682f4a13.jpg




2日間の泊り込み「本気勉強会」
【初日】
。隠魁В娃亜腺隠供В械亜。郷佑離▲疋丱ぅ供爾砲茲觜岷
■隠供В械亜腺隠掘В苅亜〇流にのってる事業所の見学・マル秘レクチャー
18:00〜20:30 大阪文化視察・情報交換会
ぃ横院В娃亜腺横押В械亜“疹焚顱
【2日目】
。娃掘В娃亜腺隠亜В娃亜〜當会議(8案件の協議・審議)
■隠亜В械亜腺隠押В娃亜 崙本ここ1」ショップ視察

僕達を知ってる人達だったら、
「こいつらやったら、ホンマにやるやろ〜な〜」
みたいな乗りでやっちゃいました

会議構成は、6社
北海道、福島県、長野県、奈良県、大阪府、鹿児島県

お互いの情報交換と各社未来への戦略策定です
エエ事は、待ってても来てくれません
自分たちで、創って行くんです。


2011072317220000DSC02029DSC02031DSC02034

台風の被害

6cfd5132.jpg台風の被害が心配で朝6時前に出社しました
(と言っても、歳のせいか朝早く目が覚めるのです)

おかげさまで大した被害はありませんでした
昨日、社員が大雨の中、水路掃除や片付けをしてくれたおかげです

台風の被害予測なんて、全く読めません
だけど、考えられる準備をしたつもりです

「こんな程度だったら、何もしなくても良かったね」は、
大きな間違いで、準備をしてくれたから、被害にならなかったんです

たまたま、今朝、村長さんに会社の前でお逢いしました
彼は、僕より4歳年上で、「村長さんらしい」立派な村長さんです

お話を聞くと、警報が出てたので
昨晩から役場に泊まり込みだったそうです
村長さん自ら有難うございます。
おかげさまで村民はゆっくり暮らせるんだと思います。

今もまだ(朝、7時の時点)、警報が継続中です
今後、台風がどのように動くかわかりませんが、
出来る限りの準備は考えていこうと思っています。
2011071909310000

なでしこ優勝、かさねて嬉しい

87b9aa6b.jpg韓国の友人から
『なでしこお祝いメール』をもらった
僕は、テレビで優勝を見て、感動を覚えた
でも、それ以上に、「お祝いメール」は嬉しかった

『おめでとうございます!
世界一!ワールドカップ優勝!

感動と勇気!
精神力の勝利を見せてくれた
本当に素晴らしい試合でした!

今回の勝利は日本だけの勝利ではなく
アジア人皆の優勝です.

アジアでもワールドカップで優勝することができるということを
見せてくれました。

おめでとうございます!』


逆の立場を考えると、
僕が、韓国の友人にこんな「お祝いメール」におくれたかな?
多分、送っていなかった、と思う

本当の意味での信頼関係や尊敬がないと国際社会では通じない気がします。
今回いただいたメールで改めてそんな気持ちがしました。

守るの?攻めるの?

1290e3f6.jpg



おかげさまで、逢い変わらず、本当に多くの方々にご来社いただきます
その中で、僕は、「感想」と「質問」をいただくようにしています

多い質問に、
「この時代、攻めの経営を目指すのですか、
それとも守りですか?」

答えは、簡単です
「名前もない、資産もない、もちろん金もない、何を守るのですか?」
それに、
「攻めるといっても、マーケットがあったら攻めますが、
どこにあるのですか?教えてくれませんか?」

まあ、そんな「答えにならない答え」です。

唯一、「守るもの」は、
社員とその家族、
そして、自分の家族は、本気で守ります。

林業出発プラン

ead84f7c.jpg「林業再生プラン」という言葉はありますが、
「林業出発プラン」というか、
「林業メッチャ格好エエ実践現場」を目のあたりにしてきました

京都府にある、日吉町森林組合・湯浅さんとお逢いし、
事務処理の流れと、
山の現場作業を拝見しました

一言で言うと、
「トータルで、よく出来てる」

以前、海外・国内の山林を見学に行きました
製材工場・集成材工場も行きました
商品の流れの流通段階も見てきました

それらを踏まえても、
『本当に、良く出来てるな〜』が率直な実感です

湯浅さんと約2時間半、二人っきりで話し、見学しました
僕の全ての質問に対し、的確に答えてくれました
簡単な質問ではありません

森林組合職員さんの平均年齢が36歳、
平均所得が、500万円強、
土・日・祝日はもちろんお休みで、週40時間をクリアーなど
就業環境もバッチし。

戦後どころか、日本の林業史上、
最大といわれる木材の『立木備蓄』があるのです
だから「林業再生」ではなく、「出発プラン」

材価が下がるとか、需要がどうとか、
以前の物差しで測ること自体がナンセンスなんです

「出口=販売先」の話しもしました
「世界の木材需給」や「販売先の与信管理」の話しもしました

僕の知識は、微々たるものですが
おかげさまで、僕の周りには、
国内外、約2,000社の木材関係者がフォローしてくれています
それが今回の会話にも反映されました

このたびの訪問は突然、かつ、ひとりで行きました
それは、つっ込んだお話がしたかったからです。

ズーット、山の中で湯浅さんと話していたかったぐらい、
気持ちよく、いい時間を過ごさせていただきました

是非、皆様も行かれるのであれば、
本気モードでどうぞ。


僕たちは、木材製品を扱っています
その製品だけの知識では、薄っぺらいと考えています
山づくり、間伐、伐採・搬出など一連の流れを本当に理解しないと
継続は難しいと思います。
直接、商売にならない事の積み重ねが、
本当は、大切なことかもしれません。
でも、僕の場合は、その部分が多すぎるかもしれません。

DSC02016DSC02020DSC02018DSC02025

創業以来、初めて・・・

f3bd91b3.jpg今日、平成23年7月12日は、
会社にとって「記念日」となりました
創業以来、初めての事をしたのです

実行に移すのに
『少しの時間』と
『大きなお金』と
『勇気』がいりました
内容は、「非公開」です
足元の事に気付かなかった『自分』が、そこにいました


って、文章にすると、メチャクチャ大げさになりますが
大したことではありません。
写真は、映画「プリンセス トヨトミ」の舞台挨拶です
この映画から、今回のヒントを得ました。

目標は、クリアーしたけれど

ef1c1dfc.jpg今回、ひとつの目標を決めた
それは、「ハリーポッターを3日間で、今までの7作品観る事」

10年前の「賢者の石」から、
昨年12月の「死の秘宝、PART1」まで

「そんなに難しくない目標」だと思っていたのですが・・・
甘かった、
1本が2時間を十分超えるし、
ストーリーは、どこで、どうつながっているのか、
僕自身、記憶力が弱いというか、真剣に覚えるつもりもないし、
途中、苦痛だけの時もあった

だけど心に決めた以上、目標を達成した

一番の感想は、
「10年間で出演者が歳とったな〜」
でも「初めから年寄りは、そんな歳とらんな〜」

大きな不思議が残った、
「なんで、3日間で、全部見る事を目標にしたんやったっけ?」


images78670_20060724143324imagesCA0122PDimages1

祝40肩

e64b8dc7.jpg僕が愛してやまない『後輩』から、突然、電話が入りました

「右肩が2週間ぐらい前から調子が悪いんです。
今までもたまにありましたがすぐ直りました。
これは、『40肩』でしょうか?
以前、社長のブログに書いてありましたし・・・」

瞬間、「そんなもん、僕は、お医者さんじゃないからわからない」って、
言おうと思いましたが、
そうなんです、実は、8年ぐらい前、メッチャ、泣かされた経験があるのです

彼から痛みなどの状況を聞き、
自分の体験を踏まえ、彼に言いました
「ようわからんけど、多分、40肩ちゃう?」

そしたら彼は、
「でも、私、まだ40歳なってませんよ」

「そうなんや、今、いくつだっけ?」
って、僕は、聞き返しました

すると、彼は、元気な声で、それもマジに、
「39歳です」

あのね〜、「40肩」は、40歳ちょうどにぴったりくるとは、決まってないし、
じゃあ、僕の45歳のときにあったのは、「45肩」?

僕も変かもしれませんが、僕の周りには、
もっともっと、変で楽しい奴がいっぱいいるんです。
もちろん、忙しいのに、
こんなブログを読んでいただいている貴方もその一人ですが。

今日も朝6時半に大阪空港近辺で集合し、
その後、有馬温泉の近所までわざわざ一人をお迎えに行き、
午前中に黒滝村の徳田銘木に向かって、
現在、車で走ってくれてる人達がいます。
本当に「変な人」には、「変な人」が集まるんですね。

話がそれましたが、『39肩』の貴方、
それは、どこの病院でも治りません
1年間、我慢しましょう
人間としての『油切れ状態』ですから。

おめでとう、晴れて『中年』の仲間入りです。

いそぐなよ

f157d278.jpg経営はこころ・東経情報より抜粋させていただきました。いつもながら素晴らしい文章なのでご紹介させていただきます 

「いそぐなよ また急ぐなよ 世の中の 定まる風の吹かぬかぎりは」 

この言葉は、1600年の関ヶ原の合戦で西軍総崩れの色が濃くなり敵陣の真っただ中に孤立した、島津 義弘が敗走するか否か迷い、その時つぶやいたとされる。

島津勢は1,000人の兵を出していたが、西軍敗色の強まる中で兵は300人にまで減っていた。
西軍は大敗したが島津家の運命が定まったわけではない。
むやみに死に急がず、生きてさえいれば復活の見込みはある。
「焦るな 焦るな」と言い聞かしたに違いない。

我々経営者も絶望的な境地に立たされることがある。
その時、我を忘れて全軍突撃の命令を下したら100%負ける。
特に敗走すると戦士達に告げるのは自殺行為に等しい。
そこで島津 義弘は「これより徳川本陣めがけて突入する。徳川家康の首を取るのじゃ。皆の者わしに命を預けよ」と叫んだ。

敗走でなく敵陣に突っ込む。
これで士気が上がる。
しかし、本音は退却である。
徳川勢が見守る中、堂々と敵陣を突っ切り関ヶ原の合戦から義弘は生還した。
だから後の大名島津家が存続したのである。

経営者のみなさん!! まず生き残ること、命がけでやればなんとかなります
月別に読む
Feedと購読