自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2011年08月

出張先から

29e5c07a.jpg出張先から息子に電話を入れました

「為になるアドバイスをくれた人に逢ったよ」って、言うと、

「お父さん、いい人に出逢えてよかったね」

親が子供に言うのならわかるのですが、

子供が親にそう言ってくれました。

嬉しいような、恥ずかしいような、変な気持です。





友に酔う

95d84829.jpg
今日、山奥の食堂で昼御飯をいただいた時、

お店の中に1枚の色紙があった

『人は酒に酔わず、よき友に酔う』

たくさんの友人達に、心底、酔わせていただきました。



ええ歌うやな〜

d2767c93.jpg加山雄三さんの歌です

ホンマにエエ詩(うた)やし、

彼の笑顔もいい

若さ、明るさ、

肉体が歳をとるのは、仕方ないけど、

心は、違うところにあると思う。

不似合いかな

47364a98.jpg
たまに不似合いな本を読みたくなる時がある

谷崎潤一郎さんの『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)

時代がそうなのか、

僕がそんな感じを求めてるのか、

よくわかりません。


you tubeにある『陰翳礼讃』

35年ぶりの再会

2482b3e1.gif今日、黒滝村の会社に35年ぶりに友人が立ち寄ってくれた、それも突然。

35年前、深夜、アルバイトで「スーパーの荷物運び」をしていました
その時の「男子先輩」と「女子社員」の方でした
そのお二人が結婚されて、御夫婦で、会社に寄ってくれたんです

「嬉しかった」というか、「正直、ビックリした」
35年ぶり、それも、御夫婦になられて。

お二人は、お変わりなく、
御主人は、相変わらず「背骨がしっかり」された人で、若い時のまま。
奥様は、人一倍、気を使い、気を配りながら、お話をされる、当時のままでした。

帰りがけ、彼らから、本当にお世話になり、
大好きだった上司の連絡先を教えていただきました。
その方は、どんな忙しい時でもニコヤカで、
包容力があり、仕事の事はもちろん、
人としての生き方も側面から教えていただいた、尊敬する上司でした。
(アルバイトの身分で、上司と言っては、失礼ですが)

早速、連絡をさせていただきました
お電話にでていただき、「お声」や「優しさ」がそのままでした
僕の事も覚えていただいてました。

『みんな、元気で良かった
元気だったら、また、お逢いできますよ。』

自分の事やんか

fe43b692.jpg静岡の影山君に「IPAD・供廚了を教えてもらった

「どう、新しいIPADの使い心地は?」って聞くと、

「そうですね、前のに比べて、軽い・薄い・丈夫そう」

僕は、うんうんと聞きながら、ハッと我に帰った

「人間が軽い、生き方が薄っぺらい、それ僕やんか」

ひとつ違った事

「虚弱体質(?)で、自慢じゃないけど、身体は弱い」

と言うことは、3つとも僕は、アカンということなんや。

国産マツタケ

a0623a81.jpg
商店街を歩いていると、
1枚の看板(?)に目がとまりました

まず、中国・韓国とか、国の名前
そして、1パック1,000円

「外国産のマツタケやろな〜」と思った瞬間、

左側に大きな文字で

『その国の国産』

と書いてありました

う〜ん、

ホンマのことやなー

ウソではない。

携帯が壊れた

5e72ac5a.jpg携帯電話が壊れました
前に買ってから、まだ、1年6カ月
不景気なのにまたお金が・・・・
「しゃーない、今の時代、携帯ないと何もできない」
と自分に言い聞かせつつ、ドコモショップへ

じゃじゃじゃ〜ん、新兵器を購入
なんと、防水・防塵・Bluetooth・高性能1220万画素・フルハイビジョンムービーに
デコメ、AR対応ロケーションレーダー、指紋センサー、スマートブラウザ、FMトランスミッタなどなど

なんでもいいけど、こんなの使える訳ありません

「僕は、電話だけでいいんです」って、言いたいぐらい。
「こんな機能いらんから値引きしてくれませんか?」とは、言えなかった。

特に、携帯メールは、苦手です
電話が変わり、また、慣れるのに時間がかかりそう
おっちゃんレベルでは、本当に大変なんです。

(昔の人が今の携帯電話見たら、どう思うんやろ)

「残暑お見舞い」メール

b1ab1c9a.jpg昨年、香港で知りあった「大阪人」の方から
『残暑お見舞い』メールをいただいた

「お盆休み・夏休み気分」が吹っ飛んだ
中身の濃い、立派なメールだった
短い文章なのに、これだけチカラを与えてくれるのが不思議
うわべではない、中身があるんです

ベストなタイミングで、
自分自身にスイッチを入れる事が出来た
メチャクチャ、ありがたい


写真は、自社林からの「出材木」です
寒い冬に皮むきされ、
現在、倉庫内で熟成されています
クリックすると拡大されます(2回ぐらい大きくなります)
ヘリコプター出材だから、出材コストは高いですが、
傷つけることなく、山から出てきます
樹齢約150年の高野槇です
亡父が大切にしてた山のひとつです
その木を僕たちは大切に加工・管理しています
先祖のおかげです

ギブ&ギブ

271de77f.jpg友人からお手紙とCDが届いた
彼のスタンスは、いつも「ギブ&ギブ」
今回、彼に聞いてみた
「なぜ、貴方はいつも、『ギブ&ギブ』の精神なんですか?」
すると彼はすぐ答えました
「ギブ&テイクをイメージしてるんだけど、上手くいかなくて・・・」

今回、送っていただいた『CD4枚』は、僕のタカラモノになりました
そんな嬉しい、素晴らしい内容です
お金では、なかなか買えません
本当に感謝しています
こんな友人を持った僕は、幸せものです。

写真が見つからない

987c0261.jpgメチャクチャおしゃれで、
かってないような新しいパンフレットをだす予定があり、
「社長の顔写真が欲しい」との連絡がありました

ところがいくら探しても、イメージにあう写真が見つかりません
僕のイメージは、当然『男前の写真』

途中で気づきました
「実物が男前ちゃうのに、いくら探しても『男前写真』は、みつからない」



木の写真だったら、いっぱいあるんですがね〜
これは、第二倉庫の現在の写真です
夏休み前に綺麗にしてくれました。

大切なのは、「気」

e2753e22.jpg「世界全面株安」

メッチャ、気になりますよね〜

直接、関係ないようで、やっぱり、関係あります

消費マインドは減退しますし、

世間の空気が暗くなります

「景気」も「病気」も「気」がつきます

気持ちの持ち方って、大切ですよね。

と、言いつつ「ノー天気」かもしれない。

親と子

ed0634f5.jpg今日、どこかに書いてあった文章です
面白かったので紹介します

『親と子は、どちらが年上ですか?』

答えは、「同い年」です。

子供が生まれて、初めて親になるわけですから、同い年

子供に対して、親が偉そうに言っても、親としての年齢は、子供と同じ。

「いいとか悪いとか、あってるとか、間違ってるとか」じゃなくて、

こんな事を考えれる人が、面白い。

このブログに、全く深い意味は、ありません。

といいながら、

「いつもそうやんけ」って、言われそうです。

中国・杜社長の教え

7777ea83.jpg先日、来社された中国・杜(と)社長、
すごく立派な社長ですが、僕より年下の50歳でした

杜さんといろんなお話をしました

僕が話した事
「貴方は、どこまで会社を大きくしたいのですか?
日本の古い言葉に『最後は畳一畳あればいい』ってあります」

すると彼は、
「畳一畳いらない、壺ひとつあればいい」

う〜ん、こんな話が面白いんです、
というか、好きなんです

山での仕事

7382f9ad.jpg最近、吉野郡川上村で山の仕事をしてる山本君とバッタリ出逢うことが多い
彼は、40歳過ぎ
根っから明るく・元気な好青年(?)です

いつも僕が彼にかける言葉は、
「山の仕事、危ないから気をつけや〜」

ところが、今朝も同じ事を言うと
「昨日ね、枝が落ちてきて、唇と口の中、裂けましてん」

ホンマに山の仕事って、危ないんです

以前、亡父と山に行った時でした
父は作業を観てただけなのに、頭上から太い枝が落ちてきました
帽子はかぶってたのですが、頭が少し裂け、流血しました
「髪の毛がないから、怪我しやすいねん」って、
笑いながらも、血が止まらず、そのまま病院行きです

山本君が作業する山は、平均樹齢で約100年だそうです
100年間、育った木です
幹も太ければ、枝も太い
いくら気を付けててもどうしようもない時もあります

景気・不景気・お金、もちろん大切ですが
命に変わるものは、ありません。

ブログの有料化

d849afd2.jpg僕が、たまに見てたブログが有料になりました

Hなサイトではありませんよ

それだけ評判がいいブログなんでしょうね

じゃあ、このブログは、どうなん?

有料は、有料でも、逆の

「見に来ていただいた皆さんに、お金を払わないといけない」のかな・・・・

今日、どう動くか

af2b4fc8.png「今日、世界の株価がどう動くか?」

未来に向かい、

すごく大きな1日になりそうですが

なんの心配もいりません

もしかしたら、日本は、新しい未来に向かって、既にスタートを切ってるんです

自分たちが、地に足をつけて、

「明るい・楽しい未来」を創れるかが問題です。

政治家さんのことは、「心配?」しないで、

あくまで、彼らは、「政治家」なんですから。

変に、彼らに期待している私達の責任を考えましょう

そうすると、気は楽になりますよ。

サッカー3連発

b5daaf93.jpg暇なもんで、YouTubeを観てたら、サッカー3連発があった

さり気なく女性審判の胸を触るサッカー選手

オカマのサッカー審判

世界が笑ったゴールしたあとの喜び方

世界の動き

c7751c28.jpg今回の「世界連鎖同時全面株安」
僕の頭で原因なんてわかるわけがない
という事は、考えないでおこう
わからない事は、いくら考えてもわからないのだから

でも、なぜか、不安
先日のアメリカの問題もそう
結論が見えてたのに表面化しちゃった
過去、そんな事は、なかった
どこかで、誰かが、変な事を考えてるのかもしれない

今年、僕は、例年にもまして
『仙人』生活
普段、山奥にいて、
好きな時に降りて行き、
好きな事を話し、
そして、山に帰る

ようは、「マイ・ペース」が自然体です。

刺激的な出逢い

3aa149a0.jpg
刺激的な出逢いが続きます

世界を知る女性デザイナーさん達から、
イタリア料理のお誘いを受けました
お食事も美味しかったけど、
彼女達の前向きさ・明るさ、
そして、無限の可能性を感じました

翌日は、友人宅でカジュアル・ホーム・パーティー
建築家・照明デザイナー・お医者さんなど、
お話が多岐に渡り、楽しかった
次回は、『吉野ツアー』の予定です

その翌日は、
刀匠(とうしょう)河内國平(かわち・くにひら)さんご夫妻
漆芸術で著名な東京藝術大学教授・三田村有純さんご夫妻
そして、アジア・ビジネスに特別なパイプを持つ綿谷さんご夫妻が来社されました
そのお話の中で「驚き」がありました。
僕が尊敬する材木屋・早川さんと三田村先生が高校の同級生で
その上、早川さんの素晴らしいところをお互いが見抜いてたところでした
不思議なぐらいの『ご縁』を早川さんからいただいたように思います。

また、その翌日は、日本の住宅資材・大手企業でありながら
「商流の変化」を実験導入されてる担当者が来社されました
時代背景の激変もふまえながら、
未来を見据えた事業展開のプラン二ングを聞きました。
やっぱり大手は凄いし、その反面、大変でもあると改めて思いました

またまた、その翌日は、中国からのお客様でした
正直、めちゃくちゃ、楽しかった
社長は、50歳
日本とのビジネスは、約30年
裏も表も知ってる
最初、彼は、僕の話を聞き、じっくり様子を見てた
途中から彼のスイッチが入り、結局、夕食も共にした
同行された女性スタッフも素晴らしかった
「能力の高さ」と「元気度」は、羨ましかった
いずれ何かが始まる予感がしました

こんな刺激的な出逢いの間にも
亡父の法事と年に1回の社員全員での健康診断があった

相変わらずのバタバタの中にも、
本当にありがたい刺激的な出逢いが多くあった

もちろん「すべての出逢いがビジネスにつながるとは思っていません」
でも・・・・
だから・・・・
皆さんが集まってくれるんです

「商売」、というか、
そんなもん以上に、
もっと、もっと大切な事がいっぱいあると思っています。

という『言い訳』をしながら、良い人生を送らせてもらってます。
すべての皆さまに感謝しかありません。


book011278385276_1_2hoshiharukahoshinotoorimiti
月別に読む
Feedと購読