自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2011年11月

やっぱり、おもろい

4925056e.jpg宋 文洲さんのTwitterを見た
やっぱり、おもろい


北京市が2005年前後に北京五輪の空気対策のためトヨタにプリュウスの現地生産を打診した。
「ぱくられるから」という理由で拒否したのでチャンスがヒュンダイに。
お陰で今北京にはヒュンダイだらけ。
が、今年になってトヨタが自らから生産を始めた。


そのトヨタのハイブリッドはもともとGM中央研究所の研究員のスカウトから始めた。
GMがハイブリッド路線をやめ、電気自動車路線をとったからだ。
日本のオリジナルと思うなら大間違い。
カイゼンがうまいが、創造に向かない日本企業が多い。

だいたい中国にパクられるような技術と製品に危機感を持つべき。
パクる側を嘲笑う余裕がないはず。
技術と製品だけで勝負出来るなら、
ソニーはサムソンに負けるはずがない。
日本人の多くは未だにソニーがサムソンの上だと思う人が多いのでは。


こんな宋さんが「おもろい」と思う僕はちょっと変かもしれません
でも、そんなブログを見に来ている貴方は、どうなんでしょう?

まあ、なんでもええか。

本当の車検

acdd4bc1.jpg10日ぶりに自分の車が車検から戻ってきました
3日間で済むはずが
エンジンの裏あたりにほんの少しオイル漏れがあり
日産が念のためにエンジンをおろし、分解し、
修理をしてくれたそうです、それも、無償で。

普段、僕が車の裏、それもエンジンの下なんて見るわけがありません
多分、他の車検場に依頼してもそこまでやってくれなかったと思う

「修理しなくても大丈夫かと思いましたが
念のためエンジンおろしてやっておきました」

カタチだけの車検では無くて、
これこそ『本当の車検』だと思う

大げさになりますが、自分の生き方もそんなんだと
メッチャ『格好いい』のですが・・・


近くの山から高野槇が出てきました
今年も製造(皮むき)の季節が始まります

チョット、しんどかった1日

b7a94940.jpg今日は、三重県・高知県・長崎県から
3組の方々が来社されました

工場見学とお互いの現状やビジョンを真剣にお話しするもんで、正直、しんどかった

皆さんの貴重な時間とお金をかけてご来社いただくので
全ての人達と本気でお逢いしています

好きな事をやらせてもらい
こんな大勢の人達とお逢いし
お互いが切磋琢磨出来るって
素晴らしいし、恵まれてると思う

だけど、ホンマに、疲れちゃいました
夜、髪の毛をバッサリ切り、
(と言ってもそんな長くありませんが)
明日から、また、スイッチを入れていきます。

ファンです

e2d7c593.jpg以前、ご紹介しましたが
僕は、宋 文洲さんのファンです
数年前、彼の本を拝見してから
独特のモノを観る角度に興味を持ちました
それ以来、twitterやメルマガをのぞきにいきます

おっさんギャグもあるんですが
実は、僕よりは年下です

ということは、僕の場合は、
既におじいちゃんギャグかもしれません

テレビやマスメディアにもよく登場されますが
本当にユニークで楽しい人だと思っています。

【twitterからの紹介】

 崑膓纂陲譴襪任靴腓Α廚氾卦ね淑鵑僚子アナ。

∋葦曠譽好肇薀鵝△泙襪馬型優曄璽狄堂

私は電車では滅多に座らない。健康のために。痔もよくなる



【自他にわかる日本語を】(メルマガから掲載させていただきました)
「PPTについてどう思いますか」。「そうですね、最近は揉めていますね」・・・皆さんはこの会話をどう思うでしょうか。「PPTではなく、TPPだよ」とすぐ気付く方がどのくらいおられるでしょうか。

PPT、TPP、TTP、PTT・・・英語力は平均より上だと思う私ですが、TPPをしっかり言えるようになったのは最近のことです。なぜ「太平洋協定」のような覚えやすく、中身と本質を分かる日本語を使わないでしょうか。

FTAでもTPPでも私はグローバル競争に参加するあらゆる仕組みには賛成です。しかし、先週後半から急にTPP交渉に疑問を持つようになりました。ツイッターなどを通じて多くの方々がTPPの最も基本的なことも分かっていないことに気付いたからです。

経済と交易の環太平洋といえば、経済規模から見ても、日本との交易量をみても中国、韓国、ロシア、香港、台湾などはとても重要なのです。しかし、これらの国はTPPに入らないのです。「環太平洋」ではないのにTPPといって誤解のままでの参加交渉は不自然だと思うのです。

現状では米国に交渉力を持つ国が誰もTPPに入っていないのです。主要国のうち、日米だけが参加する経済協定は日米経済同盟に映るのです。それを理解した上で参加するならよろしいのですが、「皆が入っているから」というプレッシャーに弱い国民心理を利用してのダメ押しは危険です。

「中国が参加しないから宋さんは反対するでしょう」と思う方が居るかもしれませんが、私のツイッターをチェックしていただければ私は先週まではずっと賛成してきました。急に反対を始めたのは名前と中身さえ一致しないことに気付かれない中、とにかく交渉参加に急ぐ「焦り」の姿勢です。

経営コンサルタントをやっていた頃、某大手企業の常務に社内幹部向けの講演を頼まれました。「どんな内容がいいですか」と聞くと「今年の当社のキーワードはイノベーション、チェンジとコンピテンシーなので・・・」と言われました。

安くない講演料のため責任を感じているので勇気を出して思い切って聞きました。「コンピテンシーの意味は分かりますか」。するとその常務さんが慌てて内ポケットから手帳を出して顔を赤くして「えーと、確か・・・」と説明を始めました。

分からないことを分からない外来語にしてやすやす流れに乗せたりする傾向が日本社会にあります。経営もそうですが、議論が五分五分でもリーダーは決断する必要があります。しかし、言葉の中身も曖昧なままの決断はどう考えても決断ではなく賭博です。

「コンプライアンス」にかかる手間が膨張している中、20年間も隠蔽して来たオリンパスの巨額損失が外国人社長の手で暴かれました。菊川元会長を初めとする一部の経営陣に必要なのはコンプライアンスという外来語ではなく、昔からあった日本の諺です。「嘘は泥棒の始まり」。

議論も決断も大事ですが、その前に最も重要なのは自他に分かる日本語を使うことです。

なんてお答えしていいのかな?

2e4182aa.jpg木材をご購入いただいてる材木屋さんがご来社されました

「正直、こんなに儲けさせていただいていいのかなって、思ってます」

「じゃあ、もうチョット高く買ってくださいよ」

とも、言えず

「今後ともよろしくお願いします」

正直に言っていただき、嬉しいような、変な気分です

まあ、お客様が儲けていただければ、いいかな。


今年も製造の時期に入りました
山から自然木が出てきました

根本社長へのラブレター

2d1fe4a1.jpg常に前向きで世界を飛び回りながら、
家族・会社・社員・地域の事を一生懸命されてる
根本社長にささげる僕からのラブレターです
と言いながら、東経格言禄より抜粋し掲載させていただきます
毎度ながらエエ事がうまく書かれています
ただ根本社長は、愚痴はこぼしていません。

小人閑居して不善をなす

小人は「品性の低い人物」閑居は「暇暮らし」のこと 特別に小人でなくても人並みな人間でも暇があるとろくなことはしないのが人情の弱さである 次に閑居は「一人でいると」という意味もあり この反対語は「君子は一人を慎む」というのがある 有徳者は孤独の時も行いが乱れることはない の意味である 社長は孤独の人といわれる 社員には最終決定権はないので上司に稟議すれば済むが社長には上はいない 孤独に耐えられるか否かが サラリーマン組織の頂点を極められるか 下積みに甘んじるかの分かれ目であろう 社長といえども聖人君子ではないから ちょっと暇ができると心に隙間ができ大きな過ちを犯すことも多々ある 社長だけでなく政治家にも 蜂の一刺しで失脚した総理もいれば 女性問題で落選しど壷にはまった政治家もいるくらいだ とかく金と暇を持て余すのは我々凡人には良きことはまずない 経営者たるもの忙しい忙しいと愚痴をこぼしているくらいで丁度頃合なのである

変な趣味

a52aea8c.jpg自宅の庭の手入れをしてもらいました
変ですが(まあ、いつも変なんですが)
手入れをしてもらい、
綺麗になっていく変化を見るのが好きなんです

車の洗車もガソリンスタンドで洗ってもらってる間
ズーッと綺麗になっていく様子を見学しています

庭も車も自分が綺麗にするのではなくて
プロにおまかせ

庭師さんに「僕の頭もその機械で綺麗にしてくださいよ」
「あいよ、どこからしまひょ」

変な趣味かな。

2011年7月12日

eede2f2a.jpg『2011年7月12日』は、記念すべき日でした
僕は、おとといまで知らなかった

それは、ドコモでいう「ショートメール」が、
他社との垣根を越え、通信可能になった日だったそうです
費用も1回あたり、5円から3円に

「オッサンだから知らなかった」と思ってたら
いがいに、ほかに知らない人もいた

僕が知ったのは、見学におみえになる人から
「徳田社長の携帯にCメールを送りたいのですがどこの携帯ですか?」
「僕は、ドコモです」
「じゃあ、無理ですね」
が、スタートでした

その夜、メチャクチャ久しぶりにスナックに行きました
自分の息子達より若いお店のおねーちゃんが
「お客様からメールが入ってる」
「お客さん、みんなにメールアドレス、教えてんの?」
「チャうねん、今は、携帯番号わかったら、誰にでもショートメール送れんね」
(チョット待てよ、じゃあ、お客さんに『携帯番号』を教えてんねんや)

この日の「飲み代」は高かった
それでも、「携帯アドバイス料だ」と自分自身に言い聞かせました

と、思いながらも、お店を出て、サイフの中を見るとやっぱり、寂しかった。

木の使い方

72476a1e.jpg自然木を購入いただいた方から
施工写真を送付していただきました
こんな綺麗に木材を使っていただき
本当にメッチャ嬉しく、ブログにアップしました

僕たちは、素材しか出来ない
最低限の品質管理や
木材の特性を考えた商品開発は出来ますが
設計、デザイン、施工、
そしてお施主様のご理解がないと使っていただけません

施工後、
このような写真を御送付いただけるということは
多分、皆様に喜んでいただいたことと思います

お金儲けだけに走らず、
時間とお金とセンスは必要ですが
木材の事を根柢から考えた『提案』だと思っています

心から感じます
本当にいい時代が来ました。

僕には書けない文章

0b999c3c.jpg(僕には到底書けない素晴らしい文章が
本日付の東経情報に掲載されていましたのでご紹介させていただきます)

『幸せの側』

いま幸せですか?不幸ですか? いま不幸だと思う人は 幸せな人の側に積極的に近寄ってみることです 幸せな人の側にいると自分まで幸せな気持ちになれます この幸せな気持ちがとても重要なのです 幸せに近づくために絶対不可欠の条件なのです あなたも本当に幸せになって周りの人をもっと もっと幸せな気持ちにしてあげるのです そうすればさらに上の幸せを掴むことができるのです よくよく考えてみると自分の不幸は誰のせいでもなく 自分が撒いた不幸の種が芽を出しただけです それを認めたくないから 他人のせいにしたくなるのです 現状が不平で不満だらけ 思うようにならない だから口をへの字に曲げて グチや嫉み 恨み言を並べるのです 会社への不満 上司への不満 家族への不満 学校への不満 どれをとってもすべての原因は自分なのです 現状を受け入れることが第一歩なのです そして弱者 負け組の側に寄らないことです 不幸になるだけです

木材乾燥とコンサルタント

12664798.jpg僕は、今までにいろんな種類の「木材人工乾燥機」をみてきました
見るだけではなく、その開発者や社長とも直接お話しをしました
約25年前から

今回見た機械は、全然、違った
外見は不細工、内部もなんか変
だけど、乾燥仕上がり具合と
考え方(理論)が、素晴らしい

同行された方も、無垢材から集成材まで扱う、プロ中のプロ
その人でさえ、感心されてた

「本来、木材が持ってる良さをひきだしてあげる」
『乾燥』というよりも『特性をひきだす』

コンサルタントもそうだと思います
上から目線で「教えてあげる」ではなく
その人、その経営者の良いところをひきだす、
あるいは、その人達に気付かせてあげるお手伝いをする

今まで多くのコンサルタントにお逢いしましたが
鎌田先生は、唯一そんな人でした
先生にお逢いしてなければ
僕の考え方も違ってたかもしれません

社長として、
人として、
本当に何もない、
何も出来ない僕だから、
みんなの良いところをどう出してもらえるかを
日々考えています。


写真の真中に写ってるヘルメットのおじちゃんは、
僕が人として尊敬しています
本当の意味の優しさと厳しさを併せ持ち、
いつも前向きに対応されてます
何も出来ない僕にとって
尊敬とあこがれでお付き合いをしていただいています。
「おめー、褒めても、何も出ないよ!」
という声が聞こえてきそうです。

時代の変化が読めた

c4fc138a.jpg時代の変化が読めた
点と点とが繋がった
変化の日付けがわかった
良い時代が来た

一番の不思議

b401ce76.jpg今、一番不思議な事、
それは、『2本足』で立ってること
(背が低く、足が短いからかもしれない)

どう考えても人って身長があり、
足の2点でなんで安定して立っていられるのか、不思議です

僕は、42歳の時、5・6・8月と3回めまいがして、倒れました
空が回ったんです

そんな経験もあって、安定して立っているのが不思議なんです
木でも3本あって、途中をヒモでくくり、
足を広げると3点でバランス良く立たせることが出来ます

人間の2点立ち、本当にすごいことでしょ
ところがそんな「凄い事が当たり前」になっています

そんなことはいっぱいあると思います
小さな事を考えすぎて、
大きな大切なことに気付いていないのかもしれません。

実は、夜弱いんです

1df46401.jpg恥ずかしい話なんですが、
実は、僕、夜、メッチャ弱いんです

22時頃にはベッドに入り、ゆっくり寝ないと次の日しんどいんです
歳のせいもあるんですが、若い時から、睡眠不足、ダメなんです

こんなこと書くと世の中の女性から嫌われ、笑われると思いますが、
子供がそのままおっさんになっッチャいました
(特に、佐賀県の石川さんには、本気で笑われそうですが)

夕食会は参加、2次会は不参加がほとんどです
皆さん、ごめんなさい、付き合いが悪い言いワケを書きました。

そのかわり、朝は強いですよ〜
あれ、これって、とり年の証拠かな。

PTA?

c0600871.jpg会議にパネリストで参加しました
テーマは、『地域おこし』

質疑応答で参加者から僕に指名質問
「徳田社長は、TTPをどうお考えですか?」

「どうお考えですか?」と聞かれてもね〜

ちょうど、1年ぐらい前にTTPの概要は聞いていました
普通の考え方や答えは、そんな難しくないと思った

が、普通でいかないのが「世の常」

「利権・特権・既得権益や政治家の皆さんの思惑など、
本来の大切な議論よりもそれ以外が大変」って、思っていました

世の中、タテ・横・ななめの人間関係もあるし、
そうなると何が正論なのか、
本論なのか、わからなくなる
その見本が今回の『TTP』

そんな質問に僕ごときが答えれるわけ訳がありません

「子供が幼稚園の時、僕はPTAのお手伝いしましたが、
TTPは、ようわかりません」とお答えさせていただきました。

一番記憶に残ったコト

5548adb4.jpg島根県から片道5時間かけ、会社見学に来社されました

せっかくなので、吉野山展望台・製材団地・製品市場
そして樹齢270年の吉野杉の山林見学
昼食は、柿の葉ずし
そして、国宝蔵王堂の見学も
バタバタっと吉野をひとまわりご案内

僕が一番記憶に残ったのは、
自分が勤務されてる会社や社長に対する感謝や尊敬の言葉でした
聞いてて、スゴク気持ちが良かった
夕食時アルコールが入ってからも同様だった

『良い会社に、良い社員』というか
やっぱり、『人財』って、本当に大切だと再認識したご案内でした


写真は、樹齢270年生の山を散歩してるところです
実際、山の中に入り、身体で『森』を体感していただけたのは、嬉しかった

自分の事が見えてない

16da98f1.jpg東経格言禄・東経情報より紹介させていただきます

批判

「批判はしたけれど 自分にできるだろうか」人のする事なす事 すべてが気に入らない 会社でも家庭でも一緒だ 嫁姑問題から会社での上司と部下  そして 同僚の言動がいちいち気に触る なぜだろうか それはあなたがわがままで無力だからだ テレビ番組に登場する評論家やコメンテーターの発言を聞いてみるとよい まことしやかに論評し批判をするが自分では何もできない人達である 人を批判したり 論評する前に まず自分で果してできるかどうか 間を取って考えてみるべきである 自分が不平不満の塊であることに気付くはず だからその不満の捌け口に他人や会社の批判をする それほど嫌な仕事 嫌な会社なら辞めなさい 何年勤めても決して幸せにはなれない 経団連会長を歴任した元新日本製鐵の社長であった稲山 嘉寛氏は「己の分を知っている人は 人の信頼も得られ 社会の中で重くなっていく 不満な人は会社で絶対に伸びない」と語っている


すべてを本当にわかっている人なんていないかもしれません
エコノミストもコンサルタントも
わかってないから、いろいろと話されるし、アドバイスが出来るんです
自分たちがその立場になると初めて見えない事に気付くのかもしれません。

上海、そして東京大学

4added88.jpg少し前、中国・上海で講演をしました
それも中国人の方々、約200名の前で。

なぜか、メッチャ、好評で
途中から聞いてはる人が泣き出しました

「おかしい、僕の話は、そんな上手くないはず」
と思いながら続けていると、やっと、その理由がわかりました

同時通訳をしてくれてる僕のパートナーが素晴らしかったんです

本来、同時通訳とは、僕が一言いうと、彼も一言訳す
当たり前です

ところが彼は、「3ことも5こと」も話してくれ、
その上、かなりオーバーに僕の事を褒めてくれてたみたい

講演が終わると聞いてはった皆さんが僕に握手と名刺交換を求めてきました

「僕は、全然大したこと話して無いんです」と
日本語で言ってもわかってもらえませんでした

ところが問題は、その後です

講演会場で聞かれた方が
「日本の東京大学で講演をしてくれないか?」と御依頼がありました

「そんなん、僕が出来る訳がありませんよ」と、
間違いなく、100%完璧かつ正確にお断りしました。

「上海でのご講演が大好評だったので、是非!」
『ご講演』と言われても、同時通訳者が素晴らしいだけなんですが・・・

ご依頼いただいた先生に恩義があり、
「それだったら、同時通訳者を入れていいですか?」とお願いしましたところ
「日本人対象なので、そのまま日本語でお願いします」

まあ、生きてるだけでも恥をかいているような人間なので
東京大学で思いっきり、恥をかくつもりです

悲しく、情けない

25164ccf.jpgお世話になった方が他界された
先日の実弟への思いも重なり、
大変、悲しいお別れだった

情けない事もあった
参列者で異常にマナーの悪い方々が目に着いた

ロータリークラブ・青年会議所のメンバー達だった
襟にバッチが付いてるから目立った

遺族が悲しんでる会場で大きな声で談笑したり、
片手を大きく上げ握手をしたり、
ロビー出入り口で集団になり通行の妨げになったり、
お年寄りが前におられるのに我先に焼香に争うように並んだり、

そんな様子を見て、情けない思いでいっぱいだった

むろん、全てのメンバーでは無く、ごく一部の人ですが
バッチが目立ち過ぎです
多分、ひとりだと何も出来ない人達だと思う

ロータリークラブ・青年会議所を否定するわけではありません
個人を攻撃するつもりも全くありません

本当は、そんな方々が「良いマナーの見本」を見せてほしい

悲しみも、情けない気持ちもいっぱいの告別式だった。
月別に読む
Feedと購読