自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2012年01月

近頃の若い奴は、

f5cd49d0.jpg近頃の若い奴は、・・・面白い
先日、お逢いした『中村君』
頭も賢く、なかなかの優れモノ
独特の「間の取り方」と「距離の持ち方」
背骨がしっかりとした
可能性ある若者(バカモノ?)が
増えてるように思う
ということは、日本の未来は明るい。

今朝の黒滝村

1f6fb86b.jpg今朝の黒滝村です
昨晩、少し雪が降りました
温度は、マイナス
この冷たさが
色艶を重んじる磨き丸太にとっては大切です

でも、ホンマ冷たい
景気は、もっと寒い
ふところは、・・・氷河期です。

DSC02988DSC02992DSC02989DSC02991

おもろい写真集

73ddcb0f.jpgよう出来てる写真集に出逢った
なんで、こんなの出来るんやろ〜
あまり考えたら、夜寝れなくなるし、
わからんもんは、なんぼ考えても、わからん。
でも、よく出来てる。

写真は、台湾の魏さん、謝さん、
そして、桜製作所の会長・社長・河崎さん
意味ないけど、好きな人達をアップしたかった。

潮目が変わった

f5717c25.gifモノの流れが変わった
潮目が変わった

その変化を見極める能力は、ある
だけど、泳げない
潮目の変化は、わかっても
泳ぐことが出来なかったら
どうにもならん
北島選手のように、上手く泳げたら・・・

「時代の変化を読む事」と
「自分自身の能力のなさ」
だから、やりがいがあるのかもしれない

たからもの

bd6621ea.jpg若い時によく言われた事
それは、『友達を大切に』

「友達を大切に」は、
できていないかもしれないけど
周りに大勢の友人達がいてくれる
本当のたからものは、この「友人達」

毎日のように大勢の友人達と話す
彼らとのご縁がなかったら、
今の僕はどうだったんでしょう

心残りは、「男ばっかり」
間違わないでください、
男性に特別な興味があるわけではありませんから。

あらためて、わかった事

94b20587.jpgあらためて、
自分の足が短かい事がわかった

山の伐採調査に入り、
いかにもいつも仕事をしてるように
「しっかり、写真とってや〜」

その写真を見ると
自分の事ながら
やっぱ、足、短い

まあ、ボチボチやったら歩けるし
みんなと一緒のときは、
知らんふりして
早歩きしたらええし。

その分、安定感は、ある
けど、会社の安定感は、ない。
西辻君の足の長さは、うらやましい。

平和な日々

8e3c05bc.jpg息子に借りた「ワンピース」を
3日間で15巻まで読んだ
(彼は、64巻までもってるそうです)

漫画って、バカにしてたらアカンと思った
深くて、いい内容がいっぱいある
「エエ加減なとこ」、「真剣なこと」の
バランスが面白い

とエラそうに言いながらも
よっぽど「俺、ヒマなんや」と自分自身、思った

子供たちが小さい頃、
よく遊びに連れてった
彼らが大きくなると
親と遊んでくれなくなった
長野県の宮崎君も同じだった

世の中、国内外が大変です
「平和な日々」といいながら
実際は、
『平和そうな日々』なのかもしれません


と言いつつ、今日もワンピース読んでます。

ふつりあい

f075d6b8.jpg「初孫さんへのお祝いです」
お世話になってる方から
お祝いをいただいた

小さな箱を開けると
メッチャ可愛い磁器のお人形が。
高さ、約6CM
手のひらにのる、
ちっちゃいモノです

裏(下)を見ると、
なんと「剣のマーク」が。
そうです、あの『マイセン』でした

その日から、僕の頭の中は、
「お礼、何すんの?」
「置くとこ、ないやん?」

ダイエット

b306f3ed.gif近所に手作りケーキ屋さんがあります
友人と「チョット、お茶でも」

お店に入ると
隣の席にだいぶ年配のオネー様4人が大きな声で話され
別に聞きたくなかったのですが
話題が『ダイエット』
前に座ってる友人の話より、
隣の会話が楽しかった

僕は勇気を出して、
「それだけダイエットの話しするんやったら
ここのケーキ、食べへんだらエエやん」

と言おうかなと思ったけど
奈良のおばちゃんもなかなかのモンなんので
言えなかった

スーパープレイ

b4637a6d.jpg卓球 世界選手権2011 スーパープレイです

見てて、本当に凄い
CGより、おもしろい

長時間のビデオを編集されたんでしょうね
それも凄いし
それを無料で見れる
ITの便利ツールも凄い

凄い事だらけの
世の中かもしれません


どこにいるの?

895b219a.jpg古川君からお電話をいただいた

「今、どこにいるん?」

って、僕が聞くと

「デニーズです」

あの〜、僕が教えて欲しかったのは

東京とか大阪とか

まあ、なんちゅうか、地域の事でした

僕達二人の会話は、なかなか「ハイレベル」です。

はまるかも

44c2086d.jpgおじさん連中との会議のさなか
たとえ話で『ワンピース』の話がでた
他の人達は、理解してたけど
僕は、わからなかった

夜帰宅し、息子に言うと
「64巻持ってるから、読んだらええやん」
って、優しくアドバイスをくれました

「この歳になってマンガなんか・・・」
と思いながら読み始めると、
なかなか深いものがあります

『はまるかもしれない』

黒滝村は、雪だった

886f6d5c.jpg今朝、黒滝村は、銀世界です

白い世界が大好きで

なぜか、心が落ち着くんです

メッチャ、寒〜い外で作業してくれてる社員には申し訳ないけど・・・

DSC02967DSC02970DSC02971

本当に幸せな事

山から桧と高野槇を伐採・搬出しました
写真は、その桧です

左側の写真は、約12Mあります
曲がっていますが3〜4Mであれば、直材もとれます

右側の写真は、左側の写真の真中あたりにある桧の拡大です
樹齢は、約80年生
(写真は、末口なので年輪は、少し若いです)
枝うち(手入れ)の後が、きっちり見えます
約40年ぐらい前に手入れされてるのわかります

3代前が植林して、
2代前が手入れをして、
先代が維持してくれ、
僕達が自社で伐採・搬出・商品化出来ます

これって凄い事だし、
本当に嬉しい事です

山を担当してくれてる中井君とも話しました
「本当に幸せなことですね」

DSC02912DSC02911

怖さを知らない怖さ

9c5eaf10.jpg1月17日、黒滝村は、雪が多かった
そんな中、東京・奈良・兵庫・大阪から
お客様がお見えになった

午後からは、
ほとんど雪が解けたのですが
裏道に入ると、すぐには解けない

そんな中、来社された方が
ノーマルタイヤ「都会仕様の車」で裏道に。

「そりゃ、無理やろう」
間一髪、事故することなく止まりました

「怖さを知らないから、悪気なく、怖い事が出来る」

僕は、歳をとったのと、
その上、チョッと人生経験を積んだものだから、
少しだけ「怖さ」を知ってしまった

「怖い事」をやらないということは、
前進しにくくなったのか、
少し賢くなったのか、
う〜ん、微妙。

DSC02905DSC02906DSC02907

出来る限り、頑張る

f09da046.jpg桧で株(根ばり)が着いてて
長さが6M以上、
末口寸法が30CM以上のオーダーをいただきました

正直、大変です
だけど、それが僕達の仕事です

木材は、建築物に対して、主役ではありません
あくまで『わき役』です
でも買っていただくいじょう『商品』ですから
自分達にとって、自信を持った『作品』です。
どこまでやれるかわかりませんが
出来る限り、頑張ります


写真はクリックすると拡大します
10トン車に7本しか積めませんでした
僕が持ってる「はさみ差し」は、直径を計る為です
でもこの写真、見れば見るほど、
僕の足の短さが気になります。

DSC02719DSC02845DSC02850DSC02892DSC02893DSC02894DSC02904

やっぱり、いいですね

d5551ce3.jpg以前にもご紹介した
宋 文洲さんのメルマガ、今回もいいですよ
長文ですが掲載させていただきます
こんな文章を書ける人って、尊敬出来ますね

年初の「平凡な日常」
宋 文洲

「ちょっとだけ置かせてくださいね」。足元のカバンから新聞を出すために私
は隣座席の人に言いました。しかし、彼のテーブルにコップを置こうとした時
に不味いことが起きました。私はその中のコーヒーを派手にこぼしたのです。

垂れるコーヒーをみて焦りました。「申し訳ございません!」と謝った後、す
ぐ「タオルください!」と添乗員に叫びました。タオルとティシュでテーブル
を拭き、椅子を拭き、「脚に付きましたか」と聞きました。幸いにして「脚は
大丈夫です」でした。少し安心して「お許しください」と再度謝ってもう一度
丁寧に拭きました。

世の中は不思議なもので、実は昨晩にも同じ場面がありました。主役は私では
なく娘でした。

数日前、我が家は足湯の機械を買いました。長いお風呂は疲れますが、足だけ
なら熱いお湯でも長く浸せて気持が良いのです。私がやり出すと子供達も小さ
な足を入れ込んできます。テレビを見ながら過ごす時間は至福です。

昨晩も8歳の娘と足湯を楽しみました。終わる頃、彼女が足湯の機械の縁に立
とうとしたため、機械が転倒し、大量のお湯が床にこぼれたのです。そのお湯
は床一面に流れ込みベッドの下にも広がりました。

びっくりした私が「何してんだ!」と大きな声で叱りました。家内が大量なバ
スタオルを持ってきて私がそれを使って湯を吸い取りながら「自分のしたこと
だから早く始末しなさいよ」と茫然としている娘に叫びました。

大人気ない私は作業しながらもさらに一言文句を言ったと思います。しかし、
その後、徐々に怒る気持ちが消えて行きました。娘が「私の責任だから全部や
ります」と言いながら一生懸命作業を始めたからです。

バスタオルを持ってベッドの下に潜りながら「私の体は小さいからベッドの下
を任せてください」と娘が言います。途中、ベッドの下から「パパ、私わざと
じゃないから許してね」との娘の声が聞こえた時、怒る気持ちよりも「自分が
大人気ないな」、「娘への教育は厳しすぎたかな」とむしろ反省を始めました。

自己反省と同時に8歳の娘に尊敬の念すら持ちました。自分の子供の言動に感
動を覚えたのは初めての体験でした。何か優しい言葉をかけたいのですが、適
切な言葉が見つかりませんでした。

作業が終わった後、自責の念のせいかどうかは分かりませんが、娘は自分の部
屋に戻って行きました。家内が様子を見に入りましたが、暫くすると真っ赤な
目をして出てきました。「一生懸命漢字の練習をやっていますよ」と。

私も涙が出そうでしたが、我慢しました。新年早々、自分も大切なことを娘か
ら学びました。それは彼女の行動でした。「私の責任だから」という言葉も響
きましたが、あの小さな体をベッドの下に潜らせた行動が一番私の心を動かし
たのです。

作業が終わって脚を引っ張って外に出した時は、娘のパジャマも濡れていまし
た。彼女はバスタオルと一緒に体も使って水を拭いたのです。その様子を見て
「私はちゃんと責任を取っているだろうか」、「私はちゃんと行動しているだ
ろうか」と強く自問しました・・・。

「もしもし、食事がきましたよ」。考え込んだ私の腕に誰かが軽くタッチしま
した。隣の方でした。さきほどコーヒーを溢された隣の方が私に優しく呼びか
けたのです。

皆さま、私の一年はこんな「平凡な日常」から始まりました。

(終わり)

寒い!

30c9dcf0.jpg今年、一番の寒さ
「マイナス5度」
まあ、北海道や北極に比べたら、まだまだ

でも、ホンマに、寒い
そんな中
製造のピークを迎え
社員は、効率よく動き
機械メーカーさんもメンテナンスを
会社の休み時間に
ロスなくカバーしてくれる
本当にありがたい

「この商品はいつ売れるのですか?」
昨年、来社された方の質問にあった
「それがわかれば苦労しないんですが・・・」
僕の答えだった

未来の全ては、わかりません
だけど今の『一生懸命』を大切にする

育林・間伐・出材・仕入・製造・在庫・品質管理・販売・デリバリー・フォロー
当たり前のことを当たり前に
ただ、それだけです。

DSC02833DSC02837DSC02838

見た目が大事?

78bf03e6.jpg作業服でデパートに行きました
たまに行く店なんですが
店員さんの「挨拶」というか
あきらかに、いつもと対応が違った
外商サロンに行っても
「外商担当者は、誰ですか?」
不審者のように質問されるはめに。

中身も大事ですが
「見た目」は、もっと大切かもしれません
もちろん、
しっかりした『人格者』であればいいのですが・・・


年末の紅白歌合戦は、良かった
若い時は、「なんでこんなの見るんやろ」
今や演歌中心に目を離せない
また、今回は、特に凄い人がいた
『レディーガガさん』
凄い歌手の集まりだったけど
彼女だけは、『異次元』
多分、「人格」も相当なんでしょうね
そうでないと、
「人格以上の事は、出来ない」はずです。

松平さんへの思い

3060ce8d.jpg僕が中学3年生の時、
テレビで『ミュンヘンへの道』が放送されました
1972年、ミュンヘンオリンピックで金メダルを獲得

「凄いな〜、松平さんを是非、黒滝村に呼びたいな〜」
それが30年前、僕が24歳の時、実現しました
本当に、この黒滝村で
村民を対象に講演会が開催されました
不便な、こんな山奥に来ていただき、
「自分たちだって、やれば出来るんだ」という
多くの感動を与えてくれました

その松平さんが昨年末、永眠されたことを知りました
だけど僕の心の中に、
松平さんは、
これからもずっといてくれます。


松平さんの歴史です
(BSフジ『堂々現役』から掲載させていただきました)
月別に読む
Feedと購読