自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2012年02月

忘れてる大切な事

3fba8ff3.jpg友人から、
子供さんの写真を送っていただいた

どうですか、この『笑顔』
心からの笑顔です
(写真は、クリックすると拡大します
本当に可愛い笑顔です)

もしかしたら、僕たちは、
この『笑顔』を忘れていませんか?

全然、難しくない、
だけど、笑顔になれない
そんな気がします

おそらく、お父さん、お母さんの育て方が素晴らしいんだと思う
そうでないとこれだけの笑顔は、無理
簡単そうで、出来ていない『笑顔』
この写真は、それを教えてくれたように思います。

明日から、いいえ、今から、
『彼女の笑顔』に負けないようにしましょうよ

珠玉の名言

dbbe01c4.jpg「おれは助けてもらわねェと
生きていけねェ自信がある‼」

ワンピース ルフィ


Pen2月1日号に掲載されてました
コミック65巻中、35巻まで読みましたが、
この言葉にワンピースが凝縮されてると思う

藤田社長のこと

ae565f17.png藤田晋社長の取材記事がありました
「会食を減らし、
海外出張を控え、
セミナーの講演もやめました。
取材もほとんど受けていません。
それほど、仕事に集中しています。」

(自分たちは?)
『気持ち良い友人達とだけ宴会をし、
理由を付けては、
国内外に研修・視察の名目で出張し、
いろんな会議へ顔だしする』

現場(会社や社員)を置き去りにし、
大義名分をいろいろと並べて、
現状逃避するだけの
実績をあげれない社長は、
早く誰かに
「バトンタッチ」が
必要かもしれません。
それが社員の為、
会社の為、
貴方自身の為かもしれません。

間違いなく、『そんな時代』です。


と、自分に言い聞かせつつ、
この文章を書いています。
藤田社長は、若いけど、尊敬できる人です。

できる喜び

c9899ea1.jpg『挑戦』『トライ』
どちらも好きな言葉です

「景気がどう」
「時代がどう」
いろんな事があると思う
でも、どの時代も、なんなっとある
(なんか変な関西弁、いや吉野弁かな)

生きてるから、トライできる
生きて行く為に、挑戦できる

それを「大変だ」と言うより
いろいろとやれる
『喜び』に変わるんです

今日も一発、頑張りましょうよ。

新しい時代

8988aeff.jpg今日、来社された方
38歳、男性、事業主
メチャクチャ、明るく、元気

お話をして、
イメージが逢わないお客様には
仕事をお断りをする

「お金儲けを考えていない」
と言えばウソになりますが
間違いなく優先順位は、
後ろのほう

眉間にしわを寄せて
「不景気でんな〜」
「エエ話しありまへんか?」では、
人もお金も寄ってきまへん

「尊敬する人は、誰ですか?」
僕が聞くと、彼は即座に答えた
「左甚五郎さんとアインシュタイン」

「最終的なビジョンは、どうなん?」
その時は、笑顔ながら、真剣に、
予想だにしなかった素晴らしい回答をされました
(中身は、秘密)

本当に不景気ではない、
『新しい時代』が来たんだ
それを確信した1日でした。


(追伸)
又、今日は、ビックリするようなご相談が入り、
ワクワクする楽しい出逢いが始まりそうです
本当に良い時代に突入しています。

薫ちゃん・・・

6501baa6.jpgバレンタインデーの日に
海外の男性の友人から電話が入った

「バレンタインデー、どうですか?
あの『薫ちゃん』から、チョコレート、もらいましたか?」

あのな、あの『薫ちゃん』っていうのは、
長野の材木屋のおっさん社長の事。

「わざわざ電話をくれたん、他に用件は?」って聞くと、彼は、
「久しぶりに、日本語の勉強したかっただけで〜す」


僕の友人のレベルは、こんなに高いんです。

「おめでとう‼」

a738b002.jpg温かい部屋にいても
身体が寒い
食事をすると
急にポッカポカになる

友人の医者に聞いた
「急に体温上がるって、どこか悪いんやろか?」
すると、彼は
「そりゃ、おめでとう‼
ファイアー・フラッシュ
老人の入り口、更年期障害」

ようわからん、単語がかえってきた
人ごとのように聞いてたものばかり

「せやけど、やっぱりお医者さんは凄いね
すぐ、わかるんやから」
って、僕が言うと
「いや実は、僕も近頃そうなんや」
と、友人の医者が返事をした

「他に悪いとこないやろか?」
彼は、自信を持って僕に言ってくれた

「頭の回転」と
「顔の部品の配置」と
「腹が黒いとこ」かな


いい友人を持った僕は、幸せものです。

自然木マイスター

b446b690.jpgドイツの「マイスター」は有名です
日本にもその言葉はあります

だけど徳田銘木では
その『マイスター』という名称だけでなく
実践をしています

過去25年間、
年間販売本数 約20,000本
累積本数 約500,000本

肩書きだけなら、
なんでもいいです
実践している社員
特に弊社専務の右に出る人はいないと自負しています

薄っぺらい「こうすりゃ、売れるさ」ではなく
「こうしなければ、喜んでいただけない」

どんな時代であろうと
いかに継続を考えるかが大切です。

ブレーン

c888cf03.jpg
多くの企業アドバイザーをされてる方が来社された
「久しぶりにいい時間になりました」
『目の輝き』と『その言葉』がよかった

誰とお話しても
視点・内容・スタンスは変えないつもりです
いちいち変える能力もありません

過去、やってきた事、
今、やってる事、
そして、これからやろうとする事、
ただ、それだけです

僕にとってもったいないようなブレーンが
また、ひとり増えた1日でした。


写真は、上海での僕のスピーチの様子です
拍手・喝采、涙する人もいました
それは、僕にではなく、
同時通訳をしてくれたパートナーが素晴らしかったんです。
彼も大切なブレーンのひとりです。

製造がピーク

b5adfa1e.jpg磨き丸太の製造がピークです
社員が頑張ってくれてる
みんながいるから、
これだけの作業が出来る
さあ、頑張ろう。


120204_082205120204_082907120204_083003

木材市(もくざいいち)

ce0fde6a.jpg今日は、木材市があり、原木を出荷しました
テレビでやってる魚のセリ市のような感じです
セリの責任者が、買い方さんが大勢いる前で
「徳田さん、これぐらいの値段からスタートしましょうか?」
と聞かれましたので、僕は、
「いくらでもええよ、皆さんが買ってくれたら〜」
変な笑いがおこりました

買い方の皆さんの目を見たらわかります
いい加減で仕入れに来てるのか、
それとも真剣なのか、
間違いなく、後者です
と言うことは、皆さんに任せて、問題はないのです。

高い・安いも大切ですが
買っていただけることが
一番です。
月別に読む
Feedと購読