自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2012年09月

社長を整理

友人の会社の今期目標は、『5S』だそうです
わかりやすいWEBがあったので掲載させていただきます。
5Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・躾(鍵山秀三郎様の講話より)

1. 整理をする。
 一つ目は整理をすることです。5Sの中で一番難しいのが、整理です。
これができたら、5Sの9割が出来たも同じです。
整理をするとは、要るものと不要なものを分けることです。
書類1枚が必要かどうかの判断をするようにしないといけません。
要りもしないものを何年も保管しておいて、やっぱり要らないからと
捨てなければならないこともあります。
かと思うと処分したすぐそばから、要ることが分かって、
ごみ箱を探すようなこともやります。
分別ができるようになるということは、「人間の生き方」そのものなのです。

2. 整頓
しまい忘れてしまうことがよくあります。
箱などに入れて、一体ナニが入っているか分からない状態です。
整頓とは、何であるかをきちっと明示することです。
たとえば、ファイルの背中に明示をするということです。
整理と整頓を同じ様におもう人もいますが、整理と整頓はこれだけちがいます。
分別をすることと明示することです。整頓をすると仕事の質が高まります。

3. 清掃する。
清掃すると言うことは、垂れ幕やスローガンに貼ることではありません。
手足を使って行動することです。

4. 清潔
清潔とは、いままで上げたことの3つをずっと維持することです。

5. 躾
これらのことが、いちいち言われなくても自然に身についていることです。
習慣として身につくことです。

これが、5Sの本当の意味です。


徳田銘木の場合、社員ではなく、
まず、社長自らが、実践かな〜
もちろん、『社長を整理する』からです。

道元禅師さま

『無常ならざるもの』
生まれたものは死に
会ったものは別れ
持ったものは失い
作ったものはこわれます
時は矢のように去っていきます
すべてが「無常」です
この世において
無常ならざるものはあるでしょうか

-------------------------------------
『どう生きるか』
生まれて死ぬ一度の人生を
どう生きるか
それが仏法の根本問題です
長生きをすることが幸せでしょうか
そうでもありません
短命で死ぬのが不幸でしょうか
そうでもありません
問題はどう生きるかなのです

--------------------------------------
(大変わかりやすく、為になりましたので掲載させていただきました)
高祖道元禅師750回大遠忌記念
道元禅師からのメッセージ

---------------------------------------

厳しい・・・

『厳しい時代』
だから、やりがいがある。

って、チョッと格好良く言いながら、
「シンクロ」の徳ちゃんでした。

【追伸】
「シンクロ」の意味
水上では、笑顔で演技をしつつ、
水中では、必死に足をバタバタしてます。

【付録】
アカンことは、なんぼしとってもアカン。
商売のセンスのないもんは、なんぼ商売してもアカン。
だから、僕は、出来ないのです。

もちろん、負け惜しみです

木も森も見えない

『木を見て森を見ず』

WEBで調べると
「細かいことばかりに気を取られて、全体を見わたせないこと」

木材市場・住宅資材の展示即売会・会社の経営など、
壁に当たってる所ほど、
この言葉が当たってると思います。
(おっさん・ダジャレでんな〜)

根底にある問題に対し、
眼をそらさないで、
正面から、真剣に取り組まないと、
いつまでたっても「前向いていかない」どころか
『負』に真っ直線に進むしかないですよ。

と言いながら、自分は、どうなんやろ。

落ち着きがない

昨日も相変わらず、落ち着きがない1日だった、
というか、僕の性格がそうかもしれない

朝から東北の友人に電話で近況を教えもらい
そのあと、たまたま、関東・北信越・九州からお電話をいただいた

そうこうしてると、中部地方の友人から突然携帯に
「今、奈良にいるねん。どうせ、暇やろ」ということで
すぐ会社を飛び出し、楽しい時間を過ごした

世間一般に言うと『充実した1日』でした、
多分・・・


四国の知人から旬のスダチが届いた
北海道の友人から美味しいカボチャが届いた

(もしかしたらと念じましたが、)
現金は、いくら待っても届かなかった

大勢の友人達の「おかげで生かされてる」見本のような1日でした。
ありがとうございます。

この差は、なんやねん。

ラジオから流れてくるお話が
「以前、お逢いした人とそっくりやな〜」と思った

最後にアナウンサーさんが
出演は、経済ジャーナリストの浅井隆さんでした
やっぱり、そうだった

彼が無名の頃、お話をする機会があった
目のつけどころが、チョッと(だいぶ?)違ったうえ、
話の内容が、鋭かった。

かたやマスコミなんかにバンバンに出てるし、
こちらは、山奥でひっそり余生を過ごしてるし、
この差は、なんなんやろ。 

漢字力と記憶力

新聞を読んでるとこんな記事があった

漢字を正確に書けなくなったと感じる人が6割強に上ることが20日、文化庁の2011年度「国語に関する世論調査」で分かった。01年度に行った前回の調査より25ポイント増えた。漢字変換機能のあるパソコンや携帯電話などが普及し、文字を手書きする機会が減ったことが影響しており、同庁は今後もこの傾向は拡大すると予想している。

『う〜ん、なるほど』と思いながらも、
「歳をとるとモノ覚えが悪くなる」と重なった感がした

僕は、漢字は、苦手だったし、
記憶力が良かったら、モーちょっと勉強して、
違う学校や道に進んでいたかもしれない

漢字力も記憶力も
生きていくために、
もっと必要だったら、
結果は、違っただろう。

(病気の場合を除いて、)
自然な流れかもしれない。

木工作家を目指しませんか!

fb5c885c.jpg奈良県吉野の山奥で
木工作家をめざしませんか?
素材とイメージは、いっぱいあるんです
興味がある方、ご連絡ください。

どうしよう?

700b29df.jpg「どうしよう?」とか
「怖いな〜」とか
いろいろと考えてるより
早いうちに
正面から当たっていくと
いっぺんに気が楽になった。

嫌われてもええやんか

「ここだけの話ですが・・・」
「貴方にだけ言うのですが」などなど

こんな枕詞をつけて話されても
嬉しくないどころか、
その人を信じられなくなる

陰でこそこそ言っても仕方ない
だからと言って、直接、本人に言っても、嫌われる場合が多い
だけど、一番いいのは、ストレートに言ってあげることかな〜
それで嫌われたら、ええんちゃう。

老けたな〜

82228826.pngテレビのスイッチを入れるとドラマをやってた
俳優さん達をみて、驚いた
「みんな、老けたな〜」

若い時を見てきただけに、
「なんで、こんなに歳とるのよ」
昔に比べ、テレビがより鮮明に写され、
お化粧でカバーする限界があるのかもしれない

「あの女優さん、いくつなんやろ?」と思い、
インターネットで調べた
なんと、僕より8歳も年下だった

と言うことは、人の事いってるより、
「自分は、もっと老けとんね」
と言うことが、わかった。


若い衆

1b1f9764.jpg今日は、吉野に関係する3人の若い衆が来社してくれた

ひとりは、頭脳明晰な製材所の後継者
ひとりは、その製材所で働きながら、最終的には、山での仕事を夢見るタフガイ
ひとりは、山と街をつなぐセンスあふれるデザイナー

彼らと楽しい時間を過ごせた
みるみるうちに、彼らの目の輝きが変わっていった

正直で、前向きで、明るくて、こんな連中は、間違いなく成功する
今日も自分なりに一生懸命、対応させていただいた
引出しの出し方は相手によって変わる
彼らの目の付けどころや質問の内容のレベルも高かった
純粋なスタンスにも、心動かされた

吉野、日本、そして、業界の未来は、
『明るいんチャうか』って、感じた1日だった。

一歩ずつ前進

d60e9270.jpg

今日の東経格言禄・東経情報より抜粋させていただきました
簡単そうで難しい、だけど、そのとおりだと思います。

『歩になれ』

毎日毎日あれをしろ これをしろ と指図ばかりされて少々嫌になっている新入社員諸君 五月病も乗り切り はや4カ月がたつ まず第一関門は突破したといっていいだろう しかし これからが長い 次は3年先を見据えて社会人としての人生戦略を組む 向こう3年間は将棋でいう「歩」に徹することだ 君が一流大学をでていようが今はただの一兵卒だ 上司から命令されたら「ハイ」と大きな返事をして与えられた仕事に挑戦する どのような無理難題も「ハイ やってみます」と言って頑張ることだ いつしか上司は「あいつは絶対にできませんとか 無理ですと言わない」との印象を持つはずだ それが君を強くする なかには自分の失敗を君に押し付けてくるような能無し上司もいるかもしれないが そのような上司は早晩つぶれて消えるから心配ない とにかく歩に徹することだ 将棋に「歩のない将棋は負け将棋」という格言がある 歩は決して後に引かない 一歩一歩前に進むことだ 必ず地力がついてくる

寂しい

48b9938f.jpg元アサヒビール社長の樋口広太郎さんが亡くなられた

1995年には、石川県でのご講演を拝聴し、
たまたま、京都までの帰りの列車・車両が同じで
ざっくばらんにお話をさせていただきました
『前例がない、だからやる』などの名著も素晴らしかった

小渕政権下では、経済戦略の要職を受けられ、
日本経済再生に向けた道筋を示されました。

大局を見ながらも、気骨のある人って、
なかなか、おられない。
年上の尊敬される人が亡くなられるのは、
寂しい思いがします。
特に樋口さんの面影が、
どこか、亡き父に重なるところがあるのかもしれません。

近頃、有望な若い人達に多く出逢います。
先人の教えを大切にしつつ、
これからは、若い人達にも
いろいろと教えてもらおうと思っています。
 

本当のプロ

023b9818.gif車修理の為、自動車ディラーに持ち込んだ

すると、若くて、一見、「チャラオ君」が出てきて
「こんな男の子、修理出来るんかな〜?」って、思った
ところが、どっこい、
手際良く、悪いとこを見つけ素早く対応してくれた。
オイルとエレメントの交換も頼んだ。
すると、彼は、
「来月車検ですから、もったいないし、
その時で十分ですよ。是非、うちで車検お願いします。」

自動車業界の営業のコツは、
「1台目の販売は営業マンが売り、
2台目以降は、サービスが売る」

まさに、それを実践してる、若い男の子だった

会社に戻ってから、ディーラーのサービス部門の
トップの方に電話でお願いしました。
「是非、チャラオ君を他の社員の前で褒めてあげてくださいね。
それと来月の車検も是非、御社でお願いします。」

素晴らしい事は、自分とこはもちろん、他の社員であっても、
本当の事を言ってあげたいんです、僕の悪い癖かもしれませんがね。

雪がふる

d888d0d9.jpg自分の部屋
殺風景で必要なもの以外、何もない

良いお天気だったので、
珍しくというか、
結婚してから、
「何回目」かの自分自身でのお掃除

布団も干した
かけ布団や敷き布団のカバーや敷きパッドも外し、
洗濯機で洗った

こんなことしてたら
「雪が降るんちゃんか?」と思ってたら
突然、雨が降ってきた

仕事などに没頭し、
家事は、女房に任せていた事をあらためて、わかった

と言っても、そんな御礼の言葉を口にしたら
「なんか、悪い事したんチャうん?」って、言われるか、
「先、短いチャうん」
だから、変な事、言われへんし。

女房に感謝しつつ、
これからは、出来るとこ、ボチボチします。




運だけです。

029de4ae.jpg過去30年間の会社の詳細な業績推移をみた
正直、ビックリ。
この30年間で『大きな変化』に驚いた
「運が良かった」としか言えないほどの激変。

そもそも、この分析をみれること自体が幸運でした。

だいぶ前に、当時の松下電工本社で役員さんにお逢いする機会があり、
事業部制のお話を教えてもらった。
「そういうコトなんや」
薄っぺらい、底の浅い僕にとって、
「表面だけ、真似させてもらった」

それ以降、社内の分析が可能になった
当時、高価であったが、「オフコン」の導入も良かった
また、95年以降、パソコンやソフトが使いやすく、
安価で手に入るようになりましたが
そもそもは、『松下さん』のおかげです。

でも、大きな問題があります。
分析出来ても、その対策を打つ能力が無い事。

偉そうな文章を書きながらも、
「まあ、こんなもんでっしゃろ。」

僕たちの大きな目標

321dfe3b.jpg息子に紹介したかった親子がいた
父親は、僕と同い年で、会社経営者
息子さんは、30歳前後かな
学生時代箱根駅伝を目指し、大学進学をしたが
レギュラーとして、箱根を走ることはなかった

その会社を息子と訪問し、
社長の考え方や業績に、親子共々驚かされた
とても僕達が真似出来ない、
素晴らしい会社だった

息子さんには、それ以上に関心させられた
駅伝の選手としての夢は、実現出来なかったかもしれない
だけど、控えで最後まで頑張った事が
1人前の社会人に成長させたように思えた

父親が息子に、立派な背中を見せ、
また、息子が誠実に、一生懸命頑張る姿、
とてもとても、僕たち親子には、足元にも及ばない光景だった

彼ら親子を大きな目標として頑張っていきます。
息子も僕も。

キムラ君

ba851da4.pngcc0a9f69.jpg若き日のキムラ君と
不思議な同級生の会話です

なんというか、
なかなかの雰囲気の女性です。

あらためて見ると、やっぱ凄い

163729ec.jpgサッカー中村俊輔選手のプレー
全盛期、やっぱ、凄かった

綺麗だし、切れがあった

誰でも成長期があり
隆盛な時代があり
衰退モードに進んでいく
そんなもんですよね〜
個人も会社も
街や国も文化もかな。
月別に読む
Feedと購読