自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2012年11月

『革命』

fe2e3255.jpg衞歎工業・中島社長自ら
ご講演・工場見学のご案内をしていただいた
そのキーワードは、『革命』

彼の話は、素晴らしかった。
過去を振り返り、
世界の現状を見据え、
未来を語った

おうかがいしたのは3回目
「レベルの高さ」、
「考え方の深さ」、
「現場の進捗度」など
総合的なバランスが
とれてた。

自分の勉強不足を再認識しながらも
未来を感じる時間を過ごすことが出来た。

70円の使い方

0e31a246.jpgレンタルDVDを1本70円で借りた
アダルト系では、ありません
『空海』
個人的には、面白かった
約3時間が、短く感じた
時代がそうなのか、
それとも、僕の歳のせいなのか、
「趣味」が、変わってきた。

価値観

81f8f841.jpg「木材の価値観」が
変わってきた事を感じる
良いとか、悪いとかではない

全てのモノがそうかもしれない
その変化を楽しみながら、
この時代を生きることが
メッチャ、楽しい。

徳田銘木の夢

こんな山奥で
変な会社に
毎日のように「誰か」が来てくれます。
本当に有難いことです。

近頃、木材が「新しい評価」をされ、
多岐にわたり、常にステップ・アップが必要です。

徳田銘木の目標は、
自分達が得意とし、
気持ち良く、
関係する全ての人達に
喜んでいただける流れを創ることです。

そんな「夢」みたいなことを
本当に、真剣に、やっています。

見たくない理由

テレビの政治番組を見たくない訳
それは、政治家同士が声大きく、
相手を抑え込もうと、言い争いをするから。
特に自分たちが不都合になった時、
顕著に現れます。
お互いが理解しあい、
主役である国民が幸せになることを本気に考え、
実行してくれることを願っています。

マナーや常識

a0d1e363.jpg選挙が近づき、山道にまで
立候補しそうな人達の「顔看板」が増えました

「土地所有者に、許可はとってるのかな?」

定かではありませんが
とても全て許可を得てるように見えません

「マナーも守れない人達に政治を委ねていいのかな?」

今に始まった事ではありませんが
『未来』を考えると
どこか、寂しい気持ちになります。


「マナーや常識が無いから、政治が出来るんです」
では、あまりに寂しすぎます。

太陽の塔

dc1275c8.png万博記念公園に
『太陽の塔』があります
先日、同様の名前を聞いた
「太陽の党」
漢字が違った。


政治を揶揄するつもりはありません
どこかで聞いた名前だと思い、
自分で、自分が、可笑しかったんです。

『何のために』

ebd058d9.jpg『何のために』
何のために仕事をしてますか? フランス人は「バカンスを楽しむために」  南太平洋の人々は「奥さんや彼女にプレゼントを買うため」日本人に同じ質問をすると「食うために働く」と言う 仕事は誰にとっても生活の手段である 一番大切な家族を養うために頑張る しかし それだけでは侘びしいではないか 愛する者を守り 好きなことをやる そのためだからこそ嫌な仕事でも頑張れるのだ 五日間徹底的に仕事をする 二日間は徹底的に好きなことをやる それが人生だ 仕事も遊びも真剣勝負だ いまのあなた 少し中途半端じゃないですか ワーキングプアーに甘んじるのなら 確かに食うだけの人生だろう しかし 本誌読者は違う 曲がりなりにも正社員としてあるいは経営者として 自分の会社が在るではないか ならば 仕事も遊びも中途半端じゃなく徹底的にやろう 男も女も本気で人生を送っている人はみな輝いている 老いる暇なんかない 一度の人生だ 徹底的にやろうではないか


もちろん
僕自身は
自信をもって
何も出来ていません。
(写真は、高野山・奥の院参道です。
本文は、東経格言禄から転載させていただきました。)

山の中での打合せ

f09fbaf4.jpg山林伐採チームから連絡が入り、
若い工場担当者2名と山に直行しました

山の中で
「どの立木を伐採するか?」と
「木のカットの長さと直径」の打合せでした

若い衆の打合せを聞いてて、楽しかった
ひとりずつの考え方の違いがわかった

僕の結論は、
「いろんな事を試してくれたらいいし、
みんなに任せます。
ケガだけには、気をつけてください」

年末には、ヘリコプターで搬出予定です
どんなカタチで出てくるか、
今から楽しみです。

三途の川

ac640c36.jpg高野山・奥の院を歩いていると
突然、声をかけられた
「中の橋」付近で
通称『三途の川』と呼ばれてるところ。

「もしかして、地獄からお迎えの声かも・・・」

それは、岡山の田中社長だった
「経済同友会の研修旅行なんや」

田中さんは、儲かりすぎての旅行だし、
僕は、不景気挽回の「最後は、神頼み」
同じ、高野山でも、エライちがいです。


高野山って、お寺やから、
『神頼み』というより、
『仏頼り』

まあ、お互い男連れで良かった
「世間、狭いね〜」
「悪い事、出来ませんね〜」

視界に入らない

d69a9800.jpg昨年、15年間飼ってた
ワンちゃんと猫ちゃんが
ともに老衰でなくなった

その姿を見てたので
当分の間、飼うのは難しいと思ってた

ところがご縁があり、
マルチーズの赤ちゃんを見てしまった

可愛いと思ってたけど、
こんなに可愛いいとは、
想像出来なかった

すぐに家に連れて帰りました
間違いなく、
子供や女房には
今まで以上に
『僕の存在』は、
視界に入らなくなりました。

先人の教え

88fd9b7b.jpg今年も山の木の伐採時期が来ました
1年、あっというまです
写真は、『高野槇』

昔から言われてる
良い旬に伐採し、
寒い時期に皮を剥ぎ、
色と艶を良くする

時代がどう変わろうと
変わらないものがある
先人達の智慧と知識を尊重し
未来を創っていこうと思っています。

口コミに、ご注意

初めての町に出張。
ネットでホテルの口コミを調べると
「部屋が広くて、ベッドも大きい、
そのうえ、リーズナブル。
絶対、今度もこのホテルに決めま〜す。」

「よっしゃ、ここや‼」
でも、なぜか一抹の不安がした。
夜21時過ぎ、チェック・イン

間違いなく、部屋もベッドも、立派。
その上、お風呂も異常に広く、
バスタオルは、
ほのかに安物香水の匂い、
ベッドの枕元には、
照明や音響のコントロールパネルまであった

そうなんです、『元・ラブホテル』でした。
その上、角部屋
薄気味悪いし、寒いし、なんか出てきそうだし、
でも、いつのまにか、爆睡。

「おれおれ詐欺」ではないけれど、
お見事『口コミ詐欺』に、はめられちゃいました。

月別に読む
Feedと購読