自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2013年12月

最高のクリスマス・イブ

自宅で女房の美味しい手作り料理、

家族の笑顔と

楽しい会話、

当たり前の事かもしれませんが

最高のクリスマス・イブです。


モネが愛した花々

瀬戸内・直島にある「地中美術館」
その近くに「地中の庭」があります。
モネが愛した花々です。
DSC05321

黒猫が、来ました?!

9bdec3fd.jpg百瀬くんと電話してると、
突然、彼が電話のムコウで叫びました
「黒猫が来ました。電話、切ります」

自慢じゃないけど、僕は、感がいいもんで
「黒い猫が来て、魚か食材を食べようとしてるんや」

折り返し、彼から電話が入り、
「黒猫、大丈夫やった?」
って、聞くと、彼は、
「はい、すぐ帰りました」
普段から丁寧な話し方する人やけど、
「猫に帰りましたは、変やんか〜」

やっと、わかりました。
黒猫は、黒猫でも
「宅急便のクロネコさん」でした。

「お互い、変な人同志やから、まあ、ええか」
で、終わっちゃいましたが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「変な人」と「おっさんギャグ」を足して、
3で割ったようなもんです。
あと1は、これを読んでくれてる貴方かな。

出来るならば、お逢いしたい

学生時代、長野で
大変お世話になった人がおられました

その人と親交があった方が
偶然、ご来社されました

不思議な事に、お二人が重なって見え、
仕事の話をする気になりませんでした

不思議な時間でした
皆さんと話しながらも
僕の心は、別なところでした

無理な事とわかりながらも
もう一度お逢いしたい気持ちでいっぱいです

あれから35年、時間が経っても、
まだ、その人にお世話になってるのかもしれません。





「ご縁」と「出逢い」

東京出張中の今朝、facebookに
「ご縁」と「出逢い」をアップしました。
すると、どうでしょう、
たまたま、コメントをいただいた、
奈良県の隣村、川上村ご出身のインフォリーフ株式会社
古瀬社長と彼の東京オフィスで
早速、お逢いする事が出来ました。
彼は、東京大学出身でもあり、
頭の回転が速く、知識・経験、
共に豊富なのがすぐにわかりました。
その上、岡仁製材所の岡本君が
彼と小中学校の同級生で
それもお逢い出来るご縁だったと思います。

「どんな、お仕事なんですか?」じゃなくて、
「何をしてほしいのですか」のレベルです。
2時間お話をさせていただきましたが
メッチャ、時間が短く感じる楽しい時間でした。

それに、オフィスの女性スタッフの感性も良かった。
「素晴らしき経営者に、素晴らしきパートナーありき」です。

こんな素晴らしい「ご縁」と「出逢い」、
僕の人生、こんな繰り返しで、
友人達が大切な財産、宝物です。

近頃の若い奴は・・・

d414eb83.jpg最近、思う事、
「近頃の若い奴らは
メッチャ、素晴らしい」

自分が若い頃、
何も出来ていなかったし、
今でも、全然ダメ。

でも、近頃の若い人達は、
マナーも良いし、
考え方もしっかりしてるし、
朝も早起きだし、
どこかが、立派。

こんな若い衆が大勢いるってことは、
もっと、もっと、「明るい未来」が
間違いなく、来ると思う。

「寒っ〜」と、思いきや・・・

01f591c5.jpg朝、出社し、エアコン入れても
部屋が暖まらない、どころか、
時間が経ち、余計に寒気がしてきた。

「風邪、ひいたんかな?」
と思い、エアコンの温度を上げようとすると、
なんと、リモコンの表示が
「暖房」ではなくて『送風』。

そりゃ、寒いはずです。
天井から「高速扇風機」状態でした。

ふところ具合が寒いのには慣れていますが
エアコンにまで見放されました。

---------------------------------------
写真は、香港です。
お店・正面のサンプル棚の横の
「曲がった木」使っていただきました。

栗田くんの事

55990034.jpg社内で、複数の
「ワクワク・プロジェクト」が進行中です。
僕が勝手にネーミングした、
簡単に言えば、
「社長のロマン」みたいなもの。

そのプランのひとつで、
取引先営業マン「栗田くん」に
出逢いました。

彼は、30代で、明るく、元気です。
(後で、41歳って聞きましたが、メッチャ若く感じました)
初めて逢った時から、ハキハキしてるし、
こちらが依頼する前にきっちり準備をしてくれる、
なかなかの好青年です。

その栗田君に見積書を土曜日までにお願いしました。
「もし、無理だったらいいよ」、とも言いました。
金曜日の夕方、ポストに何も無かったのに、
土曜日の早朝、見積書がポストに入ってるのです。

「なんでやねん」と思い、彼に連絡をとると
僕との約束を守るために、深夜、大阪からわざわざ、
山奥の黒滝村まで、持って来てくれたんです。
(いくら急いでも、片道2時間以上です)

「凄いやんか」って、言うと、
「お約束をすると、出来るだけ、努力をします」

彼は、毎朝、奥様にお弁当を作ってもらってるそうです。
早朝、何時であろうと、奥様が用意されるそうです。
彼も凄いけど、奥様も素晴らしいです。

「僕達が忘れてる大切なこと」を
栗田君や奥様は普通にやってられるんだと思います。

そんな栗田君と、プロジェクト、進行中です。
絶対、良いカタチにもっていきます。
こんな素晴らしい人達に恵まれて、幸せです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このプランが実現すると栗田君と彼の会社を紹介します。
同じ思いをされてる人達が多いはずですから。

回転寿司の意味。

9ee9c099.jpg若くて「超博学」な友人がいます
一緒に回転寿司に入ろうとすると
待ってる人でいっぱいです。
普段でしたら
「この店、やめとこ」なんですが、
友人は、そうでなかった。

「回転寿司にはふたつの意味があります。
ひとつは、お寿司が回転してること。
ふたつめは、お客様の『回転』が早いこと。
すぐです、待ちましょう」

暇だし、そのまま待ってると、
ホンマ、そのとおり、
あっと、言う間に、順番が来ました。

「無駄な知識です」と笑ってたけど、
そんな事はない、
人生に活かせる
素晴らしい知恵です。
こんなブレーンが周りにいると
メッチャ、楽しい。

バントでホームラン。

イチロー選手の
「バントでホームラン」を見つけました。

笑っちゃうというか、凄いというか、
ようは、彼がバットの芯でボールを
とらえてるからなんでしょうね。

僕達も同じで
「モノゴト」を芯で見ていくことが
大切なんだな〜と思っています。

--------------------------------------------
最初、この画像見た時、
「ホンマ、凄いな〜」と思いましたが
よくよく見ると、ピッチャーの背番号が
「投げた時」と「打たれた後」とでは違うんです。
そうです、合成画像らしいです。
あきませんね〜、もっと、真剣にモノゴトを見ないと。
月別に読む
Feedと購読