自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2015年01月

「ごめんね、中森君」

昨日、今日、二日間、全国から女性だけのグループ14名来社され、
森や工場、いろいろご案内させていただきました。

お泊りは、吉野山にあるあの有名な「竹林院群芳園」

昭和天皇、今上天皇、そして皇太子浩宮様と3代にわたりお泊りになった由緒あるお宿。

おかげさまで予定通り全てのスケジュールが無事終わりました。

ところが問題はその後です。
中森君から電話が入りました。
「徳田さん、ありがとうございました。
無事、徳田銘木さんの会社出ました。良くしていただきました」

そうなんです、中森君から以前3回も電話をいただき、
「木を見せて欲しいから31日の土曜日行きますね。
くれぐれもよろしくお願いします」

3回ですよ、3回。

それを完璧に、120%僕は忘れて「女性チーム」に集中していました。

会社に専務がいてくれて、いつもの事ですが僕以上の対応してくれ、
その御礼の電話が中森君から入ったのでした。

やっぱ、社長がアカンから会社のみんなが頑張ってくれてるんですね。

今、社員への感謝と中森君へのお詫びと心地よい疲れとがMIXされています。

「読解力」

手書きのお手紙が2通届きました。

1通は、めっちゃ綺麗な筆文字で、いかにも「凄い」

でも、僕のチカラでは、なんて書いてあるのかわからない。

もう1通は、申し訳ない表現ですが「きたない感じ」

でも、僕でもしっかり読むことが出来る。

う〜ん、どっちがいいとか悪いとかより、

僕自身の「読解力」が問題かもしれません。

月別に読む
Feedと購読