自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2015年06月

「初めてなのに、初めましてではない」

近頃、変な事が多い。

初めてお逢いする人に
「初めまして」って、言いにくい。

お逢いするのは、初めて。
だけど、それまでにインターネットなどを利用し、
事前に調べてはります。

僕より、僕のことを知ってる人もおられるぐらい不思議な時代です。

という事は、嘘をついても見抜かれてるし、
背伸びしても中身を知られてるし、
やっぱり正直に自然体で対応させてもらうしかない。

ということは、この時代、僕達には「合ってる」。

『身の丈で生きる』

ええやんか〜、気軽やし、気持ちいいです。

「男松」と「女松」

松は「男松」と「女松」と呼ばれることがあります。

材木屋さんと話すと
男松は「黒松」のことで
女松は「赤松」。

建築施工屋さんと話すと
板材などの模様が
脂がのり、荒々しく、力強い紋様が「黒松」で、
おとなしい模様が「女松」。

う〜ん、僕の場合、
山のこと、製材のこと、加工のこと、施工のこと、
少しだけかじってるから
どうお答えすべきなのか?

人に例えると
「男性でもおとなしそうな人もいれば、
女性でもそうでないような人もいます。」
いや〜、これは余計にわかりにくい。

やっぱり、表現が難しい。

結局、樹種と木柄・紋様から総合的に判断し、
施工業者さんのイメージも鑑みて対応させてもらおうと思っています。


『パナソニック・サイト』

パナソニックさんの住まい・くらし方情報「すむすむ」に掲載いただきました。

Vol.1〜6まであり、わかりやすく紹介いただいています。

最初は、目立ちたくないし、恥ずかしいし、
お断りしたいぐらいでしたが
でも、最後は「エエか」的な乗りでお受けしました。

こんな綺麗な写真や文章、
やっぱりやってもらって良かった。

僕達の宝物がひとつ増えました。

「失われた20年」

「失われた20年」って、よく聞きます。

僕にとっては
「静かに、一生懸命、充実し、よく頑張った20年」。

本当に良かった。
結果オーライがほとんど。
ということは「運が良かった」。

『未来』どうするか?

毎日を大切に、
その時々を真剣に、
生かされてる自分を
肩にチカラを入れず、
背伸びしないで活かしていくだけ。

そんな感じです。





「何が起こるかわからない」

岡山で「木を使う」勉強会の講師でした。
断りたかった。
翌日が長崎の予定が入っていました。
20年前、お世話になった人からの依頼です。
また、昨年、友人が若くして亡くなり、再度、ご仏壇にもお参りしたかった。
それも岡山でした。

お受けした以上、本気です。
貴重な時間を費やし、僕みたいなものの話を聞きに来てくれる。
少しでも早く現地に着いて準備をするつもりで岡山に着きました。

その直後、新幹線が止まりました。
電気系統のトラブルだそうです。
強風で1枚のビニールが電線に付着し、
一時全ての山陽新幹線が止まったそうです。

何が起こるかわかりません。

ご仏壇にお参りし、ご家族と少しお話をし、その後、講演会場に行きました。
約90分、下手ながら本気で話ました。
また、ご質問にも真剣に答えました。
皆さん、最後までお付き合いいただきました。

商売は大切ですが
お逢いする方々とのご縁は
今後も大事にしていきたく思っています。
月別に読む
Feedと購読