自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

2015年07月

「一皮むけました。」

20年ぶりのテニス。

友人のテニスコーチに誘っていただき、
「曇り空だし、まあ、エエか」
みたいなのりで20年ぶりにラケットを持ちました。

ご心配には及びません。
足はつりません。
それは「つるほど」走れないから。

ところが「曇天」を軽く見てました。
顔も足も真っ赤。
コーチが濡れタオルと水が入ったバケツを足もとに。

みるみるうちに足が真っ赤でパンパンに。
「顔どうしよう?」って、言うや否や、コーチはひと言、
「面(つら)の皮は厚いから大丈夫」

そんなことないやろと思いながらのここ数日、
足はやけどのようにヒリヒリですが
顔は少し皮がむけた程度。

普段、顔は裸(?)やから
そんなもんらしいです。

人間として『一皮むけないと』と思いながら生きていますが
日に焼けて顔だけむけちゃいました。

「木づかい運動」から「お金を使っていただく運動」へ

林野庁が提唱されてる「木づかい運動」
木材業界にとってありがたいことです。

そこで僕が考えたのは、
少しでも木を購入していただく
「お金を使っていただく運動」

そのためには、僕達、山や木に携わる者が
もっともっと努力し、
消費者の皆様が「使いたいな、買いたいな」って、なること。

いくら言葉だけで言ってても行動しないと無理だし、
また、結果がついてこないと机上の空論です。

行政の方々もこれだけ応援をしてくれています。
あとは現場の僕達がどれだけ頑張れるかです。
今でもそれぞれが頑張っていますが
もう一段頑張ってみましょうよ。
月別に読む
Feedと購読