b582a9c0.JPG在庫を減らす問屋・販売店・メーカーがほとんどです。じゃー、自社の適正在庫はどうなのかな?「化粧杉皮の原皮」購入の連絡をいただきました。現状での製造能力はどうかな?ストックヤードはどうする、長期間の在庫は、杉皮自体の腰が抜けてくるけど大丈夫かな、とか、かんがえる事ばかりです。自社だけで業界アイテム全ての対応はもちろん無理です。「少しでも山に返せたら」と思いますが、どこまでやれば良いのでしょう。仕入に関する優先順位も考えないといけないし、今までお世話になっている人達とは、出来るだけ良い関係を継続したく思っているし、本当に難しい問題です。山→流通→消費者とお互いの継続を考えないと自分達の未来はないと思います。