山の下刈り(草刈り)が遅れたところがあり、急遽、段取りをしました。山は正直なもので放っておくと荒れちゃうし、きっちり手入れをするといかにも気持ち良さそうな表情になります。植林・下草刈り・枝打ち・間伐などを繰り返し、良い木・良い山になるのですが時間とお金がすごくかかります。以前は約40年生の間伐でいくらかのお金に換わったのですが現在では、80年生以上がひとつの目安になります。環境問題もふまえ「山づくり」を考えないといけないのですが、正直、現場は大変です。