久しぶりに先輩と再会しました。悲しいかな、以前の面影は、無かった。会社を経営されているのですが状況が芳しくなく廃業を決めているらしいです。「政治が悪い、行政が頼りない、大工さん達の技術力が低下した」など、全て周囲の人々に責任転化しているように聞こえました。多分、経営環境の悪化から徐々に「マイナス思考」に入っていったんでしょうね。もしかしたら現代は、「本当の経営者」を時代が試しているのかもしれませんね。僕達もよりいっそう気持ちを引き締めないといけません。