近頃、よくあるのですが「見積りをしたくない現場」に遭遇しました。大型の公共建物を木造でするそうです。大量に長い木材を必要とするのですが、どうも担当される方々が木材の知識を余りご存知でないみたいです。例えば、ヾ淇緡─↓∨口と元口の誤差、ヤング、ず狎亰彁司法の初歩的なミス、ト穏了期を踏まえた木材の製造の基礎知識、施工後の品質管理などきりがありません。金額見積りの為、「もう少し詳細を教えてくれませんか?」ってお願いをしたのですが契約が近いので、すぐ値段だけ教えて欲しいとのことです。こんなのでいいのかな?今回の「建築基準法の改正」もなんのためでしょうね。