50478977.JPGヘリコプターで山から木材を搬出しています。少し写真の説明をします。ゞ覆っている木材ですが1回あたりに吊れる「可能な重量」まで長いまま土場に出し、それを既成寸法に短く切り、まっすぐな木材にして原木市場にトラックで出荷します。▲悒螢灰廛拭爾らつられているワイヤーが長いのは、間伐で立木の残っている隙間にワイヤーを降ろすため、短すぎたらヘリが立木=山にあたり墜落しちゃいます。だからあの長さと高樹齢の山ほどワイヤーを長くします。ヘリチャーター料金は、1分間5,000円程度ですがヘリの大きさ(吊れる重さが変わります)や、契約内容により変わります。そのため、ヘリ代金以下の木材は山から出せません。て鷸晴獣坐悩鏝困鯑Г泙─環境問題で「間伐材促進」の議論をされますが、その間伐をするために、立木の伐採はチェンソーを使い、搬出にはヘリでジェット燃料を使い、それをトラックでまた化石燃料を使い、結果、山の木で利益はほとんど出ないのに燃料消費の数値だけはどんどん上がる。そこんとこを理解された上で議論をしてほしいですね。1枚のヘリ出材の写真ですがいろんなことが隠されています。