現在、もっとも多く床柱(とこばしら)として、使われている商品です。

現代、国内で床の間(とこのま)、床柱(とこばしら)のある住宅のほとんどはこの商品が採用されています。「製造・加工方法」にありますように山で立っている木にプラスチックの添え木をあて、2〜3年の年月をかけて製造します。この商品も限りなく自然木に近く、技術的には難しい商品です。



樹種: 杉
長さ: 3m・4m
末口: 75mm〜180mm
施工用途: 床柱・飾り柱など
製造・加工方法
1. 磨丸太仕立ての適寸立木に箸状の材料 (プラスチックの添木)を針金でまきつける
2. そのままの状態で2〜3年成長させる
3. 伐採・添木を取る(シワがついている)
4. 皮を剥ぐ・背割り・磨き上げ・乾燥