桧の面側柱、製材の様子です。
自然の木材ですから、末口と元口の直径寸法が違う、グレード指定(どの面が無節か)に伴い挽いてみないと表面が見えないロス率、乾燥の程度、納期、年輪の込み具合からくる末落ちの程度などを考えての「木取り作業」です。その上、平らな面や丸みの幅指定もあります。
事前に製品化し在庫しておけば良いのですが、丸太の丸みを早い目に挽いておくと、木材によっては、変形・ネジレが起きる場合があり、受注後の製品化が主流です。
「お客様の事を考えること」=「結局、自社の良い結果」につながると考えています。


末落採寸桧面皮柱