宮本常一さんの「 忘れられた日本人 (岩波文庫)」を読んだ
最近、私達が忘れてる日本人の素晴らしさがそこにはあるように思えた
読んでいるうち、微笑みさえ出てきたし、「う〜ん、なるほど」と思える箇所も。
「世界と比べて、どうなの?」とかではない
昔の日本には、「何か」があったんです
それは「金銭的な裕福」ではなく、もっともっと「心豊かなもの」だったのかもしれません
現在、間違いなく日本人は、自信をなくしている
しかし、日本人の実力はこんなものではない
難しく考えないで、自分達の心に聞いてみると、案外、答えは身近にあるのかもしれません。