人生で、これだけ嬉しかった日があっただろうか?
それも『海外の地』で!

僕自身、「何も出来ない、何もない」
だけど、信頼のおける友人達やお世話になったみんな、
そして、家族・社員がいてくれたから

『最高の時間』を迎えることが出来た

「貴方は、仙人だ」と、大変、身に余る『お褒めの言葉』をいただいた。
意図は、「木材の事を本気に考え、実行してる」

試行錯誤しながらも自分なりに一生懸命してきたのが良かった

今、あらためて、家族・社員・友人達、
そしてお世話になってきた全ての人達に感謝します。