後輩の渋谷君と久しぶりに逢いました。
彼は、40代。上場会社の役員でもあり、
グループ会社の社長も兼務する、バリバリの経営者。

この数年、横から彼を観てると素晴らしい成長があります。
昨日も僕からお願いし、時間をつくってもらった。
30分も話さないうちに、
「自宅に来ませんか?」
「また、おうかがいしますよ、楽しみにしています」
が普通の会話かもしれませんが、僕は違った。
「じゃあ、これからすぐに。」
夕食時で奥様にご迷惑かなとも思ったのですが、
『善は急げ』です。

いや〜、驚きました。
言葉で表現できない「お住まい」でした。
規模・クオリティーの高さ・しつらえ等々、
成金趣味で、短時間で、金にモノを言わせた
「やっつけ仕事」では、決してありませんでした。

そのうえ、ゴミどころか、ホコリひとつありません。
奥様の気遣い、気配り、毎日の努力の積み重ねだと思います。
その上、お年頃のお嬢様方のごあいさつや接遇マナーの素晴らしさも感動でした。

渋谷君の経営者としての「素晴らしさ」は見抜いてたつもりでしたが、
彼のご家族への思いやり、そして、ご家族から渋谷君への尊敬の念、
正直、言葉にならなかった。

僕自身が年上でありながら、
経営者としてというよりも、
旦那として、親として、そして人として、
彼からいっぱい学ばせていただきました。

渋谷君、ご家族の皆さま、本当にありがとうございました。