自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

日々の雑感

藤田くんのこと

07e0d9d3.jpg会社事務所の天井に埋め込んでる
エアコンの音が異常に大きくなりました。
「約20年ですから部品がありません」
修理業者さんの声です。

早速、普段取引のある電機屋さんに見てもらいました。
すると、
‥薫翹笋畊みタイプがありません
同じサイズは日本中なく、
後で大工さんに天井補修してもらってください
G軸は、早いメーカーで1カ月、
遅いとこだと3か月です。

「う〜ん、どうしよう?」
友人達に相談するとアドバイスをくれました。
そこで来てくれたのが藤田くんでした。

下見の段階で対応が全然素晴らしかった。
こちらが聞きたいことを事前に全て調べてあり、
即答してくれた。
「タイプあり、サイズあり、即納OK」

先に見積もりしてくれた業者さんに経緯を説明し、
了承を得て、藤田くんに依頼をさせていただいた。

当日の作業、特に彼の「後ろ姿」もプロだった。
出来上がりも素晴らしかった。

僕が途中諦めず、熟考したのも良かったし、
友人達のアドバイスも的を得てたし、
何より、藤田君との出逢いが最高でした。

「たかが、エアコン」、
「されど、エアコン」です。

20年、お世話になった、古いエアコンに感謝し、
新しい「仲間」を大切にしていきたく思っています。

関係していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

自慢は「仕事が遅い」

a550d3ef.jpg僕は自慢できるほど、
『仕事が遅い』
実務はもちろん、食事も着替も。

会社に来る道中の平均速度も、社内で一番鈍足。
だから、目標は
「何時に出る」ではなく、
『何時に着く』。
結果、大雪でもいつも通りの時間に到着です。

歳とってきた証拠です
若い時は、全然、そんなんじゃなかった。
まあ、なんのトリエもないので、
こんなことを偉そうに書いちゃいました。

言葉にならない感動。

後輩の渋谷君と久しぶりに逢いました。
彼は、40代。上場会社の役員でもあり、
グループ会社の社長も兼務する、バリバリの経営者。

この数年、横から彼を観てると素晴らしい成長があります。
昨日も僕からお願いし、時間をつくってもらった。
30分も話さないうちに、
「自宅に来ませんか?」
「また、おうかがいしますよ、楽しみにしています」
が普通の会話かもしれませんが、僕は違った。
「じゃあ、これからすぐに。」
夕食時で奥様にご迷惑かなとも思ったのですが、
『善は急げ』です。

いや〜、驚きました。
言葉で表現できない「お住まい」でした。
規模・クオリティーの高さ・しつらえ等々、
成金趣味で、短時間で、金にモノを言わせた
「やっつけ仕事」では、決してありませんでした。

そのうえ、ゴミどころか、ホコリひとつありません。
奥様の気遣い、気配り、毎日の努力の積み重ねだと思います。
その上、お年頃のお嬢様方のごあいさつや接遇マナーの素晴らしさも感動でした。

渋谷君の経営者としての「素晴らしさ」は見抜いてたつもりでしたが、
彼のご家族への思いやり、そして、ご家族から渋谷君への尊敬の念、
正直、言葉にならなかった。

僕自身が年上でありながら、
経営者としてというよりも、
旦那として、親として、そして人として、
彼からいっぱい学ばせていただきました。

渋谷君、ご家族の皆さま、本当にありがとうございました。

飲酒運転!

三重県の武田さんから
送りモノが届きました。
送り状には、カタカナで
「ナマケモノ」、
いや、よく見ると
「ナマモノ」。
中身を確認するまでに、
強烈な臭い。
『酒粕』でした。
粕は粕でも今までのとは、色も香りも違った。
超有名な純米酒の酒粕で、いつもすぐ売り切れになるのを
わざわざ送っていただきました。
問題は、それからでした。
車に積んだのはいいのですが
その香りというか、臭いというか、
メッチャ、強力。
運転中、頭が痛くなり、
警察の飲酒検問があったら、
「捕まるんチャうか」。
女房の喜んだ顔が
この「酒粕」の素晴らしさだと思いましたが、
個人的には、二度と
車の助手席には乗せたくないです。



「心」がこもった木工

9e8f8638.jpg東京で木工をやってる、
奈良県ご出身の前田さんから
「作品」を送っていただきました。
「僕は、まだまだ経験が浅いので・・・」
でも、届いた「作品」が良かった
「心」が入ってる。
たんなる加工だけでなはない、
彼の崇高な思いが伝わってきました。
木材の有効活用もふまえ、
彼らのように優秀な若い人たちと
どんどん交流を深めていきたく思っています。

DVD3本

久しぶりに「レンタルDVD」3本借りました。
ヾ饑廚離螢鵐
▲瀬ぁΕ蓮璽/ラスト・デイ
007 スカイフォール
勢いで3本見ましたが、
日本とアメリカとイギリスが
「MIXどんぶり」みたいな感じです。
それぞれに観たかったし、味がありました。
ひとつわかった事があります。
それは、僕自身が
リンゴ農家の木村さんにもなれないし、
ブルース・ウィリスさんや007さんも無理だって事です。
やっぱり、自分は、自分なんですよね。

おかげさまで。

c26ba4b7.jpg良い時代に『生』を受けたって、
本気で思います
何かにつけて恵まれている
恵まれ過ぎて、周りが見えなくなるぐらい。
むろん、欲張るときりがありません
普通で、元気で、楽しんで、明るく、最高ですやん。
そのうえ、おかげさまで、足が短い為に
「地に足がついた人生をおくれます」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真は、以前に中国上海で、中国の方々約200名に
僕が講演させていただきました
「おかげさまで大好評でした。」
と思ったら、同時通訳をやってくれた友人の魏さんが
僕が「ひとこと」しか言ってないのに
彼が「5こと」話してくれてました。
それが大好評だったんです。
魏さんの講演会だったんです。
それぐらい、優秀で大切な友人です。

大学の先生からのメール

a5cb064c.jpgうら若き女性の大学の先生から
新年のメールをいただきました。

その文中、
「禿げそうなほど忙しくて」って、ありました。

短いメールでしたが、
ひとり笑っちゃいました。

まあ、僕の返信は、
「なかなか、おもろいデンナ」でした。

尊敬する社長から

尊敬する社長から、
昨年末、推薦本が届いた。
時間はあったが「読む」元気が無かった。
年が明け、イッキに読むと、感動の連続だった。
こんな素晴らしい本を送っていただいた、
ダイワ産業・中西社長に感謝します。
書名は、「海賊とよばれた男」(上・下巻)です。

最高のクリスマス・イブ

自宅で女房の美味しい手作り料理、

家族の笑顔と

楽しい会話、

当たり前の事かもしれませんが

最高のクリスマス・イブです。


モネが愛した花々

瀬戸内・直島にある「地中美術館」
その近くに「地中の庭」があります。
モネが愛した花々です。
DSC05321

黒猫が、来ました?!

9bdec3fd.jpg百瀬くんと電話してると、
突然、彼が電話のムコウで叫びました
「黒猫が来ました。電話、切ります」

自慢じゃないけど、僕は、感がいいもんで
「黒い猫が来て、魚か食材を食べようとしてるんや」

折り返し、彼から電話が入り、
「黒猫、大丈夫やった?」
って、聞くと、彼は、
「はい、すぐ帰りました」
普段から丁寧な話し方する人やけど、
「猫に帰りましたは、変やんか〜」

やっと、わかりました。
黒猫は、黒猫でも
「宅急便のクロネコさん」でした。

「お互い、変な人同志やから、まあ、ええか」
で、終わっちゃいましたが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「変な人」と「おっさんギャグ」を足して、
3で割ったようなもんです。
あと1は、これを読んでくれてる貴方かな。

出来るならば、お逢いしたい

学生時代、長野で
大変お世話になった人がおられました

その人と親交があった方が
偶然、ご来社されました

不思議な事に、お二人が重なって見え、
仕事の話をする気になりませんでした

不思議な時間でした
皆さんと話しながらも
僕の心は、別なところでした

無理な事とわかりながらも
もう一度お逢いしたい気持ちでいっぱいです

あれから35年、時間が経っても、
まだ、その人にお世話になってるのかもしれません。





「ご縁」と「出逢い」

東京出張中の今朝、facebookに
「ご縁」と「出逢い」をアップしました。
すると、どうでしょう、
たまたま、コメントをいただいた、
奈良県の隣村、川上村ご出身のインフォリーフ株式会社
古瀬社長と彼の東京オフィスで
早速、お逢いする事が出来ました。
彼は、東京大学出身でもあり、
頭の回転が速く、知識・経験、
共に豊富なのがすぐにわかりました。
その上、岡仁製材所の岡本君が
彼と小中学校の同級生で
それもお逢い出来るご縁だったと思います。

「どんな、お仕事なんですか?」じゃなくて、
「何をしてほしいのですか」のレベルです。
2時間お話をさせていただきましたが
メッチャ、時間が短く感じる楽しい時間でした。

それに、オフィスの女性スタッフの感性も良かった。
「素晴らしき経営者に、素晴らしきパートナーありき」です。

こんな素晴らしい「ご縁」と「出逢い」、
僕の人生、こんな繰り返しで、
友人達が大切な財産、宝物です。

近頃の若い奴は・・・

d414eb83.jpg最近、思う事、
「近頃の若い奴らは
メッチャ、素晴らしい」

自分が若い頃、
何も出来ていなかったし、
今でも、全然ダメ。

でも、近頃の若い人達は、
マナーも良いし、
考え方もしっかりしてるし、
朝も早起きだし、
どこかが、立派。

こんな若い衆が大勢いるってことは、
もっと、もっと、「明るい未来」が
間違いなく、来ると思う。

「寒っ〜」と、思いきや・・・

01f591c5.jpg朝、出社し、エアコン入れても
部屋が暖まらない、どころか、
時間が経ち、余計に寒気がしてきた。

「風邪、ひいたんかな?」
と思い、エアコンの温度を上げようとすると、
なんと、リモコンの表示が
「暖房」ではなくて『送風』。

そりゃ、寒いはずです。
天井から「高速扇風機」状態でした。

ふところ具合が寒いのには慣れていますが
エアコンにまで見放されました。

---------------------------------------
写真は、香港です。
お店・正面のサンプル棚の横の
「曲がった木」使っていただきました。

栗田くんの事

55990034.jpg社内で、複数の
「ワクワク・プロジェクト」が進行中です。
僕が勝手にネーミングした、
簡単に言えば、
「社長のロマン」みたいなもの。

そのプランのひとつで、
取引先営業マン「栗田くん」に
出逢いました。

彼は、30代で、明るく、元気です。
(後で、41歳って聞きましたが、メッチャ若く感じました)
初めて逢った時から、ハキハキしてるし、
こちらが依頼する前にきっちり準備をしてくれる、
なかなかの好青年です。

その栗田君に見積書を土曜日までにお願いしました。
「もし、無理だったらいいよ」、とも言いました。
金曜日の夕方、ポストに何も無かったのに、
土曜日の早朝、見積書がポストに入ってるのです。

「なんでやねん」と思い、彼に連絡をとると
僕との約束を守るために、深夜、大阪からわざわざ、
山奥の黒滝村まで、持って来てくれたんです。
(いくら急いでも、片道2時間以上です)

「凄いやんか」って、言うと、
「お約束をすると、出来るだけ、努力をします」

彼は、毎朝、奥様にお弁当を作ってもらってるそうです。
早朝、何時であろうと、奥様が用意されるそうです。
彼も凄いけど、奥様も素晴らしいです。

「僕達が忘れてる大切なこと」を
栗田君や奥様は普通にやってられるんだと思います。

そんな栗田君と、プロジェクト、進行中です。
絶対、良いカタチにもっていきます。
こんな素晴らしい人達に恵まれて、幸せです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このプランが実現すると栗田君と彼の会社を紹介します。
同じ思いをされてる人達が多いはずですから。

回転寿司の意味。

9ee9c099.jpg若くて「超博学」な友人がいます
一緒に回転寿司に入ろうとすると
待ってる人でいっぱいです。
普段でしたら
「この店、やめとこ」なんですが、
友人は、そうでなかった。

「回転寿司にはふたつの意味があります。
ひとつは、お寿司が回転してること。
ふたつめは、お客様の『回転』が早いこと。
すぐです、待ちましょう」

暇だし、そのまま待ってると、
ホンマ、そのとおり、
あっと、言う間に、順番が来ました。

「無駄な知識です」と笑ってたけど、
そんな事はない、
人生に活かせる
素晴らしい知恵です。
こんなブレーンが周りにいると
メッチャ、楽しい。

バントでホームラン。

イチロー選手の
「バントでホームラン」を見つけました。

笑っちゃうというか、凄いというか、
ようは、彼がバットの芯でボールを
とらえてるからなんでしょうね。

僕達も同じで
「モノゴト」を芯で見ていくことが
大切なんだな〜と思っています。

--------------------------------------------
最初、この画像見た時、
「ホンマ、凄いな〜」と思いましたが
よくよく見ると、ピッチャーの背番号が
「投げた時」と「打たれた後」とでは違うんです。
そうです、合成画像らしいです。
あきませんね〜、もっと、真剣にモノゴトを見ないと。

魚のいない池で、魚をとる

2dfdb682.jpg久しぶりに井上君に逢った
彼は若くして起業し、
凄く頑張ってるけど、
何かが「もの足りない」と思ってた

彼と再会すると、
素晴らしい展開をしてた
涙が出るぐらい嬉しかった

男前だが、あんまり贅沢出来ないのか、
相変わらず、身体が細いというか、薄っぺらい。
だけど、その笑顔と話す内容は、自信に満ち溢れてた。

早速、現場を見に行った
言葉の説明よりも、現地の空気を味わいたかった
すると、言葉より、数倍、数十倍、素晴らしい空間だった。

以前、危惧してた、薄っぺらい商売では無く、
しっかりとした「経営」、ビジネスモデルだった
僕達に出来ていない事を彼はやってた。

ひとつの「提案」とお手伝い出来ることを伝えておいた
風邪引きで、体調も悪く、しんどかったけど、
井上君に勇気、元気をもらった1日だった。

-------------------------------------------------------
彼の仕事です
http://www.illumination.co.jp/kyoto-illumiere/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
池に魚がいないのに、魚を釣る事を井上君は、やったんです。
「僕達に、それが出来ますか?」
まだまだ、努力が足らない、
知恵もチカラも出していない、
井上君の話と現場をみて、
そんな気持ちになりました。
さあ、皆さん共に頑張りましょう。
月別に読む
Feedと購読