自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

取扱商品

国産木材の良さを正確に伝える

a366f970.jpg国産木材の良さを正確に伝えるために今まで以上に具体的に行動していこうと考えています。現在その準備期間で皆様からアドバイスをいただいています。もちろん、自分達の商品を売ることを忘れてはいけないのですが「本当の良さ」をひとりでも多くのユーザーに伝えるかが大切です。食品偽装が問題になっていますがそんな事をして継続なんて出来るわけがないと思います。できる限り山の現状や木材の良いところ・弱いところを正しく伝え、また、ユーザーのご意見を拝聴し、皆さんと良い関係を創れることを目標にしたいのです。木材業界には、すごく良い風が吹いています。これはチャンスです。業界内では既にその風を読み、好結果をだしている人達が多くいます。僕たちにとって過去に無い、良い時代が来たのかもしれません。

ホンマものの吉野杉・吉野桧

f6846ed8.jpg吉野杉・吉野桧の製材品を真剣にみた。本気で違いがわかった。知りたい人、いつでも連絡ください。素人でもすぐわかる「ホンマ物・吉野の木材研修ツアー」をやりましょう。

54cd6e89.JPG松を探しにわざわざ静岡から来られました。長さ4M以上で太さが一番細いところで400MM以上で綺麗に曲がったものを要望されました。それも合計12本です。お寺の新築に使われるそうです。なかなかこんな感じの国産松って少ないですね。

いろんな板

当社の板類の特徴は、「磨丸太製造技術」を利用し、木材の表面を出来るだけ傷つけないで『自然木の板』にしてあります。樹種は、杉・桧・イチョウ・クリ・カエデなど多くの種類があります。


松板輪切り
杉杢板




直線と曲がり

07c4fcf7.JPGこの杉の木は約7Mあります。人と比べると木の太さが推測できます。木材の直線と根っこの曲がりは相反します。古いアイテム・磨き丸太と最新製造機械はデジタルとアナログ、そして皮をむく機械は、水と電気。これも裏表。ある意味、これは陰と陽?(写真は、クリックすると拡大されます。)

ドングリ?

52b90d70.JPG山師さんから木材を購入しました。「樹種は、何?」「ドングリ」。うーん、ドングリって木でしたっけ?早速、調べました。フリー百科事典『ウィキペディア』によると「ドングリはブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの果実(正確には種子ではない)の総称で、狭義にはクヌギの果実を指す。」だ、そうです。カエデ(楓)の事を木材業界では、モミジっていいます。葉の色が紅葉するのをモミジっていうのが本当らしいですね。「あまり大きい声では言えませんが材木屋さん、銘木屋さんのいうことあんまり信じたらあきませんで〜。もちろん、僕もその一人です。」

陳情

01feef62.jpg今朝、近鉄電車を待ってると知り合いの町村長さん達に遭遇しました。ご挨拶をして、少しお話を聞いてみると「みんなで東京の民主党に道路特定財源継続の陳情に行く」とのことです。今まで自民党に陳情は何回も行ったけど、民主党は初めてっておっしゃっていました。僕は、恥ずかしいくらい政治の事がわかりません。ただ、ガソリン代約25円安くなるのは嬉しいのですが、それに伴い、さまざまな商品価格や物価が上がるのが大変だと思います。テレビやメディアも裏表の問題を私達にわかるように偏らない情報をお願いしたいものです。でも、こんな事で日本中のたくさんの市町村長さんが税金を使い、出張されたらすんごい出費になりますね。(写真は、エンジュの床柱です。3M×330MMの太いものです。近頃はこんな立木がほとんどなくなっちゃいました。」

手間がかかるが当たり前

93b8a678.JPG3トントラックに1本積んでるのは、桧丸太13M×末口38CMです。トラックもロングボディーでそんな小さくないし、社員も横にいるのですが桧の大きさに圧倒されます。3本あり、離れた木材置き場に移動するのに4名が3回繰り返し移動です。手間がかかりますが大切な別注品ですから当たり前のことです。

良い仕組み

f17f9430.JPG製材所のみなさんが見向きもしなかった杉の高樹齢の丸太(古材)を購入し、板に割りました。そして、村内で定年退職された方を採用し綺麗に仕上げをしてもらいました。どうですか?木も見違えるように良くなり、雇用も生まれ、弊社としても販売商品が出来る。一石四丁でしょう。こういう仕組みを今後も僕は大切に考え、実行していきたいです。

温泉大広間の大黒柱

温泉大広間・大黒柱の相談を受けました。高さ6M×直径80CM「こんな太いのあるかな?」って思い、同業者と話をしたら、「あんたとこになかったらよそにはないよ。」って、言われちゃいました。そうや、そう言えば数本あるわ。なんで人に聞かないと気づかないんでしょう。バカみたい。早速、写真を送らせて頂きました。樹種は、樫・杉・ムロ・松です。

今日の工場内

3edb9c94.JPG品質管理をしながら出荷を待つ商品たちです。

今日の工場内

7c07d186.JPG京都から持ち帰った製品を降ろしています。僕達は約20年前から、産地表示をし、「吉野杉と京都・北山杉」の違いをユーザーに説明をし販売をさせていただきました。「長い時間と大勢の人の努力」でこの商品は出来ています。

商品開発「杉の枝」


これが高価な買い物?の「杉の枝」です。見事な商品に変わります
。山の中で廃材になる予定の枝を買い入れ、加工・販売させていただきました。樹齢約400年で年輪が細かく・強度もあり、もちろん光沢も素晴らしいです。こんな使い方をすればまだまだ木材の有効利用は可能です。

オブジェ?

19589dfb.JPG大手家具メーカー新作展示会に「枝付き杉」がオブジェに使われるので配達しました。都会の人は、「本当の木」を求めているんでしょうね。いくらでも山にあるので必要な時はどうぞ。

カイフ丸太

a51ff72f.JPGhttp://www.tokudameiboku.jp/wood/kaihu.html
カイフ丸太は、今シーズンも例年並みの約5,000本の製造をしました。
この商品は,専務・常務みずから,1本ずつ寸法カットします。
悪気はないのですが製品市場では、一部粗悪品が含まれる場合があります。
この時期、当社の全体の流れとして、大変な作業になりますが、結局は信用問題につながりますので精一杯頑張っています。

高野槙の小枝です。

a7de80a2.JPGこんな細い枝ってどんな使われ方があるんでしょうね。楽しみです。

高野槙の枝です

418174e2.JPG樹齢400年の高野槙の枝です。株・幹、そして枝。全て製品になります。「だれかがこんな木材を探している」そんな人達のお役にたてばと思っています。

400年生杉(製品)

7fbd896a.JPG本当に綺麗な製品です。

木材の生かし方

bafc948b.JPG原木から想像出来なかった製品になりました。

こりゃ、珍しい

78a4d01c.JPG久しぶりに珍しい木、松です。
月別に読む
Feedと購読