自然木に癒されて

奈良県吉野の山中から自然木を通して『うるおい』を提供する徳田銘木のブログ。

展示会と見学会、イベント

展示会出展と何より良かった事

a41da3b6.jpg東京ビッグサイトで開催された展示会に出展させていただきました。
「今回の目標は」と言いながら、いつも同じですが、
‥日販売
⊃珪ι覆旅報
お客様の生の声を聞かせてもらい、今後の研究開発の参考にする
い燭泙砲蓮⊃佑梁燭ぁ大都会に行って、鋭気を養う
ス圓つけのビジネスホテルの近くにある中華料理屋さんの美味しい餃子を食べる。

簡単に言うと、
「仕事はもちろん頑張って、鋭気を養いながら、社会勉強もしっかりしましょう。」

と書きながら、僕は、奈良で待機チームでした。

予想以上の収穫もあり、「なかなか充実した展示会だった」と報告をうけました。

何より良かった事は、事故やケガがなく、無事、帰って来てくれたことです。

主催者の皆さま、本当にお世話になりました。
社員のみんな、ありがとう。

思わず触ってみたくなる素材

50-2

「思わず触ってみたくなる素材」
何回見ても、
写真も、文章も
センスがいい
彼は、いつも、自然体でいながらも
深みと優しさがあるんですよね。

50-350-4

光ってる6社

44c5c91d.jpgこのたび6社で展示会に出展しました
それもデザイン系のチョットオシャレなとこ

6社の社長のうち,
一人は、似合ってるけど、
他の5社は、どうもな〜

北海道から鹿児島まで6社の共通点は、
)佑陵Э
¬攤犂愀
8輝いている

特に3番が問題
「光り輝いている」と言っても、
意味は、いろいろ

「業界オンリー・ワン」
「超管理システム」
「不景気関係なく絶好調」
「社長のノウハウを生かし、超業態変更中」
「人脈は、普通じゃない、繋がり」

おかげさまで、まだ、『頭が輝いてる社長』は、見当たりません
まあ、お互い、時間の問題です

でも、本当に勉強になった
「6社が組む」って、大変です
いくら組んでも、『ダメチーム』は、ダメの固まり

今回は、違う
個々の会社にノウハウがあり、人として、味がある
それぞれからの勉強・収穫が大きい

「ビジネス=お金」は、もちろん大切
だけど、そんなもんを超えたお付き合いをすることができた
未来のビジネス・モデルより、
『一生の友達』です

オッサンばっかりだけど、エエ味出てます。

社員飛行機、僕・トラック、なぜ悪い

ab20f61c.jpg6b162414.jpg先週末、九州で開催された「住宅資材展示即売会」に出展しました

中堅社員・新入社員・社長の僕、合計3人
行きは、大阪・南港から自社トラックでフェリーで12時間、
帰りは、11時間かけて、高速道路
皆さんから、
「社長は、飛行機ですか、新幹線ですか?」って聞かれ、
「いや、僕も社員とトラックで往復します」(社員は、嫌がってるけど、多分)

社長だから特別は無いんです。
もっといえば、以前、社員が飛行機で帰り、
僕一人がトラックを運転して帰りました。
(変かもしれませんが、)本来、社長が全部しないといけない事を
社員のみんなが頑張ってくれてるんです。
だから、僕自身、時間があるときは、そのようにします。

また以前、同業他社から勉強した事があります。
その会社は、トラックはチャーター便、
自分達は、飛行機や新幹線利用、
どうしてもコスト高になります。
結局、その会社は倒産しました。
もちろん、それだけが原因では無かったと思います。

今回、売上は、おかげさまでボチボチでした
一応、関西の商売人ですから、
「ボチボチでんな」ということは、
「悪くなかった」ということです。

主催された問屋さんの営業力、
20年以上お付き合いしていただいている販売店の皆さま、
そして何よりもその人達の期待に答えるべく
『商品の開発・製造をし、品ぞろえ』をしてくれてる、
専務はじめとする社内スタッフ達、
そのすべてが揃わないと無理です。

多分、僕も身体は疲れていますが、メッチャ気持ちは充実しています。
身体の疲れは、気の疲れに比べると、楽なもんです。


今回の展示会場で一番驚いた事、
それは、今年ミラノ・サローネで注目された
「世界に認められた、もっとも美しい踏台。」がそこにあったのです。

20年来の友人・ムラタチアキさんのデザインです。
彼は、マイクロソフトのゲーム機、XーBOXのデザイナーでもあります。
彼のミドル・ネームは僕がつけました。
それは、【チアキ・フェロモン・ムラタ】です

女性は、「彼の運転する助手席に座るだけで妊娠しそうなフェロモン」を出してるぐらい、いい意味で色っぽい男性なんです。決して、スケベーとかではなく、純粋に僕が感じてネーミングさせていただきました。彼は日本を代表するデザイナーになり、講演会等にひっぱりだこですが、パーティーなどの冒頭スピーチでは、自分自身で【チアキ・フェロモン・ムラタ】と言ってるらしいです。
IMG_0001IMG_0002muratasan

前向きな姿勢

高知県梼原町の木材関係者8名が来社されました
建築設計をされてる式田先生からのご紹介です

「四国の山の中で一生懸命、林業・木材・製材をされてる人たちに
徳田銘木を見学させていただけないですか?」
「もちろん、喜んでOKです。」

朝、6時過ぎ、四国を車で出発し、14時過ぎ、無事、到着
50〜60歳代の方々ですが、メッチャ、お元気
2時間あまり、工場見学と会社の経営プランを話させてもらいました

皆さんのあまりに真剣な目に僕のほうがある意味、感動を覚えました

木材を生業(ナリワイ)とする仲間として、
「お互い、頑張りましょう」

Interior Lifestyle Tokyo2010

54eb302a.jpg東京ビッグサイトで開催された『Interior Lifestyle Tokyo2010』に行ってきました
国内の展示会では、TOPレベルの綺麗な展示会だと感じた
全体の雰囲気、各ブースのデザインやその完成度、出展商品の質、実際、行って・見ないとわからないことがたくさんあった
その上、友人達との貴重な時間も過ごせた
情報交換の中身も濃く、レベルも高く、自分が消化出来ない程
日本の現状と未来、そして弊社の方向を考えれる1日だった
【写真は、ブース出展していた友人がデザインした近未来バイク】

『L&D』コラボ出展ミーティング

0977996a.JPG「リビング&デザイン2010」コラボ出展ミーティングに参加。

自社プレゼンテーションをされる企業もあり、なかなか楽しい時間だった。

「自社商品だけでは、お客様に提案しにくい」という声が多かった

でも僕には、疑問が残った

単独出展すると高額なブース料が必要になるし、ブースデザイン費・制作費が大きな負担になる
表面上は、コラボ出展、言い方を変えれば、他の出展社ブースに便乗出来れば、大幅コストダウンが可能になる

でも『そんな姿勢』で来場者に、『良い提案』が出来るのかな?

展示会は、「出展」するのが『目標・目的』ではない

「コストをかけない出展」を考えるより、「多くのご縁を創る場所、そこから未来が見えてくる」と考えています




『LIVING & DESIGN』スペシャルインタビュー

『LIVING & DESIGN』スペシャルインタビューの第1回に掲載していただきました。

「記念すべき初回に、エエのかな?」
そのうえ、文章の出だしが、ちょっと失礼な、
「本当にやるの?」

昨年、あれだけの反響を呼びました。
今年の開催、本気で期待しています。

JAPAN SHOP 2010

7b9b95b4.jpg

3月9日(火)〜12日(金)東京ビッグサイトにて開催される
『JAPAN SHOP 2010』に出展します

昨年は、約230,000人の来場者
今から、凄くワクワクです

どんな会社の、
どんな商品が、
どんな「ブース・デザイン」で、
どんな人達が来場されるのか本当に楽しみです

弊社ブースは、3M×6Mの小さなものですが、
日本の『AXIS』、イタリアの『INTERNI』『bbn』に掲載されたブースを再現します

多くの前向きな人達との出会いが一番です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【JAPAN SHOP小間番号:JS4041】
東4ホールを入り、正面つきあたり
メッチャ多い出展社数ですから、ブース探すのが大変
僕たち田舎者は、そこでくじけそうになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【併設開催】建築・建材展、LED Next Stage、リテールテックJAPAN、
IC CARD WORLD、SECURITY SHOW、フランチャイズ・ショー

韓国・ソウルに行ってました

9dabcb74.JPG1週間、韓国に行ってました。

ソウルで開催されたハウジングフェアーに日本の農林水産省から「日本の木材PRブース」が設けられ、そこに弊社が出展。

1週間いろいろありましたが一番記憶に残ったこと、それは、
『僕が韓国人に間違われ、4回も韓国の人から道を聞かれた事』
どんな風に見えるかな?って思いますよね。

それと、日本のおばちゃんから
「キムチ・ミュージアムどこですか?」って、聞かれ、
「多分、それはこのビルの地下だと思います」って答えたら、
「なんやこの人、日本人やんか。それも関西弁やで〜」

『元気がない日本人』とよく言われますが、
韓国の人は元気に見えました
でもそれ以上に「関西のおばちゃんパワー」は、凄かったです

ジャパンホームショー

e7ced96d.jpg東京ビッグサイトで開催された「ジャパンホームショー」出展しました

おかげさまで大盛況、

特に今回は、ブースデザインにチカラを入れました


大勢の来場者の方々から『ブースの撮影許可』を依頼されますが

もちろん、喜んでOKです


嬉しい事は重なるもので、取引先・先輩・後輩・友人達が多く訪れてくれました

そのうえ、隣には、同じ奈良県川上村からブース出展をされてて、

自分達のブースのお客様をわざわざご紹介していただきました

これって、本当に涙が出るぐらい嬉しいものです

多くの人達のチカラをお借りし、ここまで来ました。

これからも頑張っていきます。

隣北海道左サイド右サイドコピー62681da2.JPGb3dcf160.JPG

INTERNI

世界的に有名なイタリアのデザイン誌『INTERNI』に掲載していただきました

こんな事は一生に二度と無いと思います

嬉しいの飛び越えて、ビックリです

でもイタリア語なんで、中身が全くわかりません


1


2

我慢した・・・3日間

この3日間、ある「食べもの」を我慢しました


それは、『特濃ニンニク・辛とんこつ・赤だるまラーメン』

展示会場では、多くの方々にお逢いするので

「臭い」には、気を使い、今晩まで我慢しました


我慢してたのと、終わってホッとしたことで、

本当に美味しく、そしてめいっぱい食べました


自分自身には、わかりませんが、めっちゃ臭いのに違いありません

たまには、エエですよね



赤だるまラーメン

新しい国産木材の時代

間違いなく『新しい国産木材の時代』です

日本最大規模の住宅フェアの会場を見ましたが「オール国産材」と言っても過言ではありません

各林業産地から特徴あるブース出展がされています

皆さんが時間とお金をかけ、チカラの入れようが図り知れます


ただ、いくら『国産材の時代』と言っても、

これからもまだまだ努力しないと継続出来ないかもしれません


徳田『銘木』の社長が言うのも変な話ですが、銘木などの「高付加価値の木材」ではなく、「新しい国産木材の時代」が訪れたのです

その為の商品開発が必要なんです

それも「山や自分達が楽しめる」仕組みの開発がね。






プロの仕事

b3dcf160.JPG展示会ブースのデザインをプロに依頼した

やっぱりプロの仕事です。

洗練されたオシャレなデザインが届いた


今日、そのデザインを会場で作ってもらった

作る人達もプロです

流れるように仕事をする、無駄な動きが全くない

まるで「太極拳」を見てるよう


これも間違いなくプロの仕事です


いろんな意味でプロは凄い

言葉をかける隙間さえない


プロの凄さ、素晴らしさを改めて実感した1日でした。





理想のビジネスモデル

春と秋は、住宅資材が需要期のはず(?)

ところで最近そんな話は聞かない

今週も日本中で「展示即売会」が開催されています


「単なる物売り」では、厳しい


お客様が何を探しているか?

何を喜んでいただけるか?

もちろん、販売側として赤字では継続できない


ずーと、こんな事を考えながら経営をしています

「綺麗事すぎる」のですが、そんな気持ちがなければ、

結局、長続きしない


まあ、最終的には、おのおのの性格もあるし、

お客様に喜んでいただき、

自分たちにとっても気持ちの良い『ビジネスモデル』を創れば理想です


(と、言いながら、

時代の変化への対応と

冬の本格的な製造の準備のため、

山奥の倉庫の模様替えをしてくれてる社員に

口をはさむさだけの嫌われる社長なんです)

石丸君のこと

「リビング&デザイン」では、多くの人にお世話になった

喜多先生、間宮君、加藤さん、愛屋さん、そして、石丸君

石丸君は、間宮事務所「インフィクス」の若きスタッフ、まだ26歳


彼とは今回が初めての出逢いでした

最初、彼を見たとき

「こいつホンマに出来るんかな?」


ところが2回目の打合せ以降、彼の「レベルの高さ」と「内容の深さ」に魅了された

もっと素晴らしいのが「相手の立場や苦労を悟ってくれる」こと

いわゆる『思いやり』


「なんで27歳の若さでそこまで出来るのかな」って感じるぐらい、彼のファンになりました

間宮君の指導が素晴らしいのでしょうが、石丸君の「センスと努力」は、並大抵ではない

多分、彼のご両親の「育て方」や彼の見えないとこでの「スッゴイ努力」だと思う


その彼が、撤去作業中に事故に遭った

重い木材をトラックに乗せる途中、指を挟んでしまったのです

すぐ近くにいた僕は「指がつぶれた」と見えた

重くてすぐ動かせない

「大変な事になった」っと、思った瞬間、指は抜けました

「大丈夫?」って聞くと、彼は「大丈夫です」と言いながらも我慢してる様子

普通、これだけ大きな仕事をしたデザイナーは「肉体労働」は、しない

彼は、みんなに気を配り、お手伝いをしてくれたのです


翌日、「指、大丈夫?」と聞くと、

「大丈夫ですよ」と答えてくれましたが、

彼の「我慢強さ」と「気配り」から本当のとこは、わかりません。


今後、間宮君・石丸君に「クオリティーの高い仕事」を依頼することが

今回の恩返しになると思っています





リビング&デザイン

ce1d42ee.JPGインテックス大阪で開催された、

『リビング&デザイン』に出展しました


世界初ともいえる、「住空間とデザイン」コラボの展示会

不景気、大阪、それもインテックス、

誰がこれだけの大勢の入場を予想したでしょう


友人が会場に来てくれ、彼のブログにアップしてくれました


(写真・真ん中は、L&Dのプロデューサー喜多俊之先生です。森をイメージした、弊社ブース内でわざわざ記念写真に収まってくれました。)


住宅資材展示会

8e0eb771.JPG「名古屋・大阪・岡山・広島」
先週末、住宅資材の展示会に弊社が出展した街です。

「ほんま、よう頑張るわ」って、言いたくなるほど、同日に集中しました。
行き先により、商品構成が変わるし、トラックの手配など、零細事業所では、大変なことばかり。

以前は「展示即売会」の色が濃かったのですが、今や、『提案型展示会』で、すぐ売上にはつながりにくいです。でも、開発商品に関し、お客様から意見を聞いたり、時代の変化を読むのにはいい機会だと考えています。そんなことを30年続けてきました。

今回、僕自身は名古屋に行ったのですがいろんな収穫がありました。
_饉匈詰廛僖優襦Τ萢兒例パネルが好評だった。展示木材が予想以上に販売できた。若い社員が生き生きと頑張ってくれた。ぜ膾甜圓ら立派なブース展示とお誉めいただいた。イ客様から「こんな木材を探してた」と、言ってくれ、「早急に会社見学におうかがいしたい」、など、本当に収穫多い展示会でした。

目先の売上げはもちろん大切ですが、こんな活動を「長年継続して良かった」とあらためて実感しました。

主催者に喜んでいただき、お客様に感動を与え、自分たちも楽しめる。
こんなカタチを創ることが徳田銘木の『ビジネス・モデル』です。


素晴らしい人・蟯歙膵業 田中社長

ジャパンホームショーで、たまたま弊社ブース前で若いお兄ちゃんがチラシを配っていました。歳は、30過ぎ、長身でなかなかの僕好み?の色男です。その彼が話かけてくれたのですが、なんと言うか、上品というか、気品があるというか、ちょっと、「只者ではないな」と、直観しました。名刺交換もしてなかったので「貴方は、この会社の後継者のかたですか?」と聞くと笑顔で「社長です」。お歳は、32歳でした。海外留学も経験されていました。彼のブログも拝見しました。
http://www.marusen-k.jp/nicky/index.html
立派な内容です。お人柄が表れています。彼の素晴らしい人柄に接すると会社・商品の良さは見なくても理解できます。たぶん、そんな若さで社長を継がれるようにもっていかれた先代も素晴らしい方だと思います。出来るだけ早い時点で九州の会社見学におうかがいしたく思っています。
月別に読む
Feedと購読